日本人に一番合った学習法 by 斎藤 兆史氏

日本人に一番合った学習法

https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%B8%80%E7%95%AA%E5%90%88%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%B3%95%E2%80%95%E5%85%88%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%80%8C%E5%9B%9B%E3%80%87%E3%80%87%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%9F%A5%E6%81%B5%E3%80%8D-%E6%96%8E%E8%97%A4-%E5%85%86%E5%8F%B2/dp/4396500734

斎藤 兆史氏の著作だが、明治時代の英語の達人と呼ばれた人がいかに、英語を読み込むやりかたでマスターしたかということを伝える本なのですが、その人たち自身は、会話などの練習もしたかもしれませんが、そういうことではなくて、懸命に読んだから英語ができるようになったのだと斉藤さんが主張する本です。

したがって、現代の人もちゃらちゃらした英会話よりも、読むことを頑張ろうということを主張されています。

読むことだけでなく文法をしっかりやるということも書いておられたと思います。

さらに、明治の英語の達人でも日本語を忘れてしまった津田梅子やジョン万次郎は、好ましくないと斉藤先生は示唆されていて、現代人もまず日本語をしっかりしてから英語をやったほうがいいということです。

この本の問題点としては、会話練習と英語の本を読むことを実践して、結果として英語ができるようになった場合、本を読むことのほうが大切だったと斉藤氏が決定してしまう点です。

強引に思えます。

例えば、英語の達人として登場する明治の人で留学をした人をとらえて、本を読んで必死に練習したからだと結論づけます。が、留学で会話なども役立ったのかもしれません。
日本語がしっかりしていたら英語も上手になるという点も、どうなのでしょうか?これはなんらかの研究があるといいと思いました。

以下は単なる意見です。

特に日本語は国語・標準語が方言と違います。田舎者の場合、方言に加えて、国語を勉強します。母語である方言での表現能力が英語に関連しているということであれば、頭の良さが英語力に関係するというのはありそうですが、地方の小学生なら、勉強中の国語の力が英語力に関係するのかな、、???

国語力がしっかりするほど、英語文法をアドリブで使う力がなくなってくるのではないかなと思います。発想法が国語的、標準語的になってくるからです。
80ページあたりで、日本人が英語をやっても、ある程度年齢がいっているから学んだ英語ではネイティブと平等な立場に立てないと主張されています。

ところが、これもまた私の観察ですが、2016年の現在では英語をネイティブのように操る日本人はそれなりにいて、実際、自分自身も米国の民間企業で普通に英語を使っていますが、普通に平等な立場になっています。

2016年の今ではネイティブのように英語を話す日本人がそれなりに出ています。西日本人が多い傾向にあると思います。

日本人以外のノンネイティブでいうと、アメリカ社会だと中国人、韓国人、その他のノンネイティブが普通にネイティブのように英語を使っています。

なまりはあるでしょうが、2016年の現在、中国人などはネイティブのようなアクセントで話す人が結構います。

YOUTUBEの時代です。

英語喉で発音、聞き取りから始めれば普通にネイティブレベルに近づいていくことでしょう。

さて最後に臨界期説と言うのが出てきて、13歳ぐらいまでに外国語を始めていないと、マスターは難しいという説ですが、実際に研究があるのでしょうか?研究があるものだと皆が思っているだけではないかな。

実際に、実験は倫理的に不可能ですから、証明不可能のように思います。

研究文献を見てみたいものです。

Related Articles

「純ジャパの僕が10か国語を話せた世界一シンプルな外国語勉強法」

Yohei Akiyama さんの新著「世界一シンプルな外国語勉強法」をゲットしました。アマゾン(日本)で頼んで3日で米国に届きました。 新しい言語を学ぶときに、自分が感覚的にまず知りたい表現があります。それは英語で言いますと、I am going toにあたる表現とか、Let’s ~~にあたる表現です。なぜかというと、それらを覚えておくと、動詞を活用させずに使うことができて、広く応用できるからです。私はスペイン語やフランス語を勉強するときに、まずそれらを押さえました。 私の考え方と秋山さん考え方は非常に似ています。まずは、シンプルにせめて、とりあえず、おぼれないように犬かきをする(これは秋山さんの表現)、、まずはそこまで行くことが大切なのです。 本に出ているその犬かき用の単語リストが参考になります。 犬かき用表現リストも載っています。 この二つのリストがあることが絶妙です。私にとっては、「表現リスト」のほうに思い入れがあります。 リストには、とりあえず英単語と日本語訳が書いてありますが、フランス語会話を練習中の私としては、それらの単語をフランス語で知っているかを自分で確認するのです。 語学学習とはそういうものです。自分でやるんです。 秋山さんに関してもう一つユニークな点があります。それはYOUTUBEなどで実際にそれらの言語を話されているということです。 私自身も英語の発音に関して英語喉というapproachを提唱しておりますので、当然、英語で普段から発信しています。 また、「英語の勘1」ではTHEの使い方などを説いているわけですから、当然、それをつかってYOUTUBEなどで発信していますし、毎朝、ついきゃすでCNNを聞きながら、語彙を解説しています。 できているから、こうしてやっていますよと、手の内を見せているわけです。 秋山さんはフランス語のテストを受けて、文法の点がほとんどゼロだったのに、聞き取りと読みは結果が良かったそうです。 これは分かります。聞いて理解するのに、文法はそれほど重要ではありません。なぜなら、言っているほうはnativeですので正しい文法で単語を発射してきますが、聞いているほうは、単語と単語の関係を理解するというよりも、単語自体の意味が理解できればだいたいいいからです。 例えばISの意味はISであり、それ以外ではありませんから、別に文のどこに来ても同じことです。 「犬かきの単語リスト」ですが、自分はスペイン語で知っているかなと思って読んでみましたが、ほとんど知っていました。フラ語ではかなり怪しかったです。 さて、この本を読んだ人がこのやり方を実践してうまくできるかですが、一つだけ条件があると思うんです。秋山さんがこのやりかたで成功したのは、兵庫県のご出身だからだと思うんです。秋山さんは声が深いので、外国語の音も正しく聞き取っているのだと思います。声が甲高い人は、まず声を柔軟にして、立体的な発声を練習する、、、そうすることで、犬かきの単語のどれを言っても相手に通じるという状態が生まれますし、また聞き取りもしやすくなります。 英語喉で喉をリラックスさせましょう。 秋山さんの新著、参考になると思います! 最後に、英語以外の外国語を修得するといいですよ。英語で発信しても、私のようなオッサンの場合、そんなに反応がないんですけど、スペイン語で動画をつくるとコメントがどんどんつきます。たぶん、スペイン語を話す日本人が少ないからじゃないかなと思います。

VOICYの対談、インタビューこうして録音しています

去年(2019)の春から、VOICYでポッドキャストをしています。もっぱらゲストを招いて、インタビューや対談をしています。 https://voicy.jp/channel/834/ どのようにして録音をしているかを紹介したいと思います。VOICYの録音の仕方を解説するために、以下を書いたものの、YOUTUBE動画をつくるときも、この設定のままでやっています。 揃えるものは、 コンピュータ(ZOOMを使います) iPad (これにVOICYの録音用アプリを入れています) コンピュータとマイクをつなぐインターフェースで、製品名はScarlett Solo。これも音に少しだけ関係してくると思います(少しと書きましたが、以前違うものを使っていて、少しだけ音声が違いました)。 マイクはコンデンサーマイクを使っています。10年以上使っていますが、びくともしません。壊れたら同じ製品を買いたいです。RODE ロード / NT1A コンデンサーマイクが名前です。言葉では言いにくいですが、なんとなく、中間ぐらいの音程が全面に出てくるような気がします。意味のないホワイトノイズは入らないのがすごいです(マイクによっては、サ~~~~という音がするものがあります。)。 もう一つ大切なのは、iPADにラインを入れる際にこのコネクターがいります。日本アマゾンにはありませんでした。下の写真の白いコネクターの部分がそれです。 さてZOOMというのはSKYPEの親戚のようなオンライン通話用のサービスです。対談相手に対して、トークの予約を入れる機能があるので、使い勝手が良いです。つまり、誰かと話をする約束をしたとしますと、ZOOMで予約をします。正確には、ZOOMで会議の予約をして、その知らせをGOOGLEカレンダーを通じて、相手に送れるようになっています。簡単です。 私は猛烈な勢いで、連日、インタビュー番組を作っていますが、ZOOMだと会議の予約をしやすいので、可能となっています。 さて、上で紹介したように、コンピュータとiPadをつないでくれるのが、Scarlett のソロ(ソロと呼びますね)というインターフェースです。なんと1)コンピュータとつなぐ+2)iPadにつなぐ+3)マイクをつなぐ、、で、完成です。 詳しく書きますと、 コンピュータとソロはソロ付属のケーブルでつなぎます(これで電源がはいるのと、音がつながります)。ソロと録音アプリの入っているiPADはソロのバックパネルのジャックを通じてつなげますが、その際に、上で紹介した白のコネクターがいります。iPADにライン録音する際に必要なコネクターです。プラス、ギター用のと同じケーブルがいります(TRSと呼ばれているでしょうか)。 マイクはソロのフロントパネルのジャックにつなげます。マイクとソロの間にはXLRのケーブルがいりますね。 以上で、私の声はマイクからソロに行き、そこから(バックパネルのジャックを通じて)iPADのVOICY録音用アプリに行きます。 相手の声は、コンピュータ上のZOOMから、ソロに行き、そこからiPADへと行きます。実は、これができるということを知りませんでした(理論的には、これが可能であることは気が付きにくいと思います)。たまたま、やってみたら、ちゃんと録音できていました。 さて、予約の時間が来たら、ZOOMで話しますが、相手の声の音量はコンピュータ上の音声を上下することで調整します。自分の声はソロのつまみで調整します。 さて、ソロですが、これはVOICY録音用のためだけでなく、YOUTUBEを見たりするときにも普通にインターフェースとして使えます。…

ネットラジオ的、ネットテレビ的な放送の仕方

昨日、KENJI-Yさんが、自分も放送をしてみたいということをおっしゃっていました。 ぜひ、試してみてください。いろいろな設定をしたりするのが楽しいです。きっかけは、やはりMASA氏のMASA RADIOです。また、私の世代は、ステレオ、ラジカセ、ウオークマンの世代なので、配線をしたりするのが、趣味な男子がクラスメートに多かった時代。今のようにネットがなかったので。ラジオのアースというのを地面に流したり、短波放送で、北京放送やVOAが聴けると、ぞくぞくしたものです。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ブライスさんいわく、SKYPEの会話をそのままストリーミングできるサイトがあるそうです。URLを忘れてしまいました。 私がやっているのは、USTREAMです。この場合は、PCが2台いります。 ずいぶん前に、TOEICの神埼先生と、MORITE2先生が、SKYPEで、ネットラジオをされていたのです。でMORITE2先生に、え?どうやってやっているの?と聞いたら、PC2台使うみたいですよとおっしゃりました。 それ以後、ポッドキャストの本を買ったのですが、それに、その接続方法が書いてあったのです。 Podcasting for Dummies by Tee Morris, Chuck Tomasi, and Evo Terra (WILEY)  本屋で買ったら25ドルだった。 101ページでした。実際は、私はそのとおりにはやっていませんが、アイデア的には役に立っています。 その他、音声編集ソフトの情報、MIXERなど、役に立ちました。 アメリカのアマゾンへのリンク http://www.amazon.com/Podcasting-Dummies-Tee-Morris/dp/047027557X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1328096235&sr=8-1 日本のアマゾンへのリンク…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. クールジャパンの6月放映の和製料理(うろ覚え)だったか、俳人(女性)が面白いコメントをしていた。日本語は表現の言語(to explain)、英語は伝達の言語(to communicate)であると。例示したのは、日本語では「雨」を示す語彙が400語(40語の聞き違いかも)であると。茂木氏の『最強英語脳』でも、これに類することが書かれています。例示が「ゆらぎ」だったと記憶するが、これは英語にない概念、このようなことは英語では発信しないとあった。孫引用であるが、内田樹氏も、仏語で表現できないことは、著作していないとあった。
    http://www6.nhk.or.jp/cooljapan/

    1. >日本語は表現の言語(to explain)、英語は伝達の言語(to communicate)
      私の知る限りでは『日本語は描写の言語、英語は動作の言語(動詞が中心なので)』という印象でしたが、そういう解釈もありますね。日本人はお互いにどんな人か分かっているのが前提なので(移民がいない)、より感じ方を追求する方向にいったのに対して、英語は背景の全く違う人と意思の疎通をする事がメインなのでそうなった、という事でしょうか。

      >「ゆらぎ」だったと記憶するが、これは英語にない概念、このようなことは英語では発信しない
      そういえば、無さそうですよね。『曖昧さ』を受け入れる文化は日本的ですからね。もちろん英語でも、fuzzyとかの単語はありますが。昔、日本でエアコンの機能などで『fuzzy理論』が流行った事がありましたね。

Skip to toolbar