英語喉セミナー、楽勝でご二人の発音と聞き取り能力をパワーUP

本日は、こちらに住んでおられるかたお二人を英語喉指導させていただき(有料)、1時間半にて、結果を出すことに成功しました。その効果の音声(男性のみ)をUPします(許可していただきありがとうございます。この音声をきっかけで英語喉をがんばろうという気運が生まれることでしょう)。

英語喉セミナー前の英語を録音させていただきました。

[audio:http://nippondream.com/file/dc_residents_09_24_2011a.MP3|titles=dc_residents_09_24_2011a]

直リンはここをクリック

セミナー1時間半終了後、テレビを聞いていただき、その感想を述べていただきました。録音の声はお一人だけですが、もう一人のかたもばっちり、同じ経験をされました。
[audio:http://nippondream.com/file/dc_residents_09_24_2011b.MP3|titles=dc_residents_09_24_2011b]

直リンはここをクリック

英語喉セミナー後の発音です。ほとんど完璧だと思います。

[audio:http://nippondream.com/file/dc_residents_09_24_2011c.MP3|titles=dc_residents_09_24_2011c]

直リンはここをクリック

しかし不思議ですが、この最後のところは、受講者のかたは英語喉の発音記号をみて読んでいるのではなく、またいきなり弁当BOX素材を読んでおられるわけですが、完全に発音がネイティブ化しているのは、私が読んだ手本をてがかりに、まねされているわけです。喉でやれば、聞ける、まねることができるということですね!

お二人は、英語喉はもちろん、今日が、初めてでした。これからの英語喉の旅を楽しんでください!

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。

英語喉セミナー 西日本からのご夫婦を喉革命に導きました!

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 ワシントンDCにて、だいたい毎週木曜の晩、7時にボランティア講座を開くことにしました。その調子でやれば、1年で、喉実践者を100人以上生み出すことができます。数年やっていれば、何か起こっていると文部科学省さんも気づくことでしょう。

英語喉稽古コース始めました (SKYPEでの受講ありですが、いかがですか?)

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 さて、先週は初めて、ボランティアによる英語喉稽古クラスをしました。 稽古と呼びましたが、その内容が剣道の稽古にそっくりで基本を繰りかえし、少しでも間違っていたら、前にすすまずに、できるまで粘る、、、という特徴を持ったものです。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.