日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか (祥伝社黄金文庫) 斎藤 兆史

最初に自分自身は、斉藤先生の考え方と違うものを持っているということを明確に書いておきたいと思います。

斉藤先生のご意見は、保守的な英語の勉強法で頑張るのが王道ということだと思います。

私は、コミュニケーションをしっかりやったほうが良いのではないかと感じています。

さて、明治の人たちがどのように英語を勉強したかということが書いてあり、読み物として楽しいと思います。

厳密に斉藤先生の言われていることを仮説としてみていくならば、論理がやや昭和的な感じがします。

達人のかたがた、それぞれを達人だったと称する件ですが、本当に達人だったのでしょうか?

さらに、斉藤先生は、それぞれの達人が達人だったのは地味に英文を読んだからとおっしゃっています。海外留学をしていた人物も多いですが、留学していたらからではなく、地味な勉強をしたからだと斉藤先生はおっしゃっていますが、その証明は明確には述べられていませんが、それぞれの達人が、地味なことをしていたからとその地味なことに効果があったに違いないという論証方法です。留学をしてコミュニケーションを多くもったからだったかもしれません。

ただし、普通の人は、地味な練習があるからこそ技術に優れていると考えますので、斉藤さんの論証は受け入れやすいとは思います。

「数年間母語話者に会話をならったくらいで英語など不自由なく使えるようにはならない」と先生は主張されています(25ページ)。

が、意外と日本人でも英語ができる人は存在していて、そういう人たちは、意外と時間をかけずに喋れている人が多いのではないかというのが私の個人的な印象です。

Related Articles

英語劣等生さんのご質問への回答(その2)

英語劣等生さんのご質問への回答 ジーナさんからの回答です。  以下は誤字脱字等を訂正の後、NIPPONDREAMサイトのQ&Aに転載します。   ご質問 やはりTOEFLや映画等でどうしても最後の一歩でまだ速度についていけない箇所があります。ネイティブの日常の高速会話(仕事で使う英語ではなく、オフの時の会話)も含めて超高速スピード(音の連結や脱落含む)に対応するすべはありますでしょうか。   回答   試験形式の問題点  まず、そもそも超高速スピードの英語を試験の素材に使うことがある、、、という点が、英語リスニング試験の背後に存在するある「仮定」の問題点です。その仮定とは、遅いよりも速い英語を聞き取れるならば、受験者の英語能力が高い、、、というものです。たまに速度の速いものを聞かせて、受験者の「能力」を測ろうとするわけです。 これは正しいとはいえません。おそらく「認識論的な勘違い」とでも呼ぶことができるでしょう。速いものが聞ければ、英語がうまい、、、これは勘違いです。(算数の問題を早く解ければ、頭がよいというのも、正しい考えかたとはいえませんが、試験文化のなかで、あたかも速い=賢い、、、という認識が絶対の真とされています。実際には、問題を色々考えて解く、、、という行為自体が数学的な実践であり、大切なことです。)   高速な英語は、英語ネイティブでさえ、ときに戸惑わせるものであり、高速で喋ることはよいこととはいえません。映画などで、確かに、ものすごく速いスピード、そしてさらに口をもごもごさせながら喋るシーンがありますが、ネイティブでさえ、戸惑ってしまうことがあります。        とはいえ、試験が存在するという現実を無視して批判するだけでも困ります。聞き取りの仕方について考えてみましょう。英語が早いか、遅いかという問題はおいておきます。   なぜ聞き取れない?   英語喉・ネイティブメソッドをやったあとで、英語を聞いたときに理解できなかったとすると、それはおそらく単語が分からないからでしょう。それはその単語をまだ習ったことがない、、、ということだけではなくて、習ったのだけど、本当の発音に慣れていない、、、ということでしょう。例えば、SONGの発音を日本人はこれまでソングだと思ってきましたが、実際はサングです。ネイティブメソッドを実践すると、本当の音が、そのまま聞こえていますから、SONGという簡単な単語でさえ、「え、サングって何?」と、混乱してしまいます。   聞き取りのコツ どうしたらよいか 聞き取りのコツは、分からない部分があっても、そこであわてず、とりあえずは、聞き流すことです。あれ、分からない、、、とその部分にこだわってしまうと、その後に続く部分も分からなくなります。日本語の例で考えてみましょう。聞いたことのない動詞「ばけぶる」という単語が出てきたとします(勝手につくった造語です)。 「コーヒーに、ばけぶるのに、牛乳にしますか、クリームにしますか」  …

学ぶことのコツを剣道で学ぶ+いっこく堂VSカズ対決

昨晩は、待ちに待った剣道の稽古だった。GW大学の剣道クラブに入門したのだけど、それにしても、入門した?という大げさな感覚がない。ぐぐったら、たまたま近所でやっていた。GW大学の体育用施設(ジョージタウン)に愛車をのりつけて、校門のとこにとめる。用務員さんが、そこ止めていいよとか言ってくれる。夜なので無料だ。 半分以上が初心者なので、基礎的なことを教えている段階だ。なんと、私も、おもわず簡単なことだが教えてしまっているのでした。25年ぶりでまだ2回しかやっていないので、遠慮しながらだが。 筋のよいの若者がいる。打つタイミングと体重の移動が絶妙で、面の瞬間に、最大のインパクトを加えているのをみて感心したので、ほめた。うまくできているときに、それを理由とともに伝えると非常に喜んでいた。 最大のインパクトというと、打撃の強さととられてしまうので言い直す。大切なのは、いかに、次のステップにスムーズにつながるかということじゃないかと思う。面の瞬間、そして次の瞬間に、スムーズにつながっている。まるで体重の移動と竹刀の移動が完全に一致しているかのように。 そうでないと、面をとれなかったときの次の瞬間の対応に支障がでてくるのじゃないかと思う。 これは英語喉のライフサイクルとか、ギターにおけるアドリブにも通じるものがある。 ただ、メ~ンと言って、かけぬけていった最後で振り向くときに、彼は気合が抜けていたので、それを指摘したら、すぐに直った。気合が抜けていると、剣道っぽくないのだ。礼儀のようでもあるし、また、実際、うしろから切られてしまう可能性もあるのだから、気合を保つのは理にかなっている。 体が非常にかたい若者もいる。しかし、よく見てみると原因がある。それを探してやろうと、私はやつを懸命に見ていたのだが、問題点は、右足(前足ともいえる)のかかとがういたままになっていたことだ。左足のほうは、かかとを浮かしておくものだが、右足のほうは、平らにしておかないと、非常に動きにくいし、体全体が力む。面をするときの一連の動きのライフサイクルがスムーズでなくなる、、、という言い方もできる。 それを指摘したら、まあまあ、よくなった。 さて、私には一番楽しいと思われる「じげいこ」で、日本人の強者と練習することができた。本当にありがたい。私の頭のなかでは、スパンと面をとるのは、物理的、距離的に不可能であるという結論がでているはずだ。しかし、彼は、スパンと私から面をとってしまう。 え~、ありえない。 そこで一体、なぜそんなのが可能なのか? 思い切って練習のあとに聞いてみた。この、聞くというのが大切なのではないかと思う。聞かずに相手から見て学ぶというのは、不可能だ。というのは、体の表面の視覚的情報からは、精神のもちかた、考え方、体のリラックス度などが、分からないからだ。 ちょうど音声学者が、外から見た口の形に頼って音を分類したのはよいが、日本人が英語を勉強するうえで、機能的な知識を提供できていないのに似ている。 相手の考えていることを読んでいるそうだ。 う~ん、これは私はやっていなかった。今度はこれをやってみるぞ、、、と考えると、試したくて試したくてたまらなくなる。 今度の練習は日曜日だ。 相手の考えていることを読む、、、、一体どうやって読むのか分かりにくいが、とにかくやってみよう。 今回の練習でためしたのは、とりあえず、相手をぶったおすぞ~という精神で向かうこと(3箇所を狙うというより)、プラス、疲労のコントロールだ。思ったのだが、自分でエネルギーをセーブするというのもあるが、相手に疲れさせるというのもあるのだけど、これは気迫のように思える。 相手の気迫が強いと、思わず、とにかく、出ないといけないとあせり、出てしまうが、とんで火にいる夏の虫状態だ。 相手をぶったおすぞ~と思って戦うと、自然と視線が相手の目線と一致した。大学生のリーダーはものすごい目で俺をにらみつけていることに気づいた。なるほど、これは、意識しなくても、相手の目を見る、心を読む、相手の体全体の総合的な動きに対応できる、、、ということにつながるかもしれない、、、、と今、書いていて思う(中学高校のとき、私は一体相手の何を見て、剣道をしていたのだろうか、、、???相手を見ているようで見ていなかったのかもしれない。) 強い相手、自分よりもできる相手に、聞いてみるというのは、やはり学びの王道じゃないかと思う。 小学校のときに、とにかく手をあげて質問をせよ、、、というスタイルの先生だった。しかし、中学、高校となると、何を聞いていいか分からないという状態で、大学となると、なにがなんだか分からない状態だった(何を聞いていいか分からないし、また聞いたらいけないような雰囲気)。 日本の英語教育においては、英語喉をやっていない人が多いので、実際には英語が聞けない、発音できない、喋れない人たちが、英語の学習法を発信している。これは、非常に、理にかなっていない。 日本人独自の学習法、、、というのではなく、箱の外に出て(THINK…

発音できるとリスニングができるという言い方に3つめの意味があったとは

次回の英語喉ライブは 日本時間 10月15日(土)夜8:30~9:30 米国東部時間では同日 朝7:30~8:30 (その直後に用事があるので、さくっと終わります) テーマは、また決まり次第、お知らせします。 さて、これはさきほど、ニューヨークのKENJIさんとSKYPEでのインタビューです。KENJIさん、英語喉で留学生活は大成功だったようです! [audio:http://nippondream.com/file/rec_kj_13_Oct_2011_19_50_25.mp3|titles=rec_kj_13_Oct_2011_19_50_25] 直リンはここをクリック。 この土曜日に教えてあげる約束をしている日本人が、「いや、しかし、発音ができたらリスニングができるという理屈が分からない」とおっしゃったので、その人の感性がするどいと思った。 正確には、英語喉的には、「発音ができるとリスニングができる」というのは、天満さんもよく書いてらっしゃるように、自分で出せる音は、その音の特徴をよく自分でも分かるのだから、聞くときも当然分かりやすいだろうということだ。 しかし、私は、ロシア語だろうとフランス語だろうと、発音のことは勉強していなくても音としては聞き取れているので、厳密には、ちょっと違うのかもしれない。厳密には、音の音色の核が喉の奥の響き方で決定付けられているということを知って聞くと、これまで聞いていなかった部分が聞こえてくるということだろう。 そのときに、実際に言ってみると、納得がくるということだろう。 しかし発音できていても、自分のやっていることが頭で認識されていないと聞き取りはできるようにならない。 実は、英語喉以前のその言い方が、セールズのひとつの方法だとばかり私は思い込んでいた。 体育の先生が昔、速く走るためには手を速くふれと言ったのだが、それと一緒。 単なるうたい文句じゃないかと。 だって、発音ってのは人間は誰でも声が出せるので、練習している気分になれる。何か、暗記したり、繰り返したりすることに、かこつけないと、教材になりにくい。動的なもの、ダイナミックなものを、線的、字で表象可能なものに変えないと、本になりにくい。 だから、がんばれとか、繰り返しが大切だとか言っているのだと思い込んでいた。 しかし、もしかしたら、この見方は、違っていたのかもしれない。 私を含め、いわゆる英語が元々できたほうの人は、そもそも、最初に英単語を覚える時点で発音を覚えている。 しかし、そうでない人はカタカナで覚えている???? だから例えばLIKEという単語は、私は中学校のときからL-AI-Kとして暗記している。LA-I-KUじゃなくて。発音はネイティブと同じじゃなかったとしても、いちおうL-AI-Kだとして覚えている。 しかし、普通の人は、LIKEはライクと覚えているのではないか?そして、そのライクというのを実はL-AI-Kだよ、、、と覚えなおすのが、発音の勉強と認識しているということなのかな。 自分自身は、当たり前のようにLIKEはL-AI-Kと最初から勉強していたために(ラジオ英語会話の影響だろう)、そのようなプロセスがありえるとは想像もしていなかった。 私は、LIKEはL-AI-Kだというのをまず知っていて、そこから正しい音のLは何かとかを追求するのが発音を勉強することだと思っていたのである。 しかし、LIKEをライクと覚え、またあとでそれはL-AI-Kだと勉強し、そこからまた個々の音を勉強するとなると、時間がいくらあっても足りない。勉強量が気が遠くなるほど必要となる。やはり最初に勉強するときに、正しい発音を英語喉で身につけると早いだろう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.