コメント機能を再開します 二つのメッセージをいただいていました

コメント機能を再開します。以下の二つのコメントをいただいておりましたが(かろうじて、たまに、コメントが置けるエントリーがあったようです、、、どうも)、機能を停止していたので、気づきませんでした。 本日より、コメントが書けるようにしておきます。

1個目のコメントはこちら、ryogon55さんから

ryogon55と申します。

約一月前に英語喉の練習を始めました。
(英語喉デビューしました)

昨日、初めてブログというものをつくりました。
英語喉を中心とした英語、とりわけ発音に関して記していきたいと思っています。
Bento Box音声も英語喉デビュー前のものから現在までUpしています。

まだまだネーティブレベルはほど遠くゴールは見えない感じではありますが、
その他英語実践者のお仲間入りをさせて頂ければと思います。

http://language-study.blog.so-net.ne.jp/

ご返事:これは中身が濃そうなレポートですね。どうもありがとう!さっそく、音声に関してコメントを考えてみます。 あ、ちなみに、このメッセージを見る前に、気づいておりました。ありゃ、これは面白そうなBLOGが登場した、、と。で、ちょうど、うちの親父に、こんなんがあったとメールで知らせたところでしたよ。

 yuquitaさんのコメントです。 11月11日にいただいていました。

Name: yuquita

英語喉ができているかのテスト、これでよくわかりました。確かに強い t の音出そうとして
喉に密閉空間を作って、のどしめていました。これがのどブレーキなんですね。
ミュージシャンなので、英語のスピーチのコピー練習のときにマイクを使ってやっています。
そうすると少しの音のバランスの悪さも聞き取れるのです。今日 どうしても
T の音が強すぎるので、どうしてだしたらいいのか、何回も練習していたのです。
偶然にこのsite 見つけました。
歌も同じです。首のかなの中身?ちょっと辺ですが、首の中を常に下げておく、のが
首をリラックスさせるこつですね。
T の発音は喉でしないで、からだでする、ですね。

歌のときに首、頭部、胴と3つのパーツに分けて考えます、
もちろん頭部や首もつかいますが、胴体から音をだすと考えます。
これと同じように T の音を胴体から出すと考えて、舌は T 位置において
ルーズに音をだす。ルーズに出しても結構鋭い音になりました。

ご返事:どうも、メッセージありがとうございました。また的確なコメントもありがとう。体で発音する、、、という感覚わかります。昔から腹から出すという言い方がありますが、あれではきっと気合いが入りすぎますね。

私も歌をよく歌いますが、それなりに耳が肥えてくると、自分の歌のレベルが分かるので、逆に、苦境に突入です。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Follow me!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP