Skip to toolbar

英語喉原理主義の薦め (聞けて言えるが最初)

喉セミナーご希望のかたは、メールくださいね。

さて、さっき、自動車でスペイン語のCNNを聞いてびっくり。言っている単語のほとんどが理解できる。音が聞けるのは当たり前だけど、意味までだいたい分かった。それも麻薬取締りに関する会議のニュースで硬派な内容だが、理解できた。

文法は勉強していないし、語彙も別に勉強していない。そもそも辞書も所有していない。引越ししている間になくなってしまった。

しかし、毎日、アパートの掃除をしている人、カフェテリアのレジ係りの人とスペイン語をちょっとづつ喋っている。それだけだ。なのに、CNNを聞いて音が聞けるどころか、理解さえできてしまうのだ。

気づいてみると、耳に入ってくるスペイン語のニュースの半分ぐらいは英語の語彙にとても似ている。そしてその半分?が日本語でも使われている外来語だ。例えば、麻薬は英語ではドラッグだが、スペイン語ではドロガである。さらに、ニュースで使われている単語で、英語の語彙に似ていない単語は、日常、私が使っている簡単な単語と同じだ。

毎日、単純な会話をしていると、単純な動詞などの使いまわしがネイティブの使いまわしに近づいていくのだろう。同時に、英語の単語に似ているスペイン語の単語も、なぜかすんなり聞こえてくる。英語でドラッグという単語を知っていれば、スペイン語に慣れてくると、ドロガと聞いたとき、なんとなく分かってくるのだ。

だから、なぜ私がスペイン語がわかるのかには、ちゃんとしたメカニズムがあるのである。

特に近年、スペイン語がみるみる上達したのは、3,4年前に大家さんが、エルサルバドルに人だったからだが、スペイン語しか喋れないおばあさんとかと一緒にしゃべったり、テレビを見ていたからだ。その間、辞書も文法書も所有していなかった。

やっていたのは、聞いたことを元に、文法を頭のなかで、使える形で構築していたのである。

このやりかたこそが、英語喉原理主義である。MASAさんが、実践しているのと同じだ。

今、ちょこっとスペイン語でアドリブしてみました。スペイン語学習語りながら、自分で音声UPしないのは変なので(間違いがあるけどプロじゃないから許してね、、、車の中でというときENTROと言ってしまった、、、~の中ではDENTROが正しい、、、他にもあると思うが)。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_14_2011d.MP3|titles=kaz_09_14_2011d]

直リンの場合はここをクリック

皆さんのなかで、このやりかたに踏み切れていない人は、今日からでも始めてほしい。英語を実際にネイティブと喋るのである。とりあえずはSKYPEをインストールしよう。私はそもそも大学のときから、やっていたことだ。当時はネットはなかったが、留学生がたくさんいた。当たり前のように英語を喋っていたのである。

先日、有料で教えさせてもらったが、その後、ボランティア的にフォローアップしているかたに、英語喋ってみましょうかと言って、最初に出てきた英語が、3ビートをあまり意識していない英語だった。

そこで理由を聞いてみると、とにかく英語を速く喋らないという焦燥感があるということだった。私も経験がある。口発音時代は、ネイティブが速く喋っているという勘違いをしていたので、私も速く喋らないといけないと思っていた。

しかし、それ以上の理由があるのではないか?発音、聞き取りがまだ定着していない場合、頼るものは、本の知識だ。語彙とか、文法だ。頭の中でまず考えて、それを言い出す、、、という感じで、アドリブ英語になっていない。その場合、速く言ってしまうのではなかろうか?

ゆっくり、その場、その場で単語をつなげるのが本当の英語だ。アドリブ英語である。ただし、ひとつひとつつなげていくからといって、音がぶつぎりになってはいけない。

しかし、ゆっくり単語を出していくのである。この練習は、ネイティブと実際に話すという経験に基づいてのみ、身につけられるものである。

文法、語彙、熟語のいわゆる「勉強」をしている人には、逆に、このアドリブ英語は喋りにくくなると思われる節がある。それは、そういう勉強をしていると、どうしても頭のなかでいったん、言うことを決定してから、それを読み出す、、、頭のイメージで読み出すということになるから、ものすごい緊張するし、発音どころではなくなる。内容も硬くなりがちだ。

これで外国人と心と心のコミュニケーションは難しいのである。

もちろん、文法、語彙、熟語などの勉強は大切だが、やりかたが肝心だ。すでに基本は中学、高校でやっているのであるから、やり直すような文法はない。やり直さなければいけないような難しい文法はないと思う。

難しげに聞こえるニュースの英語だって、あれは、単にWHENとかIFとかBECAUSEとかの節によって、文が長くなっているだけで、文法的には単純だ。単純じゃないと、聞いていて分からなくなる。

勉強の仕方は、あたって砕けろ式が望ましい。とにかく、ネイティブと話してみる。相手が日本語を勉強しているのなら、日本語になったっていいのだから、英語が完全でなくてもよいのだ。

そして、喉発音で心で通じてみる。言語以前の段階として、この人は同じ人間だというレベルに立つのである。

MASAさんがお店でドイツ人の客と話したというエピソードがMASA日記にはあるが、あのときMASAさんは、語彙だとか文法だとか、難しいことは考えていなかったはずだ。しかし、心が通じたのであろう。

そしてネイティブと話そうとするなかで、分からなかった単語、使ってみたい単語、、、というのを覚えていく。

もちろん、そういうことをしていると、勉強したくなってくるから、そのやる気でもってTOEICの勉強をするのはすばらしいことだ。心理統計学の専門家としては、ベネッセ社のGTECも薦めたい。発音のスコアもでる(!)。

さて、以下はラジオを私が聴きながら、私がこれは使えるかも?と思った表現をピックアップして解説するというポッドキャスト、ノドキャストである。うまくいったかどうか分からないが、とりあえず、UPしてみました。

通勤途中にアドリブでやっているので、役立つかどうか不安だが、ひとつでも聞いてみてください。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_14_2011a.MP3|titles=kaz_09_14_2011a]

直リンの場合はここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_14_2011b.MP3|titles=kaz_09_14_2011b]

直リンの場合はここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_14_2011c.MP3|titles=kaz_09_14_2011c]

直リンの場合はここをクリック

Related Articles

フリーウェイでパンクして、経験したアメリカ人の親切

昨日、フリーウェイを走っていたら、急に目の前に人の頭ぐらいの穴が出現し、タイヤを飲まれたと思ったら、数秒で、パンクしたと感覚的に分かったので、路肩に停車したのだが、私の前には、すでに同じ穴でパンクした3台の車があった。 パトカーも止まってくれた。 パンクした経験がないので、どうしようかと戸惑っていたら、警察官が、やさしく、スペアタイアの使いかたを教えてくれたので、実行。ちょっと恥ずかしかったが、でも、実際、今までパンクしたことがなかったので、よくわからんかったのだ。 ちょっととまどっていたら、ポリスが、わしがやったると言って、世話を焼いてくれた。どうも、車体をあげる道具(名前忘れた)が、うまく作動しない。すると、前の自動車の世話をしていた、道路整備士みたいな人が、本格的なのを持ってきてくれて、今度は彼が黙々とスペアタイアをつけてくれた。 ちょうど、大雪でフリーウェイには、作業員がたくさんいたので、助かった。 さら、スペアタイアが空気が足りないということだったのだが、今度は、CVSというコンビニの善意活動員(サマタリアン)のバンのおっさんが(すでに、他の自動車を助けていたのだが)、助けてくれた。これまた、本格的な空気ポンプで。 善意でわざとこの大雪の時期、人助けにバンでうろうろしているのが、サマタリアンである。本当に、感謝したい。 その間、いや、ものすごい親切な人たちだなあ、、、アメリカって、こんなに前から親切だったのか、、、口発音時代には、全然、分からなかった、、、とちょっと感動した。 あ、今考えたら、警官は白人で、その他は黒人だったけど、自分のなかに、ただの人達という感覚があるのに気がついた。口発音時代は、黒人は黒人、白人は白人みたいな感覚があったのだが、今は、同じ共同体に住む人達という感覚で私はアメリカ人に接している。 道路の穴はポットホールと呼ぶみたいだ。POT HOLEと書く(1語かもしれない)。ジーナがTの発音が聞こえないといったのだが、それにしても、Tはスウィングだけだから、舌が付くまでだと思うのだが、そうするとTが聞こえにくくなるんだが、どうしたものか。 スペアタイアのことは、ドーナッツと呼ぶ(DONUT)とジーナが教えてくれたが、本当に、ドーナッツみたいに見える。 帰宅して、自動車保険会社に電話したら(GEICOだ)、怪我はしなかったか?とか、非常に親切な言葉をかけてくれて、さらに、敏速に、対応してくれて、翌日の9時に、修理工まで予約してくれた(今朝すでに行ってきた)。 これも喉発音だから、この人の誠意などを大きく感じることができたような気がする。口発音時代は、だまされてはいけない?みたいな感覚があるので、聞いたことをよく確認のため繰り返していたのだが、それが逆に相手に、「馬鹿にしている」みたいな、感覚を与えていた可能性がある。 GEICOのコマーシャルだと、とっても簡単な自動車保険ということで売っているのだが、うん、確かに、非常に簡単だった。でも英語が分かるからかもしれない。 喉で喋っていると、本当に、日本で日本人と話しているのと同じで、相手と波長がよく合う。 今朝は、朝早く、その修理工場に行ってきたのだけど、3人ぐらいの人に接したが、どの人もものすごく親切に思えた。私自身も、その人たちと波長を合わせて話すことができたような気がする。そこを去るときに、レンタカーの受付の人が、すでに名前を覚えていてくれて、BYE KAZと言った。うーん、アメリカよ、どうして、いつのまにかそんなに親切になったのか(というか、喉発音で私自身の世界が変わったのである、、)。 自動車保険がカバーしてくれるのだが、それでも、DUDUCTABLEとして(スペルがわからん)5万円は払わないといけないようだ。うーん、穴があって、そこにタイヤが落ちて5万円は痛い。 それにしても、昨日から、非常に人々が親切だし、今日のサービスもよい。 日本の食堂に入った瞬間、いらっしゃーい、って感じのサービスが日本のサービスだと思うが、それと同じようなノリのサービスを私は感じた。 でも、これは私が喉で対応しているからかもしれないなと思った。 本当に信じられない。 私は口発音時代、アメリカ人はみずくさい、日本人には興味がない、、、サービス、対応が悪いと思い込んでいたからだ。 大昔、アメリカ人のスチュワーデスは絶対あやまらない、、、みたいなことを日本人の誰かが言っていた(それは、日本人の口発音に対して、緊張してしまうからではないだろうか?)。日本人と同じで周りの人に、気を使っていると思う。ものすごく。…

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。 しかし、それが現実かもしれませんね。 それにしても、この道場には日本人の有段者が3人もおられまして、練習するたびに、学びがあるので、やめられません。昨日も、面を打つと、その有段者のかたが、たったご自分の竹刀を3センチ動かしただけで(そのくらいミニマムに思えました)、面をよけてしまわれるのです。すると、思うわけです。じゃ、どうやって面をとるのか?と。 自分はこんなにエネルギーを使って面を打ち込んでいるのに(カロリーに換算すると10ぐらい?)、ちょこっと竹刀を動かしただけで(カロリー計算にすると0.00001ぐらいか~)、私の攻撃が無になってしまう~~。 さらに、有段者の気迫がすごい。喉発音による、ものすごい声で気合がはいります。練習の支持も喉発音的に、日本語で支持が出るのですが、実際、何を言っていおられるのかわからないので(日本語を喉発音するとわかりにくい)、まわりを見渡して、あ、今は切り返しだなと分かる。 剣道をやっていると、喉発音が普通になってきていて、今、実際、油断していていも、英語がネイティブみたいです。 ちょっと喋ってみましょうか?実際、正直なところ、こんなにかっこよくていいの?OK?って感じです。喉が開いたままだから、次に言う単語が思いつかなくても、そこで息、音が切れない、、、だから、ネイティブ独特の響きが継続できるってことだと思います。まだ、剣道をやっているときの、気迫、かっこよさを日常生活でもおもわず雰囲気を継続してしまうのか~。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_10_17_2011.mp3|titles=kaz_10_17_2011] 直りんはここをクリック。 特に、アメリカ生まれの中国人、韓国人が学生メンバーで彼等の声のかっこよさを俺も再現したいと、思ってしまうのでした。 すでに披露しましたが、英語喉LIVEで日本人参加者の英語が甲高くなっていたら、口発音警報を流しますよ~~。 [audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning] 直りんはここをクリック。 さて、週末に敢行した英語喉セミナーの成果を音声でお伝えします。参加者の皆さん、ありがとうございました。 まず、4人の皆さんとのボランティアクラスです。 指導前 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before2.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before2] 直りんはここをクリック。 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before] 直りんはここをクリック。 指導後 ラジオの音声を聞いてもらったあとでの、聞こえ具合に関する感想 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_tv.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_tv] 直りんはここをクリック。 指導後の実際の英語発音(やっぱり違いますね~~~。特に奥さんの英語が全然違う!)…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.