Skip to toolbar

強弱リズム???なぜ大切だと勘違いしたかの理由の推測

英語は強弱のリズムからなるという俗説がありますが、もしかしてそれは、カタカナに直してしまう癖が原因ではないかな?

例えばですよ、確かに、ボンボンボンというかんじのシラブルの真ん中に重心が置かれているような感じは確かにするでしょう。とくに大げさに発音しているならば、その感じが強調されて聞こえます。

THIS IS A PEN

を大げさにいうなら、

thIs Iz A pEn

という感じで聞こえるかもしれませんね。

さて、さらにこれをカタカナ英語に直してみると

ズ ズ  

これが、強弱アクセントに感じられるのかもしれません。

本来は、BON-BON-BONというリズムがあるだけなのだけど、ちょうど、そのOにあたる部分がカタカナにしたときに、結構、まばらになってしまいます。それはあくまでもカタカナ的に耳に入ってくる人の場合です。すると、もう一度書きますが、まばらに強弱が起こるように聞こえるでしょう。

ズ ズ  

もし、これが、英語の音が最初から聞き取れているならば、以下のように聞こえます。

THIS-SIZ-ZAP-PEN

これが聞き取れていれば、強弱アクセントだという発想は生まれず、ただ単にシラブルがつながっているんでしょ?となります。

強弱リズムで読むと英語らしくなるとか、なんらかの形でリスニングがよくなる(ならないけど)という勘違いは、ここから来ているのではないでしょうか。

***

キーワード 英語発音 聞き取り 音声学 批判 英語喉 機関銃英語

***

Related Articles

日本人の英語

前回のNITROさんの報告にもあったが、やはり日本人の英語はかなりいけていない。これは語彙とか文法の問題ではなく、完全に、シラブル構造の問題だ。 社会学や教育研究の学会でも、言うことを全部、スライドにして写して、それを読んでいる日本人をこれまでに二人見た。お二人ともアメリカが長い方だ(だから留学したから、PHDをとったからといっても英語には苦労しているはずだ。経験で、仕事のことならば、想像力がたくましくなっているから理解できるのだろう)。そして、観客がそれを聞きながら、言っていることをスライドで読んでいるのである(これでは字幕つきの映画である)。これはこのかたがたの能力の問題ではない。 喉の音を出していないのとシラブルの問題だ。 理論的、そして現実にも、英語のシラブルがボンボンボン的であることを知らずに、聞き取りをすることはほとんど不可能だ。大切なところだけを聞き取る、強く聞こえるところだけを理解する、、、子供だましのような方法が、よく紹介されているが、そんなことで通用するわけがない。 例えば、引用をする前に書いた1段落の文。この文が読まれているとすると、一体どこが大切なのか?どこが強く読まれるのか?その一部の情報を知ったとこで、何が理解できるのか?自分で書いたのだから、大切だと思われるところだけを書く。 XXX、XXX、シラブルがボンボンボン的であるXXX、聞き取りをすることはXXXX不可能だ。大切なところだけを聞き取る、強く聞こえるところだけを理解する、、、という子供だましの方法が、よく紹介されているが、そんなことで通用するわけがない。 XXXで大切でないところを伏字にしていこうとしたが、1文めでやめた。そんなことをしていたら、意味が分からない。 そもそも、強く読まれたかどうかは、文が終わってから、後で振り返って分かるものだ。そんな悠長な理解方法は不可能だ。あとで振り返って、強かったところがわかったところで、その強い単語が聞き取れていなかったどうする? そもそも、大切なところを強調するというやりかたは、なぜ存在するかというと、発音教科書の存在価値を強めるという、非常に、自己中心的なことが目的なのである。 学習者に強く読ませたり、弱く読ませておけば、納得するからである。我々日本人は、小さいときから、気合をいれろとか、ラジオ体操だとかで、そういうことに反応することに慣れてしまっていると思う。声を出して読む日本語とか、そういうのが好きである。 少人数で大人数をコントロール、指導するための苦肉の策である。 私はこのことに、NHKラジオ講座を聴きながら中学生のレベルで気がついていた。GOODとか、ラジオを通じて言われても、絶対に、聞こえていないじゃん、、とつっこみを入れていた。よく考えれば子供でも分かることだ。 日本人の英語をなんとかするには、英語ができる日本人が活躍する必要がある。現在のところ 英語のできない日本人が企画、予算配分して、英語のできない日本人が教え、これまた英語ができない日本人がそれを批判する、、、。 というわけのわからない混沌とした状況に、現在の日本の英語教育はなってきている。当然、英語のできない日本人の再生産だ。 我が国に必要なのは 英語ができる日本人が企画し、英語ができる日本人が教え、英語ができる日本人が批判する、、、 というカラクリをもった制度である。 とにかく英語ができる日本人が必要なので、皆さん、とにかく英語を使って使いまくって、 YES, I CAN! と胸を張れるようになっていただきたい。 そのためには、英語を*使う*ことだと思う。例えば、今週、実際に喋ることがあっただろうか? 勉強の量を、どれだけ使ったか?で計るのが良いと思う。…

テラカオさん 機関銃英語やってみてくださいよ

テラカオさん(TERRACAO)のBLOGを読んだら、ある日本の女の子が英語のスピーチを読んでるところをさして、言っていることが全然分からないと嘆いてらっしゃった。ここ。 http://d.hatena.ne.jp/terracao/20091124/1259036050 どれどれと思い、私自身が実際のそのスピーチを聞いてみたら、数箇所分かりにくいところがあっただけで、ほとんど分かったし、その中にある冗談も結構笑えた。 テラカオさんとしては、ご自分が聞いて、聞き取りができないから、この女の子のやっている英語指導法は問題がありますという方向で議論されている。 私がその女の子のスピーチが聞き取れたのは、3ビートを聞いているからである。音がややこもっているのと、ぎりぎりアクビエリア発音っぽいのだが、声が上ずっているところがあるので、聞きにくいことは確かであるが、3ビートさえ聞いていれば、分かる英語だ。 そもそも私が日常英語をアメリカの職場で使っていて、電話などで、どちらかというと音が悪かったりすることもあるが、英語が聴き取れるのは、3ビートを聞いているからだ。同僚はアメリカ人だけじゃないので、色んなナマリがあるが、それでも英語が100%聴き取れるのは、英語喉方式で聞いているからだ。 テラカオさんは、この女の子の英語が異常に速い、速すぎると思われているが、そんなことはない。それはシラブルを機軸として聞いておられないからだろう。 例えば THIS IS A PEN. をテラカオさんは thisisapen と聞いておられるのではないだろうか。そうするならば、ものすごい速い流れだ。音がこれでもかこれでもかと流れてくる。10個以上の音がありそうだ。 しかし、英語喉、あるいは機関銃英語をやるならば、音の塊ごとに聞ける。 THIS SIZ ZAP PEN と聞こえるのである。たった4つのヒラガナみたいなもんだ。 すると、機関銃のように聞こえていた英語が、とたんに、のろまな英語になるのである。 だから、一番、驚いたのは、てらかおさんが、この女の子の英語が速いと思われたことだ。普通のスピードに聞こえるのだが。確かに録音の音は悪い。 NKJMさんが、機関銃英語のアマゾンレビューのなかで言われていることを思い出したので、引用する。英語喉メソッドで急に英語がゆっくり聞こえ出した瞬間をたとえをもちいて説明されている。 「変なたとえ話ですけど、「とーぅ…

冠詞のAとか定冠詞のTHE

私もおもわずそう思ってしまっていたが、英語のAとかTHEはそんなに大切ではない、、、とおもって英語を喋っている人が多いと思う。A PENとかTHE PENが例だ。 そもそも短いし、また従来の発音の本を見ると、AとかTHEにくる母音は「曖昧音」という名前がついていて、弱く発音してください、、、と書いてある(弱く読んだら聞こえない、、、というつっこみは今回はしない。) AとかTHEが抜けて喋ってしまうと、やっぱりまずいらしい。会話の内容がしっかりつたわりにくくなるようだ(どんな具合に、、、というのは今回は省く)。 3ビートの観点からいうと、AとかTHEはきっちりシラブルを構成できるし、それを知らずに聞いていると、聞き取れない。 以下に例を挙げてみる(発音記号は適当)。 This is a pen –> this-sis-zap-pen 3ビートを期待して聞いていないと、え、今のZAP何?となる。 this-sis-#a#-pen だったらダメというわけではない。なんらかの理由でaを強調することはOKだ。 3ビートがものすごいと思うのは、無意識にできるようになる、聞けるようになる点だ。 無意識にって? 例えば、生まれて言った事のないような文章でも、自然と練習なしに3ビートができるようになる(3ビート習得のための練習はいるが、その特定の文章を読むリハーサルがいらないということ)。理屈をいうと、 1)母音がシラブルの真ん中に来る、、、というのは勘で制御できるようになる 2)喉をだらーんとさせておくと、勝手に子音のコピーが起こる。 生まれて私が一度も言った事のない文章でも、リハーサルなしで3ビートができるということを示せばいいだろう。また3ビートの練習は英語でやる必要は必ずしもない。日本語でもいい。 http://www.estat.us/blog/oct31_2007.wav なぜ、上のこと、特に「無意識でもできるようになる」という点を強調したのか。従来のやりかたでは、よく口を大きく開けるとか、舌をこの位置におくとか、イントネーションをこうする、アクセントはここにおく、、、と色々あるが、これらの項目は、無意識にできるようにならない。実践するならば、いつも意識におかないといけないが、これらの複数のことを意識して実践するのは、不可能に近いし、実践したとしても、考えながら喋ることが不可能になる。 例えば上の録音でWとRのときに、絶対に唇を丸めてくれといわれると、非常に困る。リハーサルが10回ぐらいいるだろう。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 喉すけさん、

    どうもUPありがとうございます。最初のあせった部分以外は、通じる英語ですが、首の浅い位置で発音されているので、それを根本的に首の根元まで下ろしていただきたいです。

    音声でコメントしました。

    http://www.estat.us/blog/nodosuke1.wav

  2. >、BON-BON-BONというリズムがあるだけなのだけど

    子音+母音+子音の繰り返しで聞こえる、ということは当然自分が発話するときは、そのように発話するということですよね。でも、どうしても、音読の癖が抜けず、分かち書きの表記のとおりスペースをとって発話してしまいがちです。。。

    それと思ったのですが音声アップする人って男性ばかりのような気がします。

  3. アドバイスありがとうございました.
    思ったよりゲップエリアの定位置は低いですね.

    今回は,できる限る喉を開きっぱなしにして発声しました.喉を開く意識が強いとその分,口が動かしにくくなる感覚があります.冒頭のBENTOのところでは,その意識が強すぎたのかもしれません.
    もっと定位置が低くなるように練習してみます.ありがとうございました.

  4. 発音の定位置は思ったより低いですね。
    喉を開こうと意識すると、口が動かしにくくなる感じがします。最初の部分はその意識が強くてBENTOの発音が変になったのかもしれません。
    今回のアドバイスを参考に練習してみます。
    ありがとうございました。

  5. 失礼しました。間違って、SPAMのほうに入っていました。

    また聞かせてください!

    喉を開きっぱなしにしながら、首の根元で発声するトレーニングをしてください。

  6. あ,SPAMになってたので,投稿できなかったんですね.
    連続投稿してすみません.