Skip to toolbar

流動的な声を普段から出す

流動的な声を普段から出すと英語の発音にも役立つし、聞き取り力も伸びると10年間提唱していますが、流動的な声って何?に答えるには、この動画の矢沢永吉氏(広島県出身)の歌い方を見るといいのではないかと感じ紹介します。このやりかたで外国語をやると聞き取りもできるようになるし、勉強がしやすい(聞こえるから、じゃ、単語の意味が分かればいいのか!とやる気がでる)。

あと、こういう流動的な歌い方をする人は、顔、体を横に振るという仮説もたてています。自分の体感的には流動的な声を出そうとすると首の底に「声を(水のように)ためる」感じになるのですが、その時に、縦に振ると、それができにくい感じがします。横に振ると首の底が立体的に使えるような体感があります。

Related Articles

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp レッスン5 https://www.youtube.com/watch?v=sQFeQKZIdBY&feature=plcp レッスン6 https://www.youtube.com/watch?v=F4QpA8NTl_E&feature=plcp レッスン7 https://www.youtube.com/watch?v=xFwpUh7sbxg&feature=plcp

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い! *************************** 片岡昇 ケンセイ・メソード英語発音講座 抜粋 http://jp.youtube.com/watch?v=b2pbYqwkoc8 舌は寝転んだまま、、、というニュアンスは確かに間違ってはいないが、やはり口にこだわりながらも、ややええかげんに説明しているそのノリは非常に真実に近い。できたら、英語を話しているところを見たかった、、、。   **************************** 英語発音指導の専門家「スギーズ」先生 http://jp.youtube.com/watch?v=3zgm9RCLW0E&NR=1 I was only a kid then は7シラブルなのに、6シラブルになっている(先生、Aを忘れています、、、というか弱く読むという指導の弊害?あいまい音は弱く読むという指導はよくない。弱く読んだら聞こえないぞ!) でも結構、スムーズで英語の流動性が出ているのはアクビエリアあたりを使って発音しておられるからだろう。首の根元で同じことをやるとネイティブと同じになりますよ。 **************************** コウイチさん(ネイティブ?) http://jp.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。熱意は買う。口を気にしすぎて、音がこもっているから分かりにくくなるけど、口のコモリを無視して、喉のあたりの響きを意識して聞いてみて。Lはクリア、RはRRR(犬のうなりみたい)だということが聞き取れる。   ***************************…

茂木健一郎氏の英語に意見した理由

茂木健一郎氏の英語に意見した理由は、日本語英語のままだと色々と不都合があるということ。 茂木さんが最近の本で、以前、私が茂木さんにTWITTER上で意見したことを取りあげてくれて、英語喉を「雑音」とした上で、自分の英語は通じているからOKという主張をされている。 確かに茂木さんの英語は通じる。ただ、以下の動画では、私は茂木さんの名前さえ聞き取れなかった、、、が全体的には確かに通じると思う。 ただ5秒に一回ぐらい、え?と思ってしまうので、最初の10秒で聴く気をなくしてしまうように思う。茂木さんが自分の名前を言っているところさえ、聞こえにくかった。 ところが、以下のTEDスピーチは分かりやすい。茂木さんは、口発音っぽいけど、シラブルの数が正しい。DREAMという単語でもDO-RI-MUといわず、DRIMと正しく言えている。 絶妙な工夫で、口発音でもシラブルを正しくされているのだ。 では、上の動画はどうして、いけていなかったのだろうか?それはたぶん、シラブル数の長い単語が続出して、それが言いにくかったのかもしれない。   茂木健一郎氏の英語は基本的に通じるということになる。 逆に、なぜ茂木さんが日本語英語なのに通じて、同じ日本語英語の人で通じない人がたくさんいるのか、、というと、それはシラブルを間違っているからだろう。 では、なぜそれをあえて喉発音を薦めるのかというと、 そうすると楽だということ。 聞き取りもできやすい。 莫大な勉強量に頼らず、聞き取りができれば、意味は確かに分からない単語があるかもしれないが、聞けるので気持ち的に楽で、勉強がしやすい。 それから、あまりにテンションが高い英語だと、社交がしにくいというのがある。 ただし、これは立場による。 もう正社員だったり、地位や、身分があれば、英語が聞こえなくても、伝わらなくても別にいいのだと思う。 でも英語喉は、必ずしもそうではない人に向けて英語ができるようにという目的を持っている。 というか、ま、誰にでもリーチしたいものです。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.