機関銃英語 アマゾンランキング 総合で33位を記録しました。

 

 

amazon_ranking_33_2009_9_28_4pm.jpg

(証拠のスナップショットを送ってもらいました。)

応援ありがとうございます。総合で、33位でした。総合で、ですよ。英語でじゃなくて。

この調子で、日本列島、たかが英語じゃん、状態にしましょう! 喉の音を聞く、シラブルのボンボンボンのリズムを聞く。

これに慣れれば、日本人でも(そして韓国人でも)、英語が聞けるのが当たり前になります。意味が分かるかどうかは、経験によるでしょう。慣れがいるでしょう。でも、音として聞こえるかどうかは、喉と3ビート!

クリアに聞けたら、あれ、これって単語とか文法しってたら、私にもマスターできると思う、、、と思えると思います。すでにかなり勉強している人は、ありゃー、分かる、分かる!と思うことができるでしょう。

クラシック音楽は国籍に関係なく、聞けますね。ロックもそうですね。でも、なぜ日本人と韓国人だけ、英語が聞けなかったんでしょうか????

喉だよ喉!3ビートだよ!

英語は勉強ができる人だけのものではありません。英語はやる気がある人だけのものではありません。受験というのがあるから、英語=勉強が好きな人のものです。もちろん勉強が好きなことはよいことでしょう。しかし、まず英語を皆のものにしませんか?!

いや、それは困ると言わないで。新しい目標が今度は違ったスケールで見つかります。英語を使って、XXXをする、、、というような新しい目標ができるはずです。

聞けて言えれば、文法や語彙は、聞きながら、使いながら覚えられる。英語は単なる道具になります。

明日から数日おらんですが、アメリカ人の結婚式に呼ばれました。今月は2回、行きます。これも、英語喉さまさまです。口で発音しているときは、結婚式に呼ばれるなんて絶対的に無理でした。喉をきっかけに、アメリカ人の友人ができました。皆もこれ経験してくれ~~~~。日本の外で普通の人として(日本人としてじゃなくて)普通に扱われる経験を皆に経験してほしい!

 

Related Articles

喉コミュニケーションの成果 現地の文化を知るには大切 プラス 職場のお歳暮の話

てっちゃんのBLOGで、てっちゃんがアメリカ人のクリスマスパーティーに行ったというくだりがあった。そもそも、留学の最初の年でそんなイベントに招かれるなんて、喉コミュニケーターだからでって、普通のことではないよ。で、てっちゃんは次のように書いている。 引用します*** 先週クリスマスパーティーに誘われてアメリカンホームパーティーを楽しんできました。 やっぱりアメリカのパーティーは賑やかですね。30人くらい集まったのですが、とりあえず全員と挨拶しないと水くさいみたいな感じでどんどん「ハーイ」と言って交流を持とうとします。 http://tetsu919.blog6.fc2.com/blog-entry-12.html 引用終わり**** そうなんですよ。アメリカ人はパーティーとかにいくと、「そうしないと水臭い」みたいな感じで(無意識だとは思う)、皆と挨拶、自己紹介するんです。(はやー話が、日本でも同じじゃなーですかねえ、、、?) てっちゃんがそういうのを、留学がはじめてなのに経験できているのは、喉コミュニケーターだからですよ。だからこそ、現地の人に誘われるし、誘われるからこそ、そういう文化を学ぶことができる。そういうのを発見したら、今度そういうシチュエーションに出くわすと、自分から実践できる。 相手によってはいきなりハグってのもありますね。ラテン系の人とかね。あるいは、2回目に会うときとかね。このあたりのタイミングやらなんかは、きっとテッチャンがこれから自分の目で見ながら、実践しながら、マスターしていかれることでしょう。 これこそが、留学の醍醐味であり、あるいは、日本国内であれば、国際交流の面白さですね。自分の目で見て、それを分析し、文化パターンを理解してく、、、と。(ただ、だから留学したいなあ、、と思う前に、国内でもできるし、かえって国内のほうが国際交流がしやすいということも知っておいてください。日本に興味があるから日本に来ている外国人が多いので。この景気のクソ悪いときに、誰でも留学できるということではないですからね。) そのことなしに(自分の目で見ることなしに)、例えばですが、エッセイ派知識人の本(例 藤原さんの「国家の品格」とかかな)を読んで、外国に関する知識を得て、実際に外国にいき、口発音だからということで、誰とも話ができなかったとなると、読んだことを鵜呑みにしてしまうと思います。ああ、やっぱり外国人とは通じ合えないな、、、みたいなね。 前置きが長くなってしもうたんですが、実はトピックは昨日書いた、お歳暮の習慣です。というかホリデーシーズンにアメリカ人が何をするかということです。 私は口発音2ビートで10年以上アメリカに暮らしてきたので、透明人間状態でした。ですから、ホリデーシーズンに同僚同士でカードを交換し合うとか、ギフトを交換しあうということを今年までよく理解していませんでした。 共著者が、アメリカではボスとかにギフトを持っていくと言ったので、えー、そんなこと誰もしてないと思うけど、、、と思ったんだけど、一応5,6人分用意しました。で、昨日、仕事に行ったら、その5,6人分で想定していない人ばかりからギフトが届きました。 ありゃー、これ、どういうこと?アメリカの職場にもやっぱりお歳暮のシステムがあるんだ! でね、次から次へと、同僚からカードが家に届きだしました。前は全然こなかったんですよ。口発音時代にはね。でも喉発音に変わった後に勤めた会社が2つあるんだけど、最初のほうから2通、今のところからは4通きました。 なんじゃこりゃーーーわしゃーーこんなにカードなんてもろうたことがないぞ。このシステムは今年から始まったんかい? じゃないんですね。私はアメリカに14,5年ぐらいは連続して住んでいますが、口発音2ビートで自分の周りに壁を作っていたわけです。喉発音と3ビートになってはじめて、まわりの同僚が、私を同じコミュニティーに属する仲間である、、、と認知しだしたわけです。 これは差別ではなくて、口発音と2ビートの私が、西洋文化では、「私に話さないでくれ、ほっといてくれ」というオーラを保っていたということです(口発音で発音すると音がCHOPPYになりますが、それは西洋文化では軍隊での命令ぐらいしか使わないのです)。こないだ、会社の謝恩会があったことはいいましたが、同じく口発音の中国人だけのテーブルが2つも3つもできるんです。それをみて、やはり周りのアメリカ人は、やっぱり自分達だけでいたいんだなと思うのかもしれません。 「ものすごいカズのことが好きじゃ、、、カード出してギフトあげよう」と思っているとは思いませんが、最初のほうに、テッチャンのことでもあったように、そうしないと水臭いじゃん、、、みたいな万国共通の感情があるんじゃないかなあと思います。 (そういう意味で、いっつもいいますが、国家の品格の藤原さんがいう、情緒は日本に特有という考え方は完全に勘違いだと思います。) でね、結局、アメリカ人は、いつもホリデーシーズンにギフトを交換してたんですね。社内でも。でもなぜそれに私は気づかなかったんだろう。前の会社は4年勤めましたけど、誰もギフトをくれませんでしたし、また同僚がもらっているということも気づきませんでした。アメリカの会社で、私の業界は、普通、社員は個室で仕事をしているので、外から見えにくいというのもあるでしょう。 でも、昨日、たぶん、こういうことじゃないかなあ、、という気がしたんです。間違っているかもしれません。4,5人分しかギフトを用意しなかったんで、それを持っていくときに、他人に見られたくないなあ、と感じました。だって、他の人には用意していなかったので、、、。だから、こそーーーと、ギフトを持っていきました。 たぶんですが、私の口発音2ビート時代には、きっと回りのアメリカ人同志がギフト交換をしていたと思うんですが、こそーーーと持ってきていたのではないか、、、と。カズの横のオフィスの誰々にはギフトをもっていったけど、一緒に働いているにもかかわらずカズのギフトは用意していないから、気まずい、、、と。 これは読みすぎかもしれないけど、私は昨日はこそーっともって行きましたよ。…

で、英語喋れるの?

と聞きたいと思うことがある。 ある英語指導者のかたが、たらたら、英語勉強論を述べているのを聞いていたのだが、で?それやって、あなたは英語が喋れるのですか?と問いたくなる。 これを言ったらおしまいだと思う。でも、アンフェアである。勉強の仕方は、その先生の本を買うということに直結しているからだ。 なぜ私の逆鱗に触れたかというと、英語の発音は色々あるので、気にするな。発音の重要さをあまりに強調しすぎると、間違いを恐れて日本人はますます英語ができなくなる。 しかし、間違いが恐いから日本人が英語ができないのだろうか?皆さんは、そんなこと信じる?日本人が英語ができないのは、純粋に英語ができないのだ。間違いが恐いからとか、そういうのは言い訳であり、誰も、こわい、こわいと思いながら英語を勉強していない。恐いからできないのではなく、単にできないのである。  このことで分かるのは、この人自身も英語があまりできないだろうということ。さらに、ちょこっと英語の例文も読まれていたが、本当に、ちょこっとしか披露されない。本当に英語が好きだとは思えない。 結局、何を言おうと、その人を英語をただ、ただ勉強さすというだけだと思う。結果を出すことなしに。 ラジオ体操があれだけ普及したのも、簡単に全国の国民を総動員できるからだと思う。だからラジオ体操が難しかったらだめ。 英語教材はラジオ体操に似ている。著者がそばについていなくても、何かを作業できる形でしか、知識を提供できない。 そういう意味で本当にできるようになる英語喉は不利だ。というのは、できない人もやはりいるだろうからだ。できているかどうか分からないのがもどかしいわけだが、しかし、そう悩むかたは、ぜひこう考えてほしい。できているかどうか分からなかったら、できていない、、と。喉が立体的な音を出し始めるとやはり、分かる。分かる。 出来ていない場合、出来ている人を探してほしい。例えば、できるだけ、勉強がきらいなロック青年などがよい。きっと喉がゆるいだろう。その人にやってもらって、それから今度は自分に教えてもらう。1,2歳の子供さんがおられるなら、その幼児に教えてもらえるだろう。子供は喉発音をしているのだから。犬のマネをするのも手だ。30分ぐらい犬と犬になったつもりで遊んでみよう。泣き声をまねてみよう。 英語の勉強の仕方を国家総動員法的にしてしまっているのが、現在の英語教育言説だと思う、、、というと、総すかんを食うだろうが、一人ぐらいは言っても良いと思う。 だから、まあシンプルに、で?英語喋れるんですか?と聞きたくなる。 例えば、語彙が大切だということで、それはリスニングに効くのだというある企画が人気だと思うが、じゃあ、その企画者さんに聞きたい。 で、そういうあなたは、英語きけるん?英語喋れるん?語彙増えたら、本当に英語聞ける???? それを信じて、国民総動員して、やっているんですけど。 そこが学習者としては知りたいのではないだろうか??? 80年代に英語を勉強していた我々の世代?がラッキーだったのは、それ以前の世代の先生達も根性論に見えながらも、実にリーズナブルなことを言っていたと思う。 松本道弘先生の影響で英字新聞やら、タイムやら、ニュースウィークを、分かる分からんは別問題で読みまくったのは私だけだろうか? 英語で考えろ!というようなことを、その当時よりちょっと前ぐらいの大家の人達は言っていた。 外国人に話しかけるというのは、当たり前のことだったと思う。松本先生も、学生時代に、外人ハントと称して挑戦されていたということを書いていた。 いつから、英語が机についてする勉強だけになったのか?受験英語は別として。 我々が80年代に英語を勉強していたときの、先生方は、英語をアメリカ軍?から直接学んだ人達ではないだろうか?あるいは、アメリカから当時入ってきた音楽などを通じて、比較的、理屈なしに、直接的に学んだ人たちではないだろうか? 私の場合、中高生のとき、テレビをつければ、英語が喋れて、なんと外タレと、インタビューをしていた小林克也氏がいた。いや、今YOUTUBEで見ても、本格的だ。 ごまかしではない。今見ても、本物だ。今みたら、あれ?思ったより下手糞だったなんて思うひとはいない。マドンナのとインタビューなんて、今にも、お互いに抱きつきそうなコミュニケーションの密度ではないか。…

英語劣等生さんのご質問への回答(その2)

英語劣等生さんのご質問への回答 ジーナさんからの回答です。  以下は誤字脱字等を訂正の後、NIPPONDREAMサイトのQ&Aに転載します。   ご質問 やはりTOEFLや映画等でどうしても最後の一歩でまだ速度についていけない箇所があります。ネイティブの日常の高速会話(仕事で使う英語ではなく、オフの時の会話)も含めて超高速スピード(音の連結や脱落含む)に対応するすべはありますでしょうか。   回答   試験形式の問題点  まず、そもそも超高速スピードの英語を試験の素材に使うことがある、、、という点が、英語リスニング試験の背後に存在するある「仮定」の問題点です。その仮定とは、遅いよりも速い英語を聞き取れるならば、受験者の英語能力が高い、、、というものです。たまに速度の速いものを聞かせて、受験者の「能力」を測ろうとするわけです。 これは正しいとはいえません。おそらく「認識論的な勘違い」とでも呼ぶことができるでしょう。速いものが聞ければ、英語がうまい、、、これは勘違いです。(算数の問題を早く解ければ、頭がよいというのも、正しい考えかたとはいえませんが、試験文化のなかで、あたかも速い=賢い、、、という認識が絶対の真とされています。実際には、問題を色々考えて解く、、、という行為自体が数学的な実践であり、大切なことです。)   高速な英語は、英語ネイティブでさえ、ときに戸惑わせるものであり、高速で喋ることはよいこととはいえません。映画などで、確かに、ものすごく速いスピード、そしてさらに口をもごもごさせながら喋るシーンがありますが、ネイティブでさえ、戸惑ってしまうことがあります。        とはいえ、試験が存在するという現実を無視して批判するだけでも困ります。聞き取りの仕方について考えてみましょう。英語が早いか、遅いかという問題はおいておきます。   なぜ聞き取れない?   英語喉・ネイティブメソッドをやったあとで、英語を聞いたときに理解できなかったとすると、それはおそらく単語が分からないからでしょう。それはその単語をまだ習ったことがない、、、ということだけではなくて、習ったのだけど、本当の発音に慣れていない、、、ということでしょう。例えば、SONGの発音を日本人はこれまでソングだと思ってきましたが、実際はサングです。ネイティブメソッドを実践すると、本当の音が、そのまま聞こえていますから、SONGという簡単な単語でさえ、「え、サングって何?」と、混乱してしまいます。   聞き取りのコツ どうしたらよいか 聞き取りのコツは、分からない部分があっても、そこであわてず、とりあえずは、聞き流すことです。あれ、分からない、、、とその部分にこだわってしまうと、その後に続く部分も分からなくなります。日本語の例で考えてみましょう。聞いたことのない動詞「ばけぶる」という単語が出てきたとします(勝手につくった造語です)。 「コーヒーに、ばけぶるのに、牛乳にしますか、クリームにしますか」  …