英語喉+フィリピン留学(@松井博氏のブライチャー)で訓練したAさん 衝撃の告白

Related Articles

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp レッスン5 https://www.youtube.com/watch?v=sQFeQKZIdBY&feature=plcp レッスン6 https://www.youtube.com/watch?v=F4QpA8NTl_E&feature=plcp レッスン7 https://www.youtube.com/watch?v=xFwpUh7sbxg&feature=plcp

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い! *************************** 片岡昇 ケンセイ・メソード英語発音講座 抜粋 http://jp.youtube.com/watch?v=b2pbYqwkoc8 舌は寝転んだまま、、、というニュアンスは確かに間違ってはいないが、やはり口にこだわりながらも、ややええかげんに説明しているそのノリは非常に真実に近い。できたら、英語を話しているところを見たかった、、、。   **************************** 英語発音指導の専門家「スギーズ」先生 http://jp.youtube.com/watch?v=3zgm9RCLW0E&NR=1 I was only a kid then は7シラブルなのに、6シラブルになっている(先生、Aを忘れています、、、というか弱く読むという指導の弊害?あいまい音は弱く読むという指導はよくない。弱く読んだら聞こえないぞ!) でも結構、スムーズで英語の流動性が出ているのはアクビエリアあたりを使って発音しておられるからだろう。首の根元で同じことをやるとネイティブと同じになりますよ。 **************************** コウイチさん(ネイティブ?) http://jp.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。熱意は買う。口を気にしすぎて、音がこもっているから分かりにくくなるけど、口のコモリを無視して、喉のあたりの響きを意識して聞いてみて。Lはクリア、RはRRR(犬のうなりみたい)だということが聞き取れる。   ***************************…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川様 レッスンありがとうございました。自分の発音を聞いてみて、正直、かなり酷い発音だなと感じます。他の方もコメントして頂いておりますが、喉の低いところで発声しようと努力している典型的な日本語発音ですね。英語初級者の割には通じてしまうのを良いことに全く発音の勉強をして来なかった事を反省しております。2年位前の超初心者の時に、発音の勉強をしようとしたところ、発音を少しでも意識してしまうと全く英語が話せなくなることに気づき、それ以降発音に関する本は全く読まずに来ました。しかし、少し余裕が出てきた今ならば本気で発音の勉強を始めても良い時期なのではないかと感じております。逆に言うとほとんど発音の勉強をしていないのに通じてしまう英語喉もすごい事なのですが・・。フィリピンに行った事により、最終的にたどり着きたい英語学習のゴールがかなり高くなったのかもしれません。

    1. 発音が醜いとは全然思います。THがZになっているぐらいです。あとi_が浅いときがあります。気を付ける点は呼吸と同時に抑揚を深めるということで、外国人っぽいカリズまチックな雰囲気を醸し出していただくとよいと考えています。何を言っても通じる英語で、好感が持てます。すべての音を出していて、理解しやすいです。ごまかしがありません。

      1. この録音ファイルをフィリピンの先生に聴いてもらいました。「緊張しすぎて、いつもより話すスピードが異常に速く、そのスピードについていないから、and…ばかり言っている。上手く思われたいからか、カッコつけようとしている」との事でした。聞き直してみたら確かに、and..ばかり言っていました。大反省です。

        1. 全然思います、、、は全然思いませんの間違いでした。失礼。

    2. 一つ不思議に思ったことがあります。自分が18歳の時の英語を聞くと〈動画あり)、全然、脱落させたり、ごまかしたりしておらず、全部の音を出しています。YUZKEIさんも同じです。ところが世間では、脱落だ、変化だと言っている人が多いです。なぜなのかな?たぶん聞き取りができない人がそういうことに走るのではないかなとふと思いました。

      1. 私は、40から60代位のアジアの方々と話すために英語を勉強しているので、もしも、私の英語がネイティヴスピードになってしまうと、相手が理解できなくなってしまいます。ましてや脱落などしようものなら、相手が全く理解できません。だから、先生の18歳の時の英語は最高のお手本だと思っています。

        1. 当時は、ネットがなかったので、自分が聞いたとおり、思うとおりに英語を勉強していたので良かったと思います。

          1. あの英語こそが、日本人の英語勉強の基準値なのではないかと思っています。あの英語を基準にして全てを考えてみるのも良いと思います。

  2. 私は、40から60代位のアジアの方々と話すために英語を勉強しているので、もしも、私の英語がネイティヴスピードになってしまうと、相手が理解できなくなってしまいます。ましてや脱落などしようものなら、相手が全く理解できません。だから、先生の18歳の時の英語は最高のお手本だと思っています。