Skip to toolbar

単数形と複数形

嫁が、家に鍵を忘れて、メッセージで、KEYSが家のテーブルの上にあるか見てくれと言ってきた。英語では

Keys

と言う風に複数形だった。

なかったので、I don’t find itと書いた。複数形で聞かれたものの、イメージ的に単数だと感じたから。

その後、たくさんの鍵がついたキーホールーダーを発見して、

I found themと複数形で書いた。

これは正しかったのだろうか。

皆さんはどう思われますか?

Related Articles

テラカオさん 機関銃英語やってみてくださいよ

テラカオさん(TERRACAO)のBLOGを読んだら、ある日本の女の子が英語のスピーチを読んでるところをさして、言っていることが全然分からないと嘆いてらっしゃった。ここ。 http://d.hatena.ne.jp/terracao/20091124/1259036050 どれどれと思い、私自身が実際のそのスピーチを聞いてみたら、数箇所分かりにくいところがあっただけで、ほとんど分かったし、その中にある冗談も結構笑えた。 テラカオさんとしては、ご自分が聞いて、聞き取りができないから、この女の子のやっている英語指導法は問題がありますという方向で議論されている。 私がその女の子のスピーチが聞き取れたのは、3ビートを聞いているからである。音がややこもっているのと、ぎりぎりアクビエリア発音っぽいのだが、声が上ずっているところがあるので、聞きにくいことは確かであるが、3ビートさえ聞いていれば、分かる英語だ。 そもそも私が日常英語をアメリカの職場で使っていて、電話などで、どちらかというと音が悪かったりすることもあるが、英語が聴き取れるのは、3ビートを聞いているからだ。同僚はアメリカ人だけじゃないので、色んなナマリがあるが、それでも英語が100%聴き取れるのは、英語喉方式で聞いているからだ。 テラカオさんは、この女の子の英語が異常に速い、速すぎると思われているが、そんなことはない。それはシラブルを機軸として聞いておられないからだろう。 例えば THIS IS A PEN. をテラカオさんは thisisapen と聞いておられるのではないだろうか。そうするならば、ものすごい速い流れだ。音がこれでもかこれでもかと流れてくる。10個以上の音がありそうだ。 しかし、英語喉、あるいは機関銃英語をやるならば、音の塊ごとに聞ける。 THIS SIZ ZAP PEN と聞こえるのである。たった4つのヒラガナみたいなもんだ。 すると、機関銃のように聞こえていた英語が、とたんに、のろまな英語になるのである。 だから、一番、驚いたのは、てらかおさんが、この女の子の英語が速いと思われたことだ。普通のスピードに聞こえるのだが。確かに録音の音は悪い。 NKJMさんが、機関銃英語のアマゾンレビューのなかで言われていることを思い出したので、引用する。英語喉メソッドで急に英語がゆっくり聞こえ出した瞬間をたとえをもちいて説明されている。 「変なたとえ話ですけど、「とーぅ…

この表現は使える 英語喉表現講座

英語喉表現講座というのもあっていいと思いました。  How come … はどうして?という表現ですが、なんにでも使えます。意味を本当に知りたい、なぜ?という意味ではなくても使えますよ。 How come you are here? え、なんでここにいるん?(おどろきをあらわしている感じ) How come there is so much traffic? あれええ、交通渋滞はげしすぎるわあ、なんでやねん(いきどおりをあらわしている感じ) とりあえず、とにかくHow comeといっておいて、、、それから言うことを考えるというぐらいの、のりでもいいと思いますよ、、、 例えば How come … I didn’t…

メタ言語要素の重要性

まずは、ぽちっとお願いします。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html さて、うちに今、広島の父と母が来ていますが、英語に挑戦しています。今日は、義理の父と母(=アメリカ人)に会ったのですが、そのときに、一つ気づいたことです。 母が、英語が通じているのにもかかわらず、途中でとまってしまうのです。まるで、相手に通じていないから躊躇して途中で止まってしまうような感じです。 原因は、日本語のコミュニケーションにおいては、相手がうんうんとうなずいてくれるのに対し、英語では、そうならないので、そこで問題が生じているようでした。 つまり、通じている英語を話しているので、そのまま話つづければいいのに、相手が、うんうんというかんじでうなづかないので、不安になって、言葉がとまり気味になってしまうのです。 英語では、どちらかというと、トランシーバーのような会話が普通であり、ある程度喋ったところで、相手が反応してくれるのが普通です。これは、kazy氏が言っていましたね。 日本語の会話はこんな感じです。 だからね、(相手、うん) 昨日ね(相手、うん)、 私がね(相手、うん) という感じです。 英語では、昨日私は映画にいったんですよ~、、ぐらいのかたまりではじめて、相手が、うん、へえ~という感じ。 日本語と英語のメタ言語要素の違いです。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.