Skip to toolbar

話をどうやってつなげるか?英語会話も日本語会話も同じ

友人の結婚式に行ってきました。ビーチで誓いの式がありまして、すばらしかったです。大西洋をバックにした誓いです。映画みたいでしたが、映画よりも個性的だったかもしれません。新郎新婦の両家族が、18部屋もある巨大な海辺の家を借り切って、まずは1週間残暑を楽しんだうえで、その場で結婚式をしました。その巨大な家が披露宴パーティーみたいになりました。

ついたらいきなり、知らないおじいさんがやってきて、「あんたとは4年ぐらいまでおーとるじゃろ(会ったことがあるという意味、、、、いいえ、あったことはありません、、、)」と言ってきたのですが、喉の威力を感じました。喉発音をしていると、姿勢がリラックスするのか、親しみやすい感じのオーラを発するのかもしれません。

英語喉を実践していると、あちらから話にきてくれるのです。

そもそも長かった口発音時代に、あちらから話かけられたのは、ほとんど記憶がありません。道を尋ねられたことがあるのと、1991年ぐらいに、キャンパスで酔っ払った学生が、「誕生日おめでとう」と言ったときぐらいです。脈略もなく。

ところが、英語喉を実践しはじめて、全く問題なく、アメリカ人が話しかけたりしてくるのが、異常なほど不思議ではありますが、私自身も英語喉読者であり、実践者ですので(自分で書いたとはいえ、ジーナに教えてもらったことを書いただけですので、自分の本と思えないところがあります)、そのメカニズムが分かっているので、快感です。

さて、レセプションでの会話もあることを実践すると、全く問題なく社交できました。

その方法とは、日本語で言いそうなことと同じことを言うことです。頭をぼけーっとさせて、思いついたことを言うだけです。ただ単に、それだけ。

面白いことを言ってやろうとか、日本文化について説明してやろうなんて思ってはいけません。頭をぼけーとさせたまま、ぽろぽろとしゃべります。

例えば、昼に泳いだときに、水が冷たかったので、

泳いだんだが、これがつめたいのつめたいの、、、ぶるぶるした、、、

などと、頭に浮かんだことを、適当に言うのみです。

そうなのです。英語会話は日本語会話と同じです。

なぜこれでいいのかというと、一つには、人は、人の話を聞いてやろうという気持ちもありますが、自分で言いたいという気持ちも強い。こちらが適当に話をふれば、相手もついてくる。足してくる。

そんなもんなのです。社交の会話というのは。

さて、日本の言説だと、日本文化を説明するとか、論理が大切だとかそういう話になっていますが、そうでもないです。論理が大切なのは、仕事や論文などで、なにかちゃんとしたものを書くときです。

社交の会話には、特別なことはいりません。頭をぼけーとさせて、適当にしゃべっておれば、相手も聞いてほしいんだから、足してきますよ。からんできます。

というか、そういうことって、当たり前のことなのですが、私のように長い間学校に言っていると、忘れてしまうのかもしれません。大学、大学院と、進むと、ちょっと頭が固くなってしまい、話し方まで忘れてしまうのです。大学院卒業者の皆さん、どうですか?いいすぎかな?

深く考えずに、適当に、ぽろぽろと頭に浮かんだことをそのまま英語にしておれば、話が盛り上がるのが不思議。相手が、会話しやすいんでしょうね。言いたいことをつっこめるから。

で、たまに、面白いことを思いついたら、つっこみを入れると。

Related Articles

私自身の文法の勉強の仕方

週末英語喉セミナーの申し込みはこちらから。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 英語喉をやると、アメリカ人が話しかけてくる。それは、やはり自信のようなものもあるかもしれないし、姿勢もあるだろう。このことは何度も書いた。 昨日も、近所で突然、「あなたはここのアパートに住んでいるのですか?」とアメリカ人(インド系の学生っぽい女性。近くにジョージタウン大学があるので学生さんだろう。)が問う。「実は、もう申し込みはしたのだけど、ネットで、悪い評価が出ていたんです。住み心地はどう?」。「全然、心配することはないですよ。きれいですし、庭なんかも手入れされているしね。虫も蝿ぐらいです(ごきぶりは出ない)。」と言ったら、安心していた。 DCではどこのアパートでも、だいたいエルサルバドルかホンデュラスあたりの移民(不法移民だと思う)が、ものすごい勢いで朝から晩まで掃除をしているのである。 プールがあるが、その横を通るたびに、ライフガードの黒人のおじさんが、会釈をしてくる。まるで親戚か何かのように。 犬の散歩をしていたら、向こうから、日本語の書いてあるT-シャツを来た白人の若者が歩いてくる。ちょっとめずらしくてなんて書いてあるのかな~なんて(気づかれないように)見ていたら、「ハ~イ」とか言いながら会釈をしてくる。 このように、周りから話しかけてくれると、本当にアメリカ人と私が平等なる立場にあることがわかる。いや、本当は最初から平等だったのだろう。今思えばね。 さて、今日は私の文法の勉強の仕方について述べる。 MIXI上ではRONさんのhttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=63775066&comment_count=52&comm_id=1301094 で熱い議論が交わされている。 もともとの発端は、英語喉会議(アット広島)で文法が大切かどうかみたいな会話から始まった。 よく発音の次は文法だとか語彙だとか言うが、実際は、ネイティブと会話をしだすのが一番だと思う。というのは、文法や語彙は会話をしながら覚えるものだからだ。その模範というか、例を示したい。 RONさんの影響で、昨日、中国語を勉強してやろうと思いたった。それも、中国語の文法書を一度も読まずに会話ができるようになってやろうと思った。 そこで中国人の同僚にちょっと聞いたのだ。 まず、私は、It is interesting to watch TV という文を持ってきて、それを中国語でなんと言うかを問う。 すると、中国人の彼女は、 カン、デン、シューがどうのこうのと言った。 私はもうその時点で、中国語が聞き取れていた。恐ろしいことに英語喉をやっていると、聴き取れる。 大昔の大学時代に中国人の学生が、映画を見るは…

つまり、先生としては基本を強調すればするほど、勝てるわけ、、、生徒としては、基本を信じれば信じるほど負けるわけです。

皆さん、よいお年をお迎えになりましたか。ニュースを見ていると、日本の経済が大変なことがわかります。アメリカの経済も大変なので。知っている人の会社(アメリカ)が、なくなるんですけど、その人はたまたまそれを知っているんだけど、その他の人は知らないんですって。その金曜日に全員が突然知らされる、、、という話を、2週間ほど前に聞きました。  喉が今年は、多くの人の人的資本を増やすことを祈っています。さらに、喉によって得られる英語力によって社会的資本も増えることを祈っています。そして、人的資本と社会的資本のからまりあいで、個人レベルだけでなく、社会全体の活力が大きくなることを願っています。  学校制度に生かされるとよいとは思いますが、私は、子供の教育だけに絞るというのは、ある意味で責任転換だと思っています。私たちが、今、ここで、自分たちの頭のなかや体にある資本(スキル、技術、経験など)を伸ばすことが大切だと思います。というのは、我々の世代(前後を含む)が、この経済のなか一体、退職ができるのかというのは保証がありません。 ですから、子供のせいにせず、自分たちを含めて考えましょう。国家の品格などの議論で、子供に分かいころから無理強いしてでも本を読ませろという議論がでてきますが、そういうフウに、子供にやってもらおうという時代じゃないと思うんです。 もし、本を無理してでも読ますことが効くのであれば、20代でも30代も40代でも、50代でも、60代でも、効かないといけない。逆にいうと、大人が、無駄だと感じるものは、子供だって嫌だと思います。 まずは大人として、教育投資をして、実際に効くもの、、、そういうものを子供にやらすのはよいですが。  (いや、子供時代にしかできないことがある。子供は頭が柔軟だ、、、と思われるかもしれませんが、喉革命を経験された人は、いかに人間の脳が、大人になってもFLEXIBLEであるか、ということをご存知だと思います。)大人として、自分はこういうのが得意というのが誰にでもあると思います。たとえば、指導力のある人というのはいる。計画力とかね。 私は計画力に欠けているのです。例えば、MIXIのコミュニティで、今度、スカイプで会議をやりましょう、、、と提案しましたが、そのときに、きちっと、この日にちにやりましょう、、、という感覚がないので、だらだらと計画にならないんです。  これは大学院の文化だと思います。締め切りがないもんだから、計画をがんがんできない。 ところが、計画などが非常にうまい人がいる。うちの親父、兼、喉応援団長などは、そういうのができるようです。地元の祭りなども、計画実行してしまいます。 そういう風に、「できるもの」を誰もが持っている。そのできることをどうやったらできるのか、、、というメソッドを開発しましょう。で、みんなでそれをSHAREするわけです。 私はいつも思うことがあります。それは「喉もとすぎれば暑さ忘れる」という諺にちょっと似ている状態です。  面倒ですが、例から始めます。 プログラミングをやっていて、いつもやるプロシージャがあるんだけど、それをいつも、SAVEしておくのを忘れるんです。だから次にそれをしたいときに、また最初からやらないといけない。 それは、あ、できたと思ったときに、それをちゃんと保管しておくことが面倒になるんです。 喉もとすぎれば熱さを忘れる、、、というのと少しだけ違いますが似ています。  大変だった作業もやり終えてしまうと、その作業のやり方を書いておくのを忘れてしまう。 で、これは自分だけのことですが、社会でみたらどうでしょうか? 誰もが得意なことが一つぐらいあるはずですが、どうしてそのことが得意になったのか?どうやったら得意になれるのか、、、ってのを人に説明するのが面倒なので、やらない。 社会的にみるととても無駄ですよね。  で、たまに、説明する人がいますが、全然、自分がやっていない方法をメソッドとして発表してしまう人もでてきます。例えばですが、英語を覚えるのに、何かをやたらと繰り返すというメソッドを提唱している人がいるとします。その人はとても英語が得意かもしれません。でも結構、本人自体は、そういうメソッドをやったから、うまくなったわけじゃなかったりします。 でも、後輩たちは、ああ、あの先生がそういっているなら効くはずだと思うでしょう。 私にも経験があります。社会学の統計をする人たちがあつまって、社会統計手法の本を書きました。何年か前、社会学の一つの資格として、社会調査師というのを確立されたのですが、その一つの教科書となれば、、、という思いで書かれた本です。 ところがですよ、私のようにすでに社会調査のやりかた、データ分析のやり方を知っている人は、そういう制度をつかったから、分かるようになったんではないんです。どちらかというと、プロジェクトを通じて身につけていきました。  もし、私自身が、資格制度というのによって、社会調査を学ぶなら、嫌になってしまうでしょう。あまりにも多い項目、必ずしも、使うわけではない項目をカバーしないといけないからです。 現代社会は、そして特に日本社会は、試験とか資格という発想が強いように思います。実は試験とかせんでも、できるような分野でも、試験をつくり、何年も修行させるような制度が作られます。なんででしょうねえ。 今、この景気が悪いときに大切なのは、何かができる人が、そのメソッドを開発し、それを多くの人とシェアすることだと思います。 そういう意味で、私もやってみようと思うのは、もちろん英語の分野もありますが、あと二つあって、一つは数学やら統計を一体どうやって使ったら経済活動に役立つかということ、二つめは音楽理論・実践です。  皆さんはどうですか。 私は、どうしても、理論とか学問とかそういう方向に行きがちなので、指導力の分野などよく分かりません。運動などもよく分かりません。 音楽理論、実践というのは、私がこの5年ぐらいで貢献できそうな分野です。私は例えば、ピアノはそんなにできないんですけど、なぜか聞いただけで(もちろんメロディーを覚えないとやりにくいですが)、伴奏ができるんです。適当に。 全然、日ごろ弾いていません。が、あるメソッドを使っています。使っているメソッドはギターでも使っています。  ピアノよりもまず先にギターでやってみるかもしれませんが、音楽のシステムというのは以外と単純なのですが、音楽のせいでというより、楽器の物質的な特徴が音楽のシステムをわかりにくくしています。 物質的な特徴というのは、ピアノでいえば、黒鍵の並び方とかです。ギターでいうと、4弦から5弦に行くところで、音程の合わせ方がちょっと変わってくることです。 そういうのは、なんらかの形で、そうセットアップしておくと、弾き易いということだと思うんですが、自然に存在する音楽のシステムを隠蔽してしまっています。 だから、そのあたりを直したい。黒鍵を配列を現在のやりかたでやると確かにハ長調は弾き易いが、他のキーだとめちゃくちゃ分かりずらくなる、、、とかそういうことです。  で、そういう記号の体系が分かる人だけが、ピアノがうまくなるというのが現在の言説状況です。言説とは言われているもの、実践されているものの総体をさしてつかいます。 きまって、がんばれとか、最後までやれとか、できないんならやめろとか、そういうドラマチックな言説的なるアーティキュレーションを伴います。 でもね、音楽も英語喉的な世界と同じで、実は結構シンプルな世界がある。しかし、それが非常に複雑なものになっているし、また、師弟関係、教師と生徒の関係があって、わざと?複雑なものになっている。 そういうのを開放したい。これは新年の抱負としたいです。  知識、スキル、技術、のメソッド開発によって、誰でも短期間でできるようになる世界を構築する。これこそが、経済が悪化した世界で求められていることだと思います。 クリスマスあたりに、ギターの譜面みたいなのをみていたんですが、そのとおりに弾いていたら手が痛くて弾けない。コードを教科書どうりに弾くとね。 アコースティックギターでFを弾くと指が痛いんです。 でもね、MIXIなどのギターのフォーラムを読んでいると英語の世界と全く同じ。  毎日の練習が大切ですね、、、がんばります、、と。 そういうことではないんです。それを実証するためにも、ギターの弾き方というのを示してみたいです。 実際、ギターとかができる人って、そんなに苦労してできるようになった人はおらんと思うんですがどうでしょうか。私も、中学のあたりで、すでに今のレベルに達していました。 そのきっかけは、喉応援団長が、2時間もかかる広島市にあるキサダ楽器に行って、ギター教室に3,4回ぐらい行くようにセットアップしてくれたんですが、たまたまその先生がジャズの教科書を使っておったんです。で、その教科書全部が役にやったということではないだけど、ギターのどこからでも、ドレミが弾けるようにという練習があったんです。  結局、ギターはスケールなんです。意味はわからんかもしれませんが、それ以上でもそれ以下でもない。C#がどうのとか、考えて弾く必要なありません。 このあたりは具体的にしめします。 でね、できる人はできない人に分かるように、できるようになるように教える方法を開発すること。開発したら、その先生がいい先生だとか、恐いとか、全然関係ないと思うんです。それから、できない人は、できる人に、「聞くこと」が大切だと思います。見て盗めというのは結構、限界がある。素直に聞いてみよう。 先生、わからんわい。もうちょっとよー説明してーやあ、、、と。  長くなりますが、基本が大切だとかいう言い方は今年から廃止しましょう!基本が大切だという言い方は、結局、先生が権力を保つための方法にしかすぎないんじゃなかろうか。 こないだNHKで剣道を紹介してたんですが、本当に面白かった。格闘技の専門家のアメリカ人のホスト(こないだまでは、日本のファストフードを紹介しとったんですが)、が初めて剣道に挑戦しとった。 で60歳をこえとる先生は、基本が大切、基本が大切というんだけど、本人は、こすいんじゃあ。面を狙うふりして小手とかね。そのアメリカ人はこてんぱんにやられとった。  つまり、基本が大切だというと、初心者はまっすぐとかしかうってこんし、声を大きくだす。そうやらせといて、自分は、ややコスイことをやって勝つ、、、というように見えました。 つまり、先生としては基本を強調すればするほど、勝てるわけ、、、生徒としては、基本を信じれば信じるほど負けるわけです。 これはカラクリだと思いましたよ。  ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

喉実践者コミュニティーにいきなりひきづりこみました

人気ランキング、まずは、クリックをお願いします。いい感じでトップ10内に入っています。今は何位かな??? さて、昨日は学会で、朝、発表がありまして、土曜日の朝8時と早かったのに、13人ぐらいの観衆が集まってくれまして、無事終わりました。 この学会は、評価研究の学会なのですが、政府や団体が、科学研究のインフラに投資して、その結果をどう測るかというのが、多くの人の課題のようです。だから日本からの研究者の発表も、そういう内容でしたし、アメリカの研究者の多くも同じような設定での発表でした。 しかし、やはり結果を知るためには、まず、何を測るかを知らないといけないのですけど、その場合、どのようなことをするのか、何を期待するのか、、、をまとめるためにLOGIC MODELというのを組み立てておくのです。私の会社でLOGIC MODELの作り方などを専門にしている人がいます。どのように改革を行うかの指標になるわけですが、また評価研究をどうするかの指針にもなるのです。 例えば、大学の改革をどうするか、、、となると、例えば、研究者間の協力度を増やす、、、そして、それが、例えば、査読つき論文の投稿採用の数につなげる、、、とか、そういう関係をはっきりと絵で示すのです。そして、そういうのをどうやって測るか、、、を考える。協力の度合いであれば、サーベイで調べるとかして、数値化していきます。サーベイ調査の専門家が活躍します(質問票、アンケート調査のことです)。 ネットワーク分析というのがありまして、例えば、10個の団体があり、その間の関係を調べるには、それぞれに、どの団体と密な関係がありますかと聞くようなサーベイをしておいて、そのネットワークのマップをつくります。ネットワークの濃度なんてのも計ります。ネットワーク分析の専門家がいるし、そのためのソフトウェアを作る人がいます。私自身は、自分で行列計算を使って、シンタックスを書きながら計算するのが好みです(ソフトウェアでクリックしたりするのがいやなので、、、一体、何が起こっているのかがわからないのがはがゆいから嫌です)。 もし、例えば、大学内の学部間のコラボレーションを上げるのが目的ならば、そういうネットワーク分析をつかって、コラボレーションの度合いを数値化してみると。その数値化するのを、英語にするほどではないけど、MEASUREMENTと読んでいて、それ自体が専門分野です。 コスト&ベネフィット分析なんてのもあるのです。例えば、政府が、青年たちのドラッグ使用を防ぐために、1億円使ったとします。そのおかげで、例えば、1000人の若者が監獄にいかなくてもよくなったとしてます。1000人の若者を監獄に入れるのに2億円うくとします。すると1億円、国家は得をすることになります。これは、勝手に例として考えた例です。 私たちの発表自体は、生徒のドロップアウトの予測モデルをつくって、すにであるデータを使って、これまで言われている理論を検証することでした。 色々な専門分野がありますが、一つぐらいは、学校での勉強+経験で非常に深く知っておいて、あとは、仕事、経験を通じて浅く広く知っておくのが大切じゃないかと思います。 そういう意味で、就職難は、決定的な打撃となり、のちのちの国家運営に深刻な結果をもたらすことでしょう。今分かることではありません。 対抗案としては、自分たちの生活、仕事のなかで、なにか自分なりに工夫して、今日よりも明日、明日よりもあさって、、、と言う具合に、スキルや知識をつけていくことです。そのスキルは、自分で見つけないといけないでしょう。結構、お金がいらないものだったりするのでしょう。例えば、エクセル関数の使い方とかだと、地味な仕事をしながらでも、ゆっくりとエクスパートになりえますね。 やはり情報収集能力において英語はすごいと思います。ネットの検索にしても英語でやれば、早いように思います。よく日本では翻訳がさかんなので、困らないと言う人がいますが、それは英語が理解できないので、いかに英語の世界が情報にあふれているか、お人よしでただでなんでも教えてくれるギーク達に満ちているか分からないからでしょう。 この点はMASAさん、KAZYさんのように、ゲリラ的に英語を話すことです。ただし、頭をフルに回転させて、英語の勘をつけてください。 さて、今週末の英語喉ライブの直後に、KAZY氏のリーダーシップのもと英語喉SKYPEクラブを開催しますので、ご期待を。SKYPEで初心者さんたちにも英会話をしてもらおうということで、KAZY氏のご提案を受けて、いかに初心者の英会話力をつけてもらうか、、、ということを毎週1回やりますので、参加希望のかたは、本サイトにご参加されるとよいのじゃないかと思います。本サイトでレジスターすると、外国人メンバーとの交流ができます。フレンドシップ申請をして、SKYPEIDを交換するとよいのです。 参加の条件は、英語喉実践者であることです。 今の自分の英語で困りません(だから発音をよくする理由がありません、、、と言う意味)と言う人でも、英語ができないために、いかに、損をしているのかさえ、見えないわけで、これは困ります。例えば、私は英語ができるから、その人がいかに、透明人間化しているかが見えます。しかし、透明人間の立場からは、いかに損をしているかがわかりにくい。 英語喉をやっていると今回学会で発表すると、人が発表のあとで質問をしてくれたりとか、ちょっと人と話すと名刺をくれたりとかです。ある発表のときに質問したら、後で、発表者じゃないアメリカ人の人が私のところにやってきて、説明を始めます。 今回特に、同じ会社から来ているのだけど、普段は一緒に仕事をしていないメンバー達と喋るときに、本当に、仲間と喋っている感じで一体感がありました。 ホテルでは朝、朝食が出るのですが、知らないおばさんが、(ここは、大阪かよ?という勢いで)、ワッフルを自分でつくろうとしていたら、「私のうちに同じ器具があるのだけど、こうやってこうやるのよ」とお人よしに指導してくれるだけでなく、勝手に、ひっくり返してくれていたり、その人のお母さんが、「あなた、あのピザみたいなのは、ソーセージがのっていていいよ」とか教えてくれます。たまたま、今日の朝食には、ソーセージやベーコンのような肉類がなかったので、私が従業員さんに尋ねているのを横で聞いていたのです。 おい、ここ大阪かよ??? ってのは、大阪の電車で、XX駅は行きますか?と聞くと、実際に聞いた人じゃなくて、たまたま横で聞いていたおっさん、おばはんが、「あんた、次の駅やで」と教えてくれる様子を指しています。 これは広島でも同じじゃないかな。 会社がブースを出していたので、その片付けが私の係だったのですが、なにか準備の手違いで、走り回りましたが、電話で業者に聞いたり、ホテルの人に聞いたりと、色々な人に助けられました。なんか、あんまり関係なさそうな、UPSの兄ちゃんが、なぜか、特に助けてくれたのですが、これが口発音だったら無理だったなと思います。アメリカ人は合理主義者だというのは、それは英語が分からないから出てくる発想だと思います。…