フロリダ州オーランドのユニバーサルスタジオの感想

損したかと思ったけど、得だった経験でした。

フロリダ州オーランドのユニバーサルスタジオ(すちゅーでぃお?)に家族で行って、チケットを買うときに

一般入場料 100ドル(感覚的には日本の1万円に相当)

ハリポッター関連のものがある特別の地域も足すと 50ドル追加

ということで、

やっぱり両方見たいと思って、高いなあと思いながら、150ドルコースにしたものの、、、

あまりの混雑に、一つのものに並んで2時間もかかることが判明し、このままでは、150ドル払ったのに、待つばかり。

2時間待って、内容は15分とか(新しいミニオン館)。

時間が並ぶことに費やされるばかりで、ハリポタ関連地域に行く時間さえないのではないか、、?

さらにET館では、40分待った後に、メカニカルエラーのため、運営が休止。

100ドルだけにしておいたほうが良かったかな、、と思ったのです、、、が、、、ハリポタ関連の地域(正確にはそう呼びませんが、便宜上、そう呼んでみます)に着いたら、意外と早く乗れる、入れる企画が多く、、

とはいえ、家族で一緒に座らなくてもいい人用のシングルライダーの列、、に並びますと、10分程度で、ジュラシックパークのボートに乗れたり、ジェットコースターにさくっと乗れたり。

ただし、シングルライダー用の列で、家族で一緒に乗れないかもしれないけど、気にしない人用の列です。

結果としては一人150ドル払って良かったという結果になりました。

結局、開園の朝8時について、夜7時ごろ出たので、11時間もねばりました。

一番良かったのは、待ち時間が2時間で、足が棒になってしまったのですが、ハリポタ館で、ジェットコースター風の企画が、本当に空を飛んでいるような視覚効果で、すばらしかったです。

ただ、どこに行ってもスペイン語が飛び交っているので、スペイン語の勉強になりました。

Related Articles

英語の発音でOの話

FBで書いたのですが、転用します。 ** 今朝、友人とSKYPEでこの話をしていました。 発音記号ではOは、OUとされていますが、このウはUというほどのものではなく、Owという感じのもので、意識してUを言うというより、外国人の声を真似て、深い位置からOと言うと、無意識で出てしまう感じのものです。わざとウというとオウとなり、また感じが違ってきます。 日本で英語を勉強された皆さんと同じように、自分は絶対この音はOUだと思っていたのですが、8年ほどまえに、ジーナに指摘されて、Uじゃなくて、単にOを喉の深い位置から言ってみると、そういえば、OhとかOwという感じになるなあと納得したのです。 じゃ、便宜上、OUでもいいんじゃないかとなりますが、そういう風にしていると収集がつかなくなります。 例えば、日本人がRを聞くときに、ウが最初に聞こえる人がいます。だからといって、じゃあ、Rの発音を記号をuRとするならば、大変です。 Mではどうでしょうか?ネイティブがMだけを発音すると、少なくとも3種類の音が出ます。 1)まず唇がつくところまでにでるウのような音 2)唇がついた瞬間の、いわゆるMの音 3)唇が離れて、ちょっと吐息が出る感じの音 これを表現するならばMじゃなくてuMhじゃないかと言うことになります。 というわけで、Oは、まあ、喉の奥のほうから、Oと言っておいて、リラックスしていれば、自然のウっぽい音が続くということです。 人間の出す音ですから、音には幅があり、その幅の中で音色が微妙に変わることがありますが、ま、それはリラックスしておれば、自然に起こること。 日本人の英語感として、音が短いもの、瞬間的なものという感覚がありますが、そうでもありません。Mの唇が付くところだけをとらえて、両唇音と呼びますが、それは、幅をもった音の一瞬をとらえたものにすぎません(さらに、両唇をつけずにMをいうアメリカ人は結構いますが、ま、それは別の長い話になりますね。)

英語劣等生さんのご質問への回答(その2)

英語劣等生さんのご質問への回答 ジーナさんからの回答です。  以下は誤字脱字等を訂正の後、NIPPONDREAMサイトのQ&Aに転載します。   ご質問 やはりTOEFLや映画等でどうしても最後の一歩でまだ速度についていけない箇所があります。ネイティブの日常の高速会話(仕事で使う英語ではなく、オフの時の会話)も含めて超高速スピード(音の連結や脱落含む)に対応するすべはありますでしょうか。   回答   試験形式の問題点  まず、そもそも超高速スピードの英語を試験の素材に使うことがある、、、という点が、英語リスニング試験の背後に存在するある「仮定」の問題点です。その仮定とは、遅いよりも速い英語を聞き取れるならば、受験者の英語能力が高い、、、というものです。たまに速度の速いものを聞かせて、受験者の「能力」を測ろうとするわけです。 これは正しいとはいえません。おそらく「認識論的な勘違い」とでも呼ぶことができるでしょう。速いものが聞ければ、英語がうまい、、、これは勘違いです。(算数の問題を早く解ければ、頭がよいというのも、正しい考えかたとはいえませんが、試験文化のなかで、あたかも速い=賢い、、、という認識が絶対の真とされています。実際には、問題を色々考えて解く、、、という行為自体が数学的な実践であり、大切なことです。)   高速な英語は、英語ネイティブでさえ、ときに戸惑わせるものであり、高速で喋ることはよいこととはいえません。映画などで、確かに、ものすごく速いスピード、そしてさらに口をもごもごさせながら喋るシーンがありますが、ネイティブでさえ、戸惑ってしまうことがあります。        とはいえ、試験が存在するという現実を無視して批判するだけでも困ります。聞き取りの仕方について考えてみましょう。英語が早いか、遅いかという問題はおいておきます。   なぜ聞き取れない?   英語喉・ネイティブメソッドをやったあとで、英語を聞いたときに理解できなかったとすると、それはおそらく単語が分からないからでしょう。それはその単語をまだ習ったことがない、、、ということだけではなくて、習ったのだけど、本当の発音に慣れていない、、、ということでしょう。例えば、SONGの発音を日本人はこれまでソングだと思ってきましたが、実際はサングです。ネイティブメソッドを実践すると、本当の音が、そのまま聞こえていますから、SONGという簡単な単語でさえ、「え、サングって何?」と、混乱してしまいます。   聞き取りのコツ どうしたらよいか 聞き取りのコツは、分からない部分があっても、そこであわてず、とりあえずは、聞き流すことです。あれ、分からない、、、とその部分にこだわってしまうと、その後に続く部分も分からなくなります。日本語の例で考えてみましょう。聞いたことのない動詞「ばけぶる」という単語が出てきたとします(勝手につくった造語です)。 「コーヒーに、ばけぶるのに、牛乳にしますか、クリームにしますか」  …

LANG-8で英語で書く練習 参加者募集!

参加者募集 英語(あるいはその他の外国語)を書く練習をする1ヶ月間 LANG-8プロジェクト 2014年3月1日から31日まで。 LANG-8は登録メンバー(無料)になり、勉強したい外国語(英語、あるいはその他の外国語)でエッセイを書くと、英語を母国語とする人たちがエッセイを添削してくれます。そのかわり、日本語を勉強している人のエッセイを直してあげるのです。 本サイトでは、団体で英語を書く勉強をする企画を慣行したいと思います。まず第1回は3月1日がスタートとなります。以下の要領でご参加ください。 1.英語喉サイトの登録メンバーになる(すでにメンバーのかたは何もする必要がありません。こちらです。http://www.nippondream.com )。 2.英語喉サイトのLANG-8プロジェクトにグループ参加申請をする(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project/ をクリックして申請してください)。 3.LANG-8に登録する。http://www.lang-8.com/ より(登録は無料)。 4.日本の文化を紹介するエッセイ(1パラグラフ程度)を、少しづつ書き、7本になるまで続ける。できるだけ人のカバーしていないテーマを選ぶ。こたつ、盆、竹馬、、など日本独特の文化や、教育制度、文化一般、音楽などなど様々な日本のテーマ関して、外国人に紹介するつもりで書きましょう。 5.エッセイを書いたら、そのエッセイを外部から見られるように、書いた場所のURLを、LANG-8プロジェクト(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project/)にリンク張りをする(どこからでも閲覧できるようにページ設定をしておくとLANG-8のメンバーじゃなくても見れて便利です)。これが、私の例です。 http://lang-8.com/399107/journals/74701564968830576379908578126815203708 6.完成したエッセイは暗記する。特に、ネイティブに訂正してもらった文法などは、二度と間違わないように。 7.オプションとして、エッセイを朗読しているところをYOUTUBEなどで発表する。新しく学んだ表現などを紹介するのもあり。発表したらグループメンバーに紹介。 8.オプションとして、LANG-8で信頼関係を気づいた外国人にSKYPEでインタビューをし、その人の国や地方の文化などの話を録音し、YOUTUBEなどで発表する。 開始は3月1日、3月31日が終了(2014年) 成果の評価のしかた 7本のエッセイを完成させたら 鉄メダル賞 完成させた7本のエッセイの半分以上を暗誦できたら 銅メダル賞 そのうちのエッセイの1本以上を朗読してネットにUP 銀メダル賞 信頼関係を築いた外国人をSKYPEなどでインタビューし、お国の話を聞いて1本でも発表したら 金メダル賞 ちなみに、上をタイプしているあいだに、Lang-8にスペイン語で投稿したら、10分程度で、添削していただきました。こちらです。 http://lang-8.com/399107/journals/74701564968830576379908578126815203708 音声で解説

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 東京ディズニーランドもそれくらいです。2時間待って、アトラクションは15分ぐらいです。本当はもっと待たずに入れたら一番嬉しいんですけどね。でも、メカニカルエラーはガッカリですね。日本では、それは滅多にありません。やっぱり日本人のスタッフだから、整備のクオリティが高いんですかね。
    でも流石に150ドルは高すぎですね。海外はもっと安いと思っていたんですけど。それでも人がそんなに来るのはすごいですね。東京ディズニーランドは、混雑を緩和するために値上げしましたけど、まだそこまで高くはありません。

    1. アトラクション、、という言葉を使ったらいいんですね!

      今、一番混雑する時期のようですが、3分の2は南米とかからの観光客に思えました。あと、中国人とアメリカ人でした。

  2. 昨年3月にオーランドに3泊しました。ディズニー内のホテルだったと記憶します。ソレイユもそうですが、特急パスを買うことにしています。少し高いのですが、待ち時間なし(入口が違う)になります。もう二度とくくることはないだろうな、と思いつつ。

Skip to toolbar