茂木健一郎氏に英語喉をやってもらう請願書(目指せ!署名5万人)

茂木健一郎氏が最近、YOUTUBEに独自のプレゼンテーションをUPされていた。聞いてみると内容は専門的な内容ではあるが、発音が日本語発音というか、標準語発音すぎて、これでは相手に伝わらないと感じた。

そこで、茂木健一郎氏に英語喉をやってもらうために請願書をここに書きたい。署名は、この記事の下のコメント欄に皆さんに、ちょこっと書いてもらうことで代わりにしたいので、ぜひ、何か書いてくださいね。拡散のほうもお願いします。

茂木健一郎様

初めまして。上川と申します。シカゴ大にて社会学の博士号を取得した後、米国の民間会社で教育プログラムの評価をやっています。9年ほど前に英語喉50のメソッドという本、方法を発表し、このアプローチは、これまで多くの人の発音と聞き取りが向上するのに役立ってきました。近年では、英語の発音は、西日本の方言話者ならば、方言の要領で首の奥を響かせると、うまく行くことが分かってきました。

問題は、茂木さんのように標準語でお育ちになった場合に、声帯を力ませて発声するという習慣がついているので、なかなか外国語の発音がしにくいということです。

本日、公開で茂木さんに伝えたいと思いましたきっかけは、茂木さんがUPされたプレゼンの動画です。

普段、英語教育に貴重な意見を発信されている茂木さんですが、茂木さんの英語は、まるで英語に標準語で「ふりがな」をふって、それを読んでいるようです。

ただし、シラブル数はだいたい気持ち的にはあっているので、通じているときもあるとは思いますが、この発音では、おそらく最初の4秒で、外国人が「聞く気持ち」を失ってしまうと思います。

シラブル数があっていないこともあります。GROUPという発音は1シラブルですが、茂木さんはGU-ROUPと発音されています。標準語風の口先発音で英語を喋ると、どうしてもシラブル数が合わず、全然オリジナルの単語と意味が違ってしまうのです。

日本語で言うと、「わさび」を「わわささびび」というと音節が違うので違う単語になってしまうのと同じです。

茂木さんは、TOEIC批判など、刺激的なクリティークを発信されていますが、この発音では、

全然、説得力がなくなってしまいます。

ところで、茂木さんは聞き取りはできているんじゃないかという気がしています。それは、ご意見のふしぶしに、これは外国人と普通に英語を話しているからこそ、出てくる視点だと、私が感じるときがあるからです。

ある意味で、この日本語、いや、日本語標準語発音で、聞き取りができておられるとすると、それはすごいことではあります。

シラブルが、ぎりぎり、合っていることが多いからだと思います。

発声さえ、喉発音にすれば、日本の人々をびっくりさせることができるでしょうし、海外の人も茂木さんの英語が理解できるようになると思います。

細かい発音自体はあまり関係ありません。ZIS IZ ZA PENでも通じますから。ギリシャ人の友人はTHEをDEで発音していますが、完全に通じています。

問題は発声です。標準語を話される人の発声です。

ずばり、茂木さんが英語を日本語風に読まれているのは、それは東京のご出身だからだと思います。母語となる東京の日本語がテンションが高く、硬い感じがする言語であり、硬い発声を英語風に柔らかくするには、意識して、外国語は響きが豊かな喉発音だと意識することが大切です。

数年前に、ワシントンDCで脳関係の会議があったときに、私の友人が、「えらくテンションの高い日本語が聞こえてきたので、誰かなと思ってみたら茂木さんだった」と言っていました。そのテンションは声帯を硬くすることで、生まれるテンションです。

TEARと発音してみてください。関東地方のご出身のかたは、TI-ARと2シラブルになってしまいます。正しくはTIRです。CHILDRENと言ってみてください。関東地方のご出身のかたは、CHILD-RENと2シラブルにならず、CHI-RU-DO-RENとなるでしょう。西日本の出身者には、こういうのは簡単にできるんです。

これは訛っているというより、間違っているのです。

なぜ西日本方言話者の発声が英語に近いかの理論的な話はこちらの動画をどうぞ。音節の中に抑揚があることが西日本方言と英語や中国語(四声で有名)と同じなのです。

そこでお願いなのですが、英語喉50のメソッドを試していただけないでしょうか?本のほうは、アマゾンよりお送りします。ご希望であれば、ボランティアにて60分の授業を提供いたします(ご連絡は k u e k a w a アット、GMAILで)。

とりあえず、私のYOUTUBEチャンネルで、レッスン1から5ぐらいまで試していただけないでしょうか?よろしくお願いします。こちらから入ることができます。

www.youtube.com/playlist?list=PLuOlMz-IBKi4iXD9bs8IZqXI7ufZhoIb8

あるいはレッスン1だけご覧になるなら

 

 

 

Related Articles

茂木健一郎氏の英語に意見した理由

茂木健一郎氏の英語に意見した理由は、日本語英語のままだと色々と不都合があるということ。 茂木さんが最近の本で、以前、私が茂木さんにTWITTER上で意見したことを取りあげてくれて、英語喉を「雑音」とした上で、自分の英語は通じているからOKという主張をされている。 確かに茂木さんの英語は通じる。ただ、以下の動画では、私は茂木さんの名前さえ聞き取れなかった、、、が全体的には確かに通じると思う。 ただ5秒に一回ぐらい、え?と思ってしまうので、最初の10秒で聴く気をなくしてしまうように思う。茂木さんが自分の名前を言っているところさえ、聞こえにくかった。 ところが、以下のTEDスピーチは分かりやすい。茂木さんは、口発音っぽいけど、シラブルの数が正しい。DREAMという単語でもDO-RI-MUといわず、DRIMと正しく言えている。 絶妙な工夫で、口発音でもシラブルを正しくされているのだ。 では、上の動画はどうして、いけていなかったのだろうか?それはたぶん、シラブル数の長い単語が続出して、それが言いにくかったのかもしれない。   茂木健一郎氏の英語は基本的に通じるということになる。 逆に、なぜ茂木さんが日本語英語なのに通じて、同じ日本語英語の人で通じない人がたくさんいるのか、、というと、それはシラブルを間違っているからだろう。 では、なぜそれをあえて喉発音を薦めるのかというと、 そうすると楽だということ。 聞き取りもできやすい。 莫大な勉強量に頼らず、聞き取りができれば、意味は確かに分からない単語があるかもしれないが、聞けるので気持ち的に楽で、勉強がしやすい。 それから、あまりにテンションが高い英語だと、社交がしにくいというのがある。 ただし、これは立場による。 もう正社員だったり、地位や、身分があれば、英語が聞こえなくても、伝わらなくても別にいいのだと思う。 でも英語喉は、必ずしもそうではない人に向けて英語ができるようにという目的を持っている。 というか、ま、誰にでもリーチしたいものです。

英語喉仮説 西日本人が英語が得意説のまとめ

英語喉仮説であるところの、「西日本人は英語が得意」説をまとめてみます。 ただ、英語喉をご存知ないかたで、「英語が下手糞なのに理屈ばかり並べおって、、」と思われたら困るので、まずは、自分の英語を晒します。 http://www.nippondream.com/file/kiso_eigo_04_27_2016.MP3 直接リンクならこちら。 それでは始めますね。 TWITTERで寺沢さんという社会言語学者のかたが、「(本当に)日本人は英語が苦手か?」などを、データ検証されているということを知り(本はここ)、それがきっかけで、以下をまとめました。 仮説1 西日本人は英語が上手になりやすい。 仮説2 東日本の人もまずは西日本方言の発声法を真似れば、英語が上達しやすくなる(あるいは東日本で英語が上手な人は、声が西日本人的)。 理由 a)西日本人は元々の方言が、英語(や諸外国語)に似て、発声位置が深い場所であるために、英語の音を聞きやすい。西日本方言は、まるで動物がほえているような感じで発声するが(例 NHK朝ドラ マッサンの広島弁)、これは英語に似ている。一方で、標準語・および東日本語は口先で硬い音を出している感じ(まさに日本語英語のような感じ)。さらに西日本人は動物がほえるように発声していることで、声が線的につながっている(これは英語話者と同じ)。注:東北弁も声がつながっているように思えますが、、。 b)シラブル構造も似ている。東日本語話者のシラブルはシラブル内での音程が平ら(ただし、シラブルごとの音程は違う、、例 「わさび」だと、「わ」の内部は音程は平坦だけど、平仮名ごとに音程が違う、、、ちなみに、広島人は国語の時間とか校内放送には、そのような読み方で朗読をする、、、そういうのが標準語だと信じているため)。 一方で、西日本方言のシラブルにおいては、英語や中国語と同じで、シラブル内に音程の変化がある。広島人が「じゃけん」と言った時の「じゃ」には、独特の音程の変化がある。さらに、西日本方言のシラブルは、中国語に似ていて、英語にもそう遠くない(広島弁の例 じゃ けん のお~)。 聞き取りをキャッチボールにたとえると、西日本人は、シラブルの内部が変化球っぽい英語ボールでも、普段つかっている方言と同じなので、シラブルのリズムつかみやすい。東日本人は、シラブルの内部で音程が変化するなどと、思ってみたこともないし、逆に、シラブルの真上にアクセントがあり、強く読んだり弱く読んだりすれば、英語が聞こえるに違いないという思い込みがあるので、そのシラブルごとの強弱、シラブルごとの音程の上下にとらわれて、英語ボールをキャッチしにくい。 これら二つの理由で、西日本人にっては、英語が聞きやすく、また発音もしやすいため、英語を比較的楽にマスターすることができる。東日本語話者も、発声法を西日本人的にすれば(とりあえず、マッサン)、英語が聞こえやすく発音しやすい。 西日本人なら全員英語ができる、、ということはありませんが、英語でコミュニケーションができる人を思い浮かべるとだいたい西日本人、、か、あるいは地方出身者。 その他、西日本の方言が英語に似ている点 c)息使い。英語は、肺から息が減るにつれて、だんだんと(株価がおちるように)、音程が落ちてくる。西日本の言語も同じ。一方で、東日本弁、特に標準語では、肺に残った息の量とは関係なく音程が激しく上下する(注 東日本全体でこれが言えるかは未確認)。勝間さんの日本語など良い例かも(音程がかなり上下します)。 西日本人にとって、英語ネイティブが喋っているときに、その息の使い方、音程の落ち方が方言と同じなので、どこで話が終わるかが分かりやすく、話しだしやすい(会話に加わりやすい)。 <電話番号を西日本人が言うと、音程がだんだんと落ちてくる。標準語の感覚では、「やる気がない」ようなオーラを発する。> d)喉の深い位置から発声していること、息も比較的多く使うことから、西日本人は声が大きい、、、という点でも英語ネイティブに似ている。声が大きいので、外人にシャイだと決め付けられにくく、国際コミュニケーションがとりやすい。 さて、微妙な問題としては、東北弁は、結構、英語的に、音がつながっているように感じること。近畿地方は、少しだけ、標準語に似ていて、音程が小刻みに上下するように思われる。また、発声法も硬い人もいる、、、が基本的には、西日本の方言に属すと考える(喉が開いている感じの人が多いため)。北海道も声に英語に似た透明感がある印象(笑う時の声で話しているイメージ)。 さて、では西日本人が全員英語が得意なのかというと、そうではないでしょうが、それは、英語教育の方法が都会で発達したために、どちらかというと東京型の認識が公教育にとりいれられており、例えば、英語の音の強弱が大切だという「言説」に基づいて、西日本人も、アクセントの位置を覚えている。実際は、方言の要領で聞いたとおり言えば済むことなのに。実際、西日本人でも英語の先生となると、甲高く、日本語っぽい英語を話してしまう人も多い。 線引きは難しいですが、もし、皆さんが、兵庫県を含む、兵庫県から西のご出身であれば、確実に喉発音ができるはず。近畿圏は、喉発音と口発音が混在している地域です。以下を試してみてください。近畿地方は、喉発音と口発音の混在が見られると思います(人による)が、その他の日本人と同じで英語が上手な人が多いです。…

ハックせよ

<後日談 以下に書いた剣道についてのコツは、実際に試してみたら全然だめでした(笑)。私は、えいやっ、と踏み込んで、相手の面に当てるとき、届かないという感覚があり、悩んでいます。が、実はある剣道の先生の説明を聞いたところによりますと、相手がむかってくる瞬間、それを狙うのだそうです。相手が向かってきているのだから、距離が短くなるそうです。これを試してみます。> この2週間、ぼけーっと過ごした。日本語から離れ、また堅苦しい思考法からも離れた。 そんなオフの時間が大切だ、、、なんてよく言うが、つきつけて考えてもやはり大切だ。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 バケーション(休暇)は大切だ。 つきつめて考える毎日のなかでは、思考が狭くなる。 ぼけーーーとしていると、え?というようなことに行き着くことがある。 今回、フロリダでは義理の父母といたのだが、義理の父とテレビでぼけ~~とボクシングを見ていた。 そこで、ついに私は剣道をハックするにいたってしまった。 ハックとは、ハッキングという風にいうのだと思うけど、例えばソフトウェアなどを外側から攻撃し、いじって、中を変えてしまうことだ。よく、日本の政府のウェブサイトが、中国からのサイバー攻撃で、内容を書きかえらせたりしてしまうことがあるという。 ちょうどフロリダで読んだ新聞に、日本から今、シリコンバレーに日本人の若手企業家・コンピュータプログラマーが集まっていると書いてあって、そこで日本人が「日本ではハックすると、非難されるが、アメリカでハックすると、もっとやれといわれる」と述べていた。 そんなもんかいなあ、、、と思ったが、ハックという言葉は気に入った。英語喉はハッキングであろう。 英語の音声現象を、喉の響かせる位置と、3ビート(シラブルの構造)で、説明しきる、そして、実践をする、、、という行為。これはハッキングに似ている。 そして、日本の英語教育では、いまだにアクセントの位置を覚えるだのどうの、、、ということで存続している。 さて、ボクシングだが、気がついたのだが、選手の左足が前に出ている。 剣道では右足が前に出ているのに。 そこで、わざと、左足を前にして、剣道の踏み込みをしてみた。 すると、なんと、新幹線が行きかうときのような、ものすごい勢いで前に進むことができた! その瞬間、私は思った。 私は剣道をハッキングした、、、と。 これまで、私は、日本人の3人の剣道メート・先生たちに踏み込みについて指導を受けてきたのだが、どうしても、実践において、面をうったあとに、が~~~んと進み続けることができなかった。 それなりに良い評価をもらった。しかし、どうしても、合格点をとれない。 そこで、ある先生は、私が怖がっているからだとおっしゃった。 しかし、これはおかしい。私は全然怖くなかったからだ。いや、本能的に、相手から自分を防御しようとして、踏み込みが足りなくなるのか、、、とも解釈した。 しかし、意識的に、相手を怖がらずに、踏み込んでも、面まではよいが、そのあとに、ず~~んと進み続けることができない。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 茂木さんは素直に英語喉やってみるべき。変なプライドに負けてネイティヴレベルになれるチャンスを逃したらもったいない。

Skip to toolbar