これが九州人の3ビート

女優の西内さん(福岡出身)が「寒い」を「さんむい」とおっしゃっているが、これがまさに九州人、福岡人の日本語における3ビートなのです。

さん、むい で2シラブルです。SAN-MUIですね。

方言によって、このように英語に近いシラブルの使い方をするわけです。

こういう言い方が当たり前の方言を話す人が中国語を勉強したとすると、言われなくても、例えば「図書館」を3シラブルで発音するわけです。英語でも同じ。

だから九州の人で英語ができる人がたくさんいる。

Slide1

Related Articles

Burp communication!

Kazy-san, kanari warota… http://kazkaz130.blog.so-net.ne.jp/2010-06-24-1 I am going to comment on your English tomorrow. Katsu-san, thanks for an interesting read! http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-06-24 Messages to: Umeko-san, I think…

By Mr. 英語喉革命

聴き取りについて Mr. 英語喉革命 SAYS: 英語の聴き取りは,シラブル単位に聴かない限り,絶対に上達しない.上達しない原因は,明らかで,単語単位で聴き取ろうとしているからだ. –> CONTINUE HERE http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/51488131.html Mr. Eigonodokakumei, I think Jan san had a similar idea.  Jan-san said this in his review of…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar