英語喉で洋画を見るということ

英語喉SKYPEセミナー以下から申し込んでください。

http://www.doodle.com/rg3ikbt2ahgdfwyu

まずは、MIKIさんが、国産ネイティブレベルに到達されているので報告します。

http://www.voiceblog.jp/elchan/m201109.html#1560162

実は、最初のころは、喉ブレーキはとれていたけど、あくびエリア付近にとどまっておられたこと、直接指導でできているにもかかわらず、自分でできているかどうか分からないとおっしゃっていたことなどで、やや不安材料がありましたが、ここまでよく向上されました。

もうひとつの不安材料は、もともとの日本語が非常に硬い感じだったこともあります。

菅原里奈先生のハローボイス、そして天満先生の発音セミナーにも参加され、また私の直接指導も2回経験されました。

どちらかというと最初からスムーズに行かれたのではなかったのでしたっけ?そのあたり、ご報告お願いいたします。

さて、本日のテーマは映画鑑賞ですが、それはこの週末にいろいろと見たということがあります。

まずは、ドライバーという映画です。ちょっと記事風に書いてみました。では、どうぞ!

日本語でドライブが趣味ですという時のイメージでこの映画を見ると腰を抜かすことになる。

主演はライアン・ゴスリン。スタントマンとし、自動車を魔法のように乗りこなす。物静かでほとんどものを言わない(その静けささえ、ゴスリンが演ずるとかっこいいので真似したい!)。腕の良い自動車修理工でもある彼は夜になると、犯罪者たちのドライバーとして、強盗の際の足となる。

パトカーを巻いてしまうテクニックは、警察の無線を傍受しつつ、相手の位置を知る、橋げたの下に隠れる、など、目から鱗!の連続。

隣人の女性を慕うが、その女性の夫が服役を追え、帰ってくるところから、血でを洗う闘争が始まるのでした。

記事終わり

英語のトレイラーです(最初は映画とは無関係の宣伝が20秒ほどあるかもしれませんが)。

後日談 やったもんさんのコメントに対応する形で私自身がこの動画を聴きながら、英語を繰り返してみました。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_20_2011d.MP3|titles=kaz_09_20_2011d]

直リンはここです

英語喉をやったあとで映画を見ると、見所が変わってきます。以前は、字幕、あるいは英語を理解するのに大半のエネルギーを費やすので、細かい部分が分からず、注目するのは、大まかな話のすじだけ。

話として面白いかどうかで映画を判断してしまう。

しかし、英語喉をやってから洋画を見ると、話のラインはどうでもよくなってきます。

場面、場面のかっこよさ。俳優、女優の技量(現実ではありえないことでも、役者の技量で信じてします、、)。人生のいろんなテーマが扱われていることへの驚き、絵として、動画としての美しさ、かっこよさ、、、などなど。

すると、映画の評論家たちが、その映画に星を何個つけているかなんて関係なくなってきます。

例えばこの映画の主人公が、いかに運転するということに優れているのか、、、という点におもわず感動してしまう。自分自身も運転するときに、彼のようにクールに運転したいと思ってしまう。

また彼のクールで言葉が少ないところなど、、、アメリカ社会でとにかく表現することが大切だ、、、などと、英語のできない人は思いがちだ。しかし、アメリカ人は無駄にぺらぺらしゃべっていないことは、英語が本当にできると分かり出す。

英語のできない英語教育学者は、英語はとにかくディベートだとか、喋らないと無視させるとかいった画一的な西洋人のイメージについて、この何十年も蒸し返し続けてきている。

しかし、このもの静かなドライバーの迫力を感じてほしい。

英語喉をやっていれば、映画からも、西洋文化を知ることができる。まさに、留学しなくても、文化が勉強できるとはこのことだ。もちろん、留学することはよいことだと思うが。

ちょっと急いで書いたが、伝わっただろうか?

 

 

 

 

 

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。 しかし、それが現実かもしれませんね。 それにしても、この道場には日本人の有段者が3人もおられまして、練習するたびに、学びがあるので、やめられません。昨日も、面を打つと、その有段者のかたが、たったご自分の竹刀を3センチ動かしただけで(そのくらいミニマムに思えました)、面をよけてしまわれるのです。すると、思うわけです。じゃ、どうやって面をとるのか?と。 自分はこんなにエネルギーを使って面を打ち込んでいるのに(カロリーに換算すると10ぐらい?)、ちょこっと竹刀を動かしただけで(カロリー計算にすると0.00001ぐらいか~)、私の攻撃が無になってしまう~~。 さらに、有段者の気迫がすごい。喉発音による、ものすごい声で気合がはいります。練習の支持も喉発音的に、日本語で支持が出るのですが、実際、何を言っていおられるのかわからないので(日本語を喉発音するとわかりにくい)、まわりを見渡して、あ、今は切り返しだなと分かる。 剣道をやっていると、喉発音が普通になってきていて、今、実際、油断していていも、英語がネイティブみたいです。 ちょっと喋ってみましょうか?実際、正直なところ、こんなにかっこよくていいの?OK?って感じです。喉が開いたままだから、次に言う単語が思いつかなくても、そこで息、音が切れない、、、だから、ネイティブ独特の響きが継続できるってことだと思います。まだ、剣道をやっているときの、気迫、かっこよさを日常生活でもおもわず雰囲気を継続してしまうのか~。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_10_17_2011.mp3|titles=kaz_10_17_2011] 直りんはここをクリック。 特に、アメリカ生まれの中国人、韓国人が学生メンバーで彼等の声のかっこよさを俺も再現したいと、思ってしまうのでした。 すでに披露しましたが、英語喉LIVEで日本人参加者の英語が甲高くなっていたら、口発音警報を流しますよ~~。 [audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning] 直りんはここをクリック。 さて、週末に敢行した英語喉セミナーの成果を音声でお伝えします。参加者の皆さん、ありがとうございました。 まず、4人の皆さんとのボランティアクラスです。 指導前 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before2.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before2] 直りんはここをクリック。 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before] 直りんはここをクリック。 指導後 ラジオの音声を聞いてもらったあとでの、聞こえ具合に関する感想 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_tv.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_tv] 直りんはここをクリック。 指導後の実際の英語発音(やっぱり違いますね~~~。特に奥さんの英語が全然違う!)…

英語喉1秒クイズ ポッドキャスト新企画

英語喉SKYPEセミナー以下から申し込んでください。 http://www.doodle.com/rg3ikbt2ahgdfwyu 皆さんお元気ですか。台風の影響が出ていますね。また3月の地震津波で本当に大変な思いをされている人もまだたくさんいるのですね。 経済も悪いばっかりです。アメリカも雇用状況がよくありません。で、オバマ氏が、金持ちの人たちにもっと税金を払ってもらおうという方向に押してます(お金もちの人たちは、税金率が結構ひくかったりするらしい、、、税金のシステムの細かいルールを利用して、税金をあまり払わないように工夫できるため)。 それを共和党が大反対しております。オバマ氏を批判して、「オバマ氏がクラスフォーフェアに持ち込もうとしている」と批判していました。富めるものと、貧しいもの戦争のように持ち込もうとしているということですが、それに対して、CNNだったか、「戦争だとしても、もう完全に富めるものが勝っていますが、何か?」みたいなコメントをしていて、大爆笑してしまったのでした。 さて、最近、文法に関しての議論やエッセイを読むことがあります。多くの先生が文法の教え方というのを工夫されております。しかし、文法というのは、そんなに難しいのかな?書いてある説明を読めばよいと思ってしまうのは私だけでしょうか? 例えば英語では、SHEやHEのときに動詞にSがつきますね。I WALK,SHE WALKSというのが例です。 これは読めばいいのではないか?などと思ってしまったのでした。 可能だったらCANだとか、それならそうしたらいいだけじゃないのかな???ISの過去はWASとか。 文法を学ぶのに工夫がいるのでしょうか?工夫がいるとすると、40人ぐらい生徒がいて、生徒がいやいやながらやっているとこがあり、そのせいで授業を劇場のように取り扱う必要性がでてくる。いかに、聞かせるか?と。そこで、授業を工夫しないといけないということではないだろうか? ある意味でそれは英語教育というより演劇に近く(悪い意味ではない)、あるいは生活指導に近い。 <思うに、本でできるから、授業を聞いたふりをする、というのが普通じゃないですかね。結局、覚えたらいいというのがあるし、また試験の前に覚えるのがやはり効果的というのもある。早く覚えすぎると忘れる。クラスの人数を15人ぐらいにしたら、できることが変わってくるんじゃないですか?> しかし、文法自体は、英語の文法は簡単なので読めばいいんじゃない?と思ってしまうのですが、、、。本に書いてあるので。 でも、結局、私がこう必死に書かなくても、誰もが読んで理解しているではないかな。 複数だったらSをつけるとか、そんなに難しいことなのでしょうか???? 今日のCNNのサイトから、一文抜き出してきました。 President Obama also reaffirmed the U.S. support…

「純ジャパの僕が10か国語を話せた世界一シンプルな外国語勉強法」

Yohei Akiyama さんの新著「世界一シンプルな外国語勉強法」をゲットしました。アマゾン(日本)で頼んで3日で米国に届きました。 新しい言語を学ぶときに、自分が感覚的にまず知りたい表現があります。それは英語で言いますと、I am going toにあたる表現とか、Let’s ~~にあたる表現です。なぜかというと、それらを覚えておくと、動詞を活用させずに使うことができて、広く応用できるからです。私はスペイン語やフランス語を勉強するときに、まずそれらを押さえました。 私の考え方と秋山さん考え方は非常に似ています。まずは、シンプルにせめて、とりあえず、おぼれないように犬かきをする(これは秋山さんの表現)、、まずはそこまで行くことが大切なのです。 本に出ているその犬かき用の単語リストが参考になります。 犬かき用表現リストも載っています。 この二つのリストがあることが絶妙です。私にとっては、「表現リスト」のほうに思い入れがあります。 リストには、とりあえず英単語と日本語訳が書いてありますが、フランス語会話を練習中の私としては、それらの単語をフランス語で知っているかを自分で確認するのです。 語学学習とはそういうものです。自分でやるんです。 秋山さんに関してもう一つユニークな点があります。それはYOUTUBEなどで実際にそれらの言語を話されているということです。 私自身も英語の発音に関して英語喉というapproachを提唱しておりますので、当然、英語で普段から発信しています。 また、「英語の勘1」ではTHEの使い方などを説いているわけですから、当然、それをつかってYOUTUBEなどで発信していますし、毎朝、ついきゃすでCNNを聞きながら、語彙を解説しています。 できているから、こうしてやっていますよと、手の内を見せているわけです。 秋山さんはフランス語のテストを受けて、文法の点がほとんどゼロだったのに、聞き取りと読みは結果が良かったそうです。 これは分かります。聞いて理解するのに、文法はそれほど重要ではありません。なぜなら、言っているほうはnativeですので正しい文法で単語を発射してきますが、聞いているほうは、単語と単語の関係を理解するというよりも、単語自体の意味が理解できればだいたいいいからです。 例えばISの意味はISであり、それ以外ではありませんから、別に文のどこに来ても同じことです。 「犬かきの単語リスト」ですが、自分はスペイン語で知っているかなと思って読んでみましたが、ほとんど知っていました。フラ語ではかなり怪しかったです。 さて、この本を読んだ人がこのやり方を実践してうまくできるかですが、一つだけ条件があると思うんです。秋山さんがこのやりかたで成功したのは、兵庫県のご出身だからだと思うんです。秋山さんは声が深いので、外国語の音も正しく聞き取っているのだと思います。声が甲高い人は、まず声を柔軟にして、立体的な発声を練習する、、、そうすることで、犬かきの単語のどれを言っても相手に通じるという状態が生まれますし、また聞き取りもしやすくなります。 英語喉で喉をリラックスさせましょう。 秋山さんの新著、参考になると思います! 最後に、英語以外の外国語を修得するといいですよ。英語で発信しても、私のようなオッサンの場合、そんなに反応がないんですけど、スペイン語で動画をつくるとコメントがどんどんつきます。たぶん、スペイン語を話す日本人が少ないからじゃないかなと思います。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. どれだけ映画を聞き取ることが出来るか? 2分30秒程度なので
    ディクテーションをトライしてみましたが1分で挫折しました。
    以下、私の英語聞き取り能力を暴露いたします。(^_^;)

    Find drive feel
    He give me a time and place.
    I’ll give you a 5 minutes and window.
    I think happend to next 5 minutes Tunami or
    no matter what
    I don’t think running down.
    I’ll carry it or gone.
    I’ll drive.
    music
    女性のセリフ?
    No, I’ve been a while.
    What did you do?
    I Drive, moves,
    That’s dangerous.
    Sorry to about them.
    You put skill behind wheel.
    There is nothing he can do.
    get on me Mr. ?????
    男????????
    So am I.
    I have a coming home.
    where is it?
    Isn’t it present?
    血の男 ??????? do job for
    I’m not gonna do it.
    ?????? he get there
    ???????Man gave here?

    1. 本文中に私自身のシャドーイングの音声を追加しましたので、見てみてください!

  2. 国産ネイティブ認定ありがとうございます!発音にコンプレックスがあって、自分の声さえも嫌いだったのに嘘みたいです。やはり2回目のレッスンが効きました。あれで、自分のげっぷエリアがつかめました。そして天満先生にほめていただけた事で確信に変わり、自信を持って話せるようになったんです。私が順調にいった方かどうかはわかりませんが、もしあの2回目を受けていなかったら今でも間違ったまま練習していたと思います。
    これで目標のひとつが達成できました!最高にうれしいです!

    1. おめでとうございます。BLOG内での表現があいまいでしたが、順調にいかなかったほう?ではないかと思ったのです。というのは、結構、時間がかかったほうではないですか?あくびエリアにはすぐ到達され、喉ブレーキもとれておりましたが、げっぷエリアへの道のりが少しかかりました。しかし、だからこそ、他のかたがたの参考になるのではないかと考えます。

      2回目のレッスン、そしてその音声を自分で聞いて、ピンと来たということですね~。あの音声は、このBLOG内に記録として残っているので、非常に貴重な記録となりました。

Skip to toolbar