Skip to toolbar

ワンオクの曲がアメリカのヒット曲しか流さないチャンネル(サテライトラジオ)で流れていた!

いつもヒット曲しかかかっていないラジオ局(サテライトラジオ)で突然、ワンオクの曲がかかり始めたので、歴史的瞬間だと思って、記録に残しました。

日本の音楽がアメリカで流れたなんて、「上を向いてあるこう」とか、ラウドネス以来じゃないでしょうか?

それも、私が自動車でいつも流している、売れている曲しかかからないチャンネルです。

家に帰ってきて駐車をしているときに、流れ始めました。

Related Articles

かっこいい日本を目指そう

昨日、またしても映画を見たのだが、それはグリーンホーネットという映画で、二人のヒーローのうち、運転手役が「加藤」という名の東洋人で、これがものすごくかっこいい。自動車を改造して、もう一人の、どっちかというとずっこけたヒーローと一緒に町の悪い奴らを退治する。自分たちも悪役のふりをしながら。 http://www.sonypictures.com/movies/thegreenhornet/ 加藤と言う名前だといったけど、ケイトーと発音されていて、また上海出身ということになっているので、わけわからん。役者は中国人だけど、これって、日本人がやってもよかったのだろうと思うけど、通じる英語が喋れる日本人がいなかったということではないか? これは本当に屈辱である。メモワールオブゲイシャでさえ、中心の女優は中国人が日本人のふりをしてやっていた。キルビルに出てきた中心の女性3人の一人は、日本人の名前をもった人だけど、それも、中国系アメリカ人がやっている。 それは日本人を使うと英語が通じにくいからである。 もちろん、渡辺謙氏なども活躍している。渡辺謙氏は、なんと日本的なる映画だけでなくて、普通のアメリカの映画(インセプション)に登場するまでになっている。これは革命的である。 それは、渡辺氏が、少なくともアクビエリアで発音しているから英語が通じるということである。これが、ゲップエリアまでカバーするとなると、今度は、本当に、アメリカの映画やドラマで必ずしも日本人役でなく登場することになる。ゲップエリアを使わないと、あ、い、う、え、お以外の音が出せないから、役が限られてしまう。 さらに、渡辺氏は素晴らしい演技を見せているが、他の普通の日本人の俳優さんは、体が硬すぎて、西洋のドラマに登場するのは不可能である。顔以外の体の場所で演技がしにくい感じだ。さらに、声を大きくする小さくするでしか感情表現ができない。これは姿勢、そして日本語の根本的な発声のメカニズムのせいであるが、英語喉の4章、5章を読んで練習してもらえば、克服できると思う。 さて、グリーンホーネットの加藤(けいとー)がとてもかっこよかった。自動車を改造し、びゅんびゅん、うならせて問題を解決していくのである。中国人アクセントがあったが、あれはわざとやっているのではないか? http://www.youtube.com/watch?v=mPDGk0gpWG0 (2分ぐらいからこの彼が喋るが、通訳に頼りつつも、シラブルの正しい英語を喋っている。微妙に喉発音だが、口発音の要素も残っている、、中国語なまりはわざとやっているのではないようだ。) 以前、三羽氏が、苫米地 英人氏の発言をこう引用されていた。渡辺氏がハリウッドで活躍できるのも、日本語なまりがあるからである、、、と。 私は同意できない。ゲップエリアを征服すると、日本語なまりだろうが、フランス語なまりだろうが、なんでもマネができるようになる。そうすれば、英語がネイティブと同じであったとしても、もちろん、日本人として役をするならば、日本語なまりをつかえばいい。NYの刑事としてドラマに出るならば、ニューヨークのなまりでやればいい。 苫米地 英人氏がそういう感覚をもたれるのは、おそらくご本人が英語になまりがあるからだと思う。3ビート、喉発音など完璧に近い苫米地 英人であるが(YOUTUBEでみた)、それでも口のなかで舌が活躍されている感じなので、それが微妙なるレベルの日本人なまりになっている。だから例えばTHの発音などがザになっている。これは、楽天の三木谷浩史社長と同じかんじであった。もちろん、この二人の人の英語はネイティブ並みだ。舌が活躍されている感じがするので、口発音の要素が少し出ると言うことだ。 しかし、これをゲップエリアを使うならば、どんな音でも出すことができる。だから、なまりというのが絶対的に刻み込まれたという感覚がしなくなるのだ。それができると新しい世界が広がる。 私は、例えばスペイン語で、会社のカフェテリアで食べ物を買うときは、Sを微妙にあまり発音しない感じの、エルサルバドルアクセントみたいにして喋る。でも、相手がメキシコ人だったら、クリアに喋る。使いわけているのである。どこまで正確にできているかはわからない。 皆さんも、ぜひ機会があったら、グリーンホーネットをみてほしい。あれに登場するかっこいい加藤(けいとー)のように、日本人男子(ありゃ、男だけ?)の理想像ではなかろうか? ちなみに、英語喉の姿勢のところで、西洋人の標準姿勢で猫背が直るというのは書いている。先日、ぼーと朝日新聞を読んでいたら、ある女性で作家の人。病気がちだったのを克服した?みたいな記事があって、O脚が直った、、、と書いてあった。一体何をしたのだろう??? 姿勢でまずかっこよくなれると思う。以前、ダンスのレッスンをとっていたのだが、韓国人のおじさんで座っているときは、そうでもなかったのだが、すーとたって、社交ダンスを踊りだすと、ものすごくかっこよく見えた。 かっこいい日本というのはテレビ番組のクールジャパンとは違う。あの番組は、さまざまな外国人を招いて、日本の文化を紹介する番組だけど、イメージとしては、ほら世界の色んな国は、多様な文化があるでしょ!というメッセージである。 しかし、現実は、けっこう、日本だけがかなり違うのである。その点が、あの番組を見ていると分かりにくい。例えば、「オランダではね?」とか言って、喋りだしたとする。実は、そのことはフランスやイギリスでも同じだったりする。 かっこいい日本というのは、その文字のとおり日本人として、かっこよくなろうということだ。これまで、日本人論は、あまりにダサいことを言い過ぎた。例えばだが、とにかく机について本を読めとかそんなことばかりである。 3色のペンで本を読みながら色分けをして理解しましょうとか、あまりにもださすぎませんか?…

私自身の文法の勉強の仕方

週末英語喉セミナーの申し込みはこちらから。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 英語喉をやると、アメリカ人が話しかけてくる。それは、やはり自信のようなものもあるかもしれないし、姿勢もあるだろう。このことは何度も書いた。 昨日も、近所で突然、「あなたはここのアパートに住んでいるのですか?」とアメリカ人(インド系の学生っぽい女性。近くにジョージタウン大学があるので学生さんだろう。)が問う。「実は、もう申し込みはしたのだけど、ネットで、悪い評価が出ていたんです。住み心地はどう?」。「全然、心配することはないですよ。きれいですし、庭なんかも手入れされているしね。虫も蝿ぐらいです(ごきぶりは出ない)。」と言ったら、安心していた。 DCではどこのアパートでも、だいたいエルサルバドルかホンデュラスあたりの移民(不法移民だと思う)が、ものすごい勢いで朝から晩まで掃除をしているのである。 プールがあるが、その横を通るたびに、ライフガードの黒人のおじさんが、会釈をしてくる。まるで親戚か何かのように。 犬の散歩をしていたら、向こうから、日本語の書いてあるT-シャツを来た白人の若者が歩いてくる。ちょっとめずらしくてなんて書いてあるのかな~なんて(気づかれないように)見ていたら、「ハ~イ」とか言いながら会釈をしてくる。 このように、周りから話しかけてくれると、本当にアメリカ人と私が平等なる立場にあることがわかる。いや、本当は最初から平等だったのだろう。今思えばね。 さて、今日は私の文法の勉強の仕方について述べる。 MIXI上ではRONさんのhttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=63775066&comment_count=52&comm_id=1301094 で熱い議論が交わされている。 もともとの発端は、英語喉会議(アット広島)で文法が大切かどうかみたいな会話から始まった。 よく発音の次は文法だとか語彙だとか言うが、実際は、ネイティブと会話をしだすのが一番だと思う。というのは、文法や語彙は会話をしながら覚えるものだからだ。その模範というか、例を示したい。 RONさんの影響で、昨日、中国語を勉強してやろうと思いたった。それも、中国語の文法書を一度も読まずに会話ができるようになってやろうと思った。 そこで中国人の同僚にちょっと聞いたのだ。 まず、私は、It is interesting to watch TV という文を持ってきて、それを中国語でなんと言うかを問う。 すると、中国人の彼女は、 カン、デン、シューがどうのこうのと言った。 私はもうその時点で、中国語が聞き取れていた。恐ろしいことに英語喉をやっていると、聴き取れる。 大昔の大学時代に中国人の学生が、映画を見るは…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.