電車で外国人が多くて、アナウンスで謝った車掌さんの件

これは配慮が足りなかったし、差別的です。

日本人は人がいると静かになりますが、海外の人は、人がいても静かになりません。逆に、小さい声で話していると何かうわさ話をしているのではないかと思われてしまいます。

その文化の違いは今回の事件に関係ないでしょうか?

いずれにせよ、差別的ですので、良くないですね。皆さんはどう思われますか?

http://www.japantimes.co.jp/news/2016/10/11/national/nankai-train-conductor-chided-apologizing-presence-non-japanese-passengers/#.V_-KTPkrKM8

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

2 thoughts on “電車で外国人が多くて、アナウンスで謝った車掌さんの件”

  1. 「外国人が多くて」ではなく、単に「今日は乗客が多くて、ご迷惑をおかけしております」と言うべきでしたね。前に荷物が多くて他の客に迷惑をかける外国人がいて、苦情が来た事があったので、「迷惑な外国人が多く来ていて」と言いたかったのでしょう。でも実際、乗客が多ければ、それがどこの国の人でも、混雑するとお互いに「しんどい」のは同じです。「みんな大変ですが、ちょっと我慢してお互いに頑張りましょう」というメッセージを伝えた方が良かったと思います。

  2. グローバル化を目指すといいつつ やっぱり日本人はまだまだ排他的なところがあるように思います。
    TVでも世界の素晴らしい日本人 みたいな番組はとっても多く、海外の方の報道は「あちこちにごみを捨てて迷惑」など、ネガティブな内容が多い気がします。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.