ANLYさんのCD「笑顔/いいの」を速攻で注文しゲット。

先週末、YOUTUBE動画で、ふと沖縄県のある島出身のANLYさんというかたの動画を発見したんです。

その動画はANLYさんの高校生時代のものらしく、数年前のものみたいです。インターネットって駄目ですね。本物にたどりつくのに時間がかかります。

ギター一本でオリジナルを歌う彼女の歌声がすごかったので、これは大変だと思い、早速、検索すると、CDがでたばかりだというので、アマゾン日本で注文したら、今日届いていました。

20160331_180254

早速聞いてみました。フルアルバムではなくて4曲ぐらい入ったものですが、素晴らしかった。

オリジナル曲は

  • 笑顔
  • いいの
  • TEACHER

で、岡村孝子さんの「夢をあきらめないで」が入っています。

あとDVDがついていましたが、まだ観ていません。

まず、動画を見た時点で思ったのは、SUPERFLY、越智志保さんのようなすごい人がもう一人登場してくれたと思いました。

CDを聞いて思ったこと。

1.曲作りがシンプルで良い。これは、アメリカのカントリーミュージックでもそうなんですが、メロディーは覚えやすくてシンプルで、ごちゃごちゃしてないんです。

2.自分の歌で、自分の経験を語っているのがよい。TEACHERという曲など、年代を超えて共感を与えそうです。

3.歌唱力が外人並み。とにかく、声がトランペットのように、切れずにつながっています。それから、音程が高いところでも、首の根元から声がでているように感じます。これは外人歌手なら普通のことで、国内でこれができているのはSUPERFLYの越智さんでしょうか。

最後の点は英語喉の観点でいきますと、越智志保さんも、このANLYさんも西(南)日本出身だからこの発声・喉発音に行きついたという面もあるのではないかと感じます。

西日本の発声についての私の動画はここをクリック

越智志保さんの歌唱の分析についてはここをクリック

皆さんもぜひ、聞いてみてください。YOUTUBE動画の曲はギター一本でのものが多く、彼女が100%でています。

ANLYさんはクラプトンを聞いていたそうです。私もクラプトンは多く聞きました。

 

Related Articles

グループワークの重要性 剣道審判セミナー通訳で学んだこと

先週末、二日間、剣道審判セミナーで通訳をしました。 プラス、空港に真夜中メキシコからの先生を迎えに行ったりもしたんです。 さて、通訳のほうですが、全体へ対するスピーチの場合、体育館の音響の関係上、場所によっては聞こえにくかったようですが、がんばりました。具体的な審判の指導は、われらの道場メンバーが試合をしつつ、それに対して、60人ぐらいの先生がたが審判の練習をされまして、それに対して、日本からいらした先生3人が審判の指導をされたのです。               一日めは一人でやっておりましたが、二日目から、もう一人、二人のかたとペアでやったんです。このことがよかったです。というのは、様々な面で、私が学べたからです。まず、最初に通訳を交代してくれた先生は、経験も長く、また上段者の先生で、訳の仕方など非常に参考になりました。例えば私は審判をジャッジと訳していたのですが、先生はレフリーをおっしゃっていて、やっぱりそっちのがよい。二人めの先生も、剣道経験豊かで、講習がすすむにつれ、内容、質問がこみいってきますが、そのあたりもよく対処されていました。私が訳し損ねた部分も、フォローしてくださりました。 もっと基本的に、声が聞こえにくい場合など指摘もできました。               なんでも人とのコラボのなかで、人から学ぶというのがいいなあと思えました。 英語喉も私とジーナのコラボだし、皆さんが、英会話をするときも、他の実践者やネイティブの人たちとのコラボですよね。 通訳のさい、訳す部分が長くなってしまった場合、忘れてしまうので、緊張します。短い場合は、自信をもって大きな声で発声することができました。 先生がたのほうも、そのタイミングを合わせてくださり、助かりました。 剣道の審判指導の先生がおっしゃったことで心に残ったのは、人の審判をすることがいかに難しいかということ、、そして、審判するためには、例えば、いろんなむずかしめの技も自分で練習しておらないと、なかなか人のことは判断できないとういこと。 それから、もうひとつ。この審判セミナーでは、セミナー後に稽古があったんです。…

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar