Skip to toolbar

静かな日本人と、えんえんと話すアメリカ人

学会で日本人の人たちと話していて面白かったこと。

分かりやすいように話を単純化して、ポイントを明確にするために少し創作してみます。
Aさんはアメリカに長く住んでいる日本人。Bさんはアメリカで生まれて育った日本人、、というかアメリカ人。そして私(Aさんと同じタイプ)。

全員、英語はネイティブレベルで話すことができます。

3人で日本語で話しているときは、皆が平等に、順番に話しています。

ところが、英語になると、突然、アメリカで育ったBさんが、えんえんと話しはじめ、日本人は聞き役に回ります。
全員、英語が話せますから、英語力の問題ではありません。

なぜでしょうか???

それは、日本人は、相手のうなづき、相槌を期待して話すので、言う文章がとても短いのです。そして短い発話の最後で音程が上がります(相手には質問をしているように聞こえるかもしれません、、じつは、相槌を求めているだけなのに)。

アメリカで育ったBさんは、その部分で、相手が話し終えたと思ってしまい(あるいは意見を求められたと勘違いして)、話しだします。

Bさんはアメリカで育ったので、えんえんと大きな声で話します。

日本人は相槌をうつので、Bさんは、自分の話を熱心に聞いてくれていると思って、えんえんと話します。

日本人は、えんえんと話すBさんの発話がどこで終わるのかが、わかりにくいので、えんえんと聞き続けることになります。
では、日本で育った日本人としてはどうしたらよいのでしょうか?

アメリカで育ったBさんの音程とか息の流れを聞いていると、発話が切れそうなところ=息が終わるところ=音程がだんだんとさがっていって、一番低そうなところが、わかります。

内容的にも終わりなところ。

その時が、発話のチャンスなので、息を吸います。

息を吸う相手をみて、アメリカ育ちのBさんは、「あ、相手が話し始めるな」と察知し、話す権利を渡してくれます。

アメリカ人が自己主張が強いとか、話す訓練ができているとか、論理的な思考をしているとか、そういう問題ではないと私は思います。

Related Articles

FBより転載 一番見て欲しい動画はこれ

私のFBフレンドには、英語教育関係のかたや、海外に住まれた経験があるかたが多いので、以下を書きました。 しばらく、欝な描写が続きますが、必ずやハッピーエンディングがあることを約束しますので、緊張しないで読んでくださいね。長文プラス、さらに動画をみてください、、ということですので、負荷がかかりますことをお許しください。 今まで自分が作成したYOUTUBE動画の中で一番人に見てもらいたい私の体験談があります。この文の最後にURLを載せましたので、ぜひご覧ください。 私は20年アメリカにおりますが、最初の10年は、そもそも、アメリカ人に話しかけられなかったし、レセプションや会議で同じテーブルに座っても、顔さえ見てもらえませんでした(ちょこっと話しても、すぐに、飲み物を~と消えてしまいます)。10年前に全てが変わり、今は、普通にアメリカ人と働いており、平等な立場で話しています。皆さんの中で英語がまずまずできる方でも、西洋人との議論になると、疎外感を感じるかたがおられるのではないでしょうか? どんなに英語の語彙を増やしても、文法を勉強しても、歴史の勉強をしても、この点を、この点をクリアしないと、日本人のグローバル化は無理だと考えます。 なぜ、アメリカ人が会議などで、私のほうを全然みないのか、話をしてくれないのか。最初のころは、自分のことを知らないからだろうと思いました。ところが、10年ほど前にサンフランシスコの米国社会学会で100人以上の聴衆を前にプレゼンをした後でのレセプション、、無残にも、誰も話してくれず、隣の席に座ってくれたのは、英語ができない中国人のかたと、韓国のかたでした。 就職の面接でサンフランシスコに飛びました。そこでハッピーアワーに連れて行ってもらいました。どう考えても、自分が主役なはずです。ところが、アメリカ人が話し出すと、私のほうは、全然みてくれないし、話しだすタイミングがつかめず、またしても、「静かな日本人」に徹してしまい、、。もしかして人種差別?などと思ったこともありました。 私は英語ができたほうなので、米国のコンサルタント会社で就職しました。そして、10人ぐらいの同僚たちとランチに行ったときのことです。私の左と右で、すぱっと話をするグループが二つできて、私のほうは誰も見ていません。その時思ったのは、「もし今自分がいなくなっても、誰も気がつかないだろうか」ということでした。 そのころ、会社で廊下を通過中のあるアメリカ人のかたが、声をかけてくれたことがあります。その方は、日本に行ったことのある人で、私が飾っていた浮世絵に興味を持ってくれたのです。その時が、道を聞かれる以外でアメリカ人に話かけられた初めての経験でした(すでにその段階でアメリカには10年ぐらい住んでいた)。 ちなみに、日本にいるとき(大学生の時など)は、留学生の友達がたくさんおりました。ですから、アメリカでのこの経験は全く理解できませんでした。 さて、10年ほど前にあることを知り、それ以来、アメリカ人が急にフレンドリーになり、社交に全然困らなくなりました。バースデーのパーティーに呼ばれたり、仕事のあとのハッピーアワーにも普通に招待されます。会議でも、人が良く話を聞いてくれます。会社のキッチンでも、普通に話しかけてきます。 私がこのことを日本の人に知ってもらいたい理由があります。それは、おそらく多くの人が英語の語彙を増やせば、文法を学べば、積極性をつければ、コミュニケーションがうまくいくと思われていることだと思います。しかし、それらのことをするよりも、簡単なことがあるということを知っていただきたいと思うのです。 海外で英語を試されたかたは、英語が通じる、通じない以前に、アメリカ人や他の外国人が、そもそも、こちらを見ていないということに気づいたかたがおられるのではないかと思い、この場で紹介してたいと思いました。 もちろん、日本に住んでいる外国人は、日本人をそのようには扱わないと思います。ですが、外国人が複数で、日本人が一人だけの場合の議論とかは、突然、外国人が日本人を無視し始める現象は経験されたことがあるのではないでしょうか? 以下、自分の体験談を述べているところです。

英語では、相槌とか、頷きをしないのがとても大切

英語では、相槌とか、頷きをしないのがとても大切です。 日本語では、「そうなんですね~」とか、言いますので、Reallyとか、Wowとか英語でも言いたくなりますが、我慢します。会社の電話会議で、うんうん言っているのは、日本人である自分だけでした。周りに大迷惑になります。電話では言うかもしれませんが、それでも日本語の会話よりは少ないと思います。 ただ、これはやめるのは簡単です。Reallyとか言わなければいいだけだからです。でも自分はどうしても慣れないので、声を出さないようにしながら、首をふったりで代用しています。 もっと大切で実践が難しいことがあります。それは、アメリカ人の頷きを期待せずに話すこと(米国人は意外とうんうんとか言いません、、これが日本人には耐えられないw。「聞いているの?」って感じです)。日本人としては、リアクションしてほしいわけですが、それを我慢します。 リアクションを期待すると、日本人の英語では、語尾でいちいち音程が上がり、0.2秒ぐらいの空白が生まれます(相手のリアクション用に、日本人は、声を止めます。そこで、アメリカ人のほうが、日本人の話が終わったと思って、発言権を奪ってしまいます。そして、えんえんと話します。 だから、日本人とアメリカ人が話すと、アメリカ人ばっかりが話すという状態が生まれます。コツは、まるで自分に言い聞かせている感じで英語を話すこと。つまり独り言を言うように英語を話すことです。自分に言っているのだから、語尾が上がりません。また、緊張もしなくなります。独り言を言うのに緊張する人はいません。 衝撃の事実ですが、英語では、独り言も、普通の会話も英語が同じなのです。だから不都合が起こりません。What time is it? 人に聞く時What time is it? 独り言の時 日本語ではどうでしょうか?今、何時ですか? 人に聞く時今、何時かなあ? 独り言の時 さて、オチです。実は日本語でも方言の場合は、以外と英語と同じです。私は広島出身ですが、広島にいる妹と話していると、まるで妹は独り言をいうような感じで広島弁を話します。田舎出身のかたは、方言を話す感じで英語を話すとうまくいくと思います。 本件、一応、私が発見しましたw 外国人は結構気付いています。日本人の頷き、相槌は度を過ぎている、、と。なぜ、日本人はウンウン言うの?とか思っています。ところが、相槌を期待して日本人は話すから、語尾で音程が上がるとか、一瞬、息と音が止まるとかは、自分が気が付きました。 衝撃の事実だと思いますが、YOUTUBEなどで、ドラマや普通の英語の会話を見ていただくと分かると思います。日本人の会話は、キャッチボールのようで、相槌が多いのも、気づくと気づき出すと思います。アメリカ人の会話はトランシーバーの会話のように、やや長めのエピソードの応酬のようです(相手が話している間は基本し~んと聞きます)。

英語劣等生さんのご質問への回答(その2)

英語劣等生さんのご質問への回答 ジーナさんからの回答です。  以下は誤字脱字等を訂正の後、NIPPONDREAMサイトのQ&Aに転載します。   ご質問 やはりTOEFLや映画等でどうしても最後の一歩でまだ速度についていけない箇所があります。ネイティブの日常の高速会話(仕事で使う英語ではなく、オフの時の会話)も含めて超高速スピード(音の連結や脱落含む)に対応するすべはありますでしょうか。   回答   試験形式の問題点  まず、そもそも超高速スピードの英語を試験の素材に使うことがある、、、という点が、英語リスニング試験の背後に存在するある「仮定」の問題点です。その仮定とは、遅いよりも速い英語を聞き取れるならば、受験者の英語能力が高い、、、というものです。たまに速度の速いものを聞かせて、受験者の「能力」を測ろうとするわけです。 これは正しいとはいえません。おそらく「認識論的な勘違い」とでも呼ぶことができるでしょう。速いものが聞ければ、英語がうまい、、、これは勘違いです。(算数の問題を早く解ければ、頭がよいというのも、正しい考えかたとはいえませんが、試験文化のなかで、あたかも速い=賢い、、、という認識が絶対の真とされています。実際には、問題を色々考えて解く、、、という行為自体が数学的な実践であり、大切なことです。)   高速な英語は、英語ネイティブでさえ、ときに戸惑わせるものであり、高速で喋ることはよいこととはいえません。映画などで、確かに、ものすごく速いスピード、そしてさらに口をもごもごさせながら喋るシーンがありますが、ネイティブでさえ、戸惑ってしまうことがあります。        とはいえ、試験が存在するという現実を無視して批判するだけでも困ります。聞き取りの仕方について考えてみましょう。英語が早いか、遅いかという問題はおいておきます。   なぜ聞き取れない?   英語喉・ネイティブメソッドをやったあとで、英語を聞いたときに理解できなかったとすると、それはおそらく単語が分からないからでしょう。それはその単語をまだ習ったことがない、、、ということだけではなくて、習ったのだけど、本当の発音に慣れていない、、、ということでしょう。例えば、SONGの発音を日本人はこれまでソングだと思ってきましたが、実際はサングです。ネイティブメソッドを実践すると、本当の音が、そのまま聞こえていますから、SONGという簡単な単語でさえ、「え、サングって何?」と、混乱してしまいます。   聞き取りのコツ どうしたらよいか 聞き取りのコツは、分からない部分があっても、そこであわてず、とりあえずは、聞き流すことです。あれ、分からない、、、とその部分にこだわってしまうと、その後に続く部分も分からなくなります。日本語の例で考えてみましょう。聞いたことのない動詞「ばけぶる」という単語が出てきたとします(勝手につくった造語です)。 「コーヒーに、ばけぶるのに、牛乳にしますか、クリームにしますか」  …

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.