多様性が半端ない これじゃまるでミニ国連

今朝起きて犬の散歩をしたら、まず会ったのがお隣の韓国人のかた。そして次に会ったのが散歩中の韓国人カップル。その後はコンドミニアムの役員会で一緒の白人のかた。

ワシの上のユニットはイラン人。彼女のシャワー室から水が漏れてき、天井の壁が一部落ちてきたことがあるけど、お友だちの大工さんをよこしてくれて、直してくれた。このお友だちもイラン人で、いい人。

一番交流のあるご近所さんはギリシャ人。会社が同じで、一緒に仕事をしている。ルームメートは前はインド人のかただった。彼女の友達はギリシャ人とかイラン人が多い。

認知症デイケアセンターはアフリカ出身のスタッフのかたが多いです。

行きつけのスーパーはメキシコ人のかたがいて、散髪屋はベトナム人が多い。

多様なわけですが、首の根元あたりを鳴らして話していると、友達感覚がしてくる。

日本人同士だと「大人の日本語」になって、敬語っぽくなって、ちょっとだけ距離ができてしまいますが、これは宿命なのかな。相手が関西人とかだとそうでもないんですけどね。

英語って幼児の英語も大人の英語も構造が同じなんです。たぶん、世界の多くの言語もそんな感じじゃないかなと予想。日本語って、大人の日本語がえらく違う。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

声で戦ったのか、字で戦ったのか?

と、突然、そんなタイトルが浮かんだのでした。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 江戸幕府が倒れたあたりのいざこざは、きっと情報の交換は声が中心だったのでしょうね。日本が近代化するにつれて、きっと字によるコミュニケーションが増えたのでしょう。そのうち、喋り方まで字を読んでいるようになってきたのじゃないでしょうか?

DCでコンフェレンスでの快挙

この8年ぐらいでいつの間にか専門がRCT(実験)になって、きっかけはアラバマの州立大学とコラボして研究計画を米国教育省のグラントに応募したら、当たって、一個当たったからなのか2個めも当たった。そのグラントで二人の同僚を雇われて3人チームでやっていたら、さらにRCTじゃないけどQEDで2個あたった。やっているうちに、やり方が分かってきた。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.