Skip to toolbar

正の連鎖と負の連鎖

昨日はギターレッスンの日でした。

前回はスウィープピッキングを2弦に適応し、音を連続して出すことを練習しました。今回は2弦、3弦とまたがる場合です。

高校生の時に、ラウドネスの高崎晃氏のギターソロ、EXPLODERをコピーして文化祭等で弾いたのですが、その当時、ごまかして弾いていた部分、、、それがまさにスウィープピッキングを必要として部分のようです。

ごまかしていたことが、今回はっきりして腑に落ちた、、、そして、練習していて、なんとなく、ある程度すればできるようになる感覚がする、、、そういう感覚がするから、練習する気になる、、、という正の連鎖です。

学校での近年の新しい授業方法として、転換授業というのがあり、家で理論をやって、授業ではプロジェクトをやるという新しい方法が提案されています。米国では教師が動画を作っておいて理論を説明して、学校では応用をするということです。

シャウス先生のギターレッスンの場合は、逆で、レッスン中にテクニック項目、理論項目を教えてもらい、あとは自分で練習したり、曲をつくって応用するとなります。

どっちがいいのかというより、たぶん、教科、技芸の種類によって違うのでしょうね。

一方で自分はどんなにがんばってもできないことがあります。自分は統計データ分析プログラミングはします(SASというソフト)が、よく耳にするPHPとか、PYTHONは、たまに、やるぞ!と思って、ちょこっとやってみる、、でも、あきらめてやめてしまう、、できないから面白くない、、、面白くないからやめる、という負の連鎖ばかりです。

Here is my assignment 02.  Thanks for listening!

https://youtu.be/AYID8UtnUPI

Related Articles

アーとヨー 

Here is Taylor Swift’s new song OURS in the unofficial youtube version with lyrics: https://www.youtube.com/results?search_query=taylor+swift+ours This song reminded me that a lot of Japanese people…

センター試験第2問

もう少しセンター試験を見てみよう。第2問。 よく昔から、使わない表現を教えていると批判があるが、実際、どういうことかというと、実際には、そういう言い方=考え方をしない表現なのに、語彙をテストするために、つくりあげたような表現を使っているということだろう。 脳の自然なプロセスで出てくる英語ではないということだ。 決して言い方が古いという意味ではない。また厳密には、使わないということはない。そういう言い方=考え方をしないような表現ということだ。 この違い分かるだろうか? 日本語をぎこちなく訳しているように思われる。 それはすべて試験をしなければいけないという縛りから起こっていることだ。つまり、試験を作る側の都合で、そういう表現になっているのである。 実際に、その調子で喋ろうとすると、ものすごく緊張してしまう。英語学習とはそういう表現を覚えることだと思ってしまってはいけない。教える側、試験を作る側の都合で、そういう試験の内容とか形式になっている。 都合というのがキーワードである。 よく「自然ではない」という言葉で批判される受験英語の文だが、もっと厳密に考えると、自然な思考回路からでてくる文ではなく、試験という縛りのなかから生成される文だということができる。 Have you handed in the English assignment? No, but I’m halfway through it. HAND IN=提出する THROUGH IT 終わった?日本語に訳しにくい…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.