言語相対主義 英語だけではないという主張は確かに正しい

英語が国際言語のようになっている現実に警笛を鳴らしている人が多いが、それは確かで、スペイン語とかその他の言語に目を向けると学ぶことが多い。

YOUTUBEで4本、スペイン語の動画を作成した。

その直後に、ラップトップの電源関係がやられてしまって、動画作成ソフトを使えなくなった。だから、この2週間ほど、新しい動画をUPしていない。

当然、視聴者数、新規登録数が急降下、、、

かと思ったのだが実際は、上昇している。

動画作成をストップする前は1ヶ月の新登録者数は平均80人程度。

現在は120名。

どういうことだろう???

英語で動画をこれまでに作ったが、英語ネイティブがコメントをくれるというのはまれにしかない。ところが、スペイン語の動画には、ラテン世界から、色々とコメントが集まっている。

もしかしたら、スペイン語で話すアジア人、日本人がまれだからではないだろうか?

英語で話す日本人、あるいはその他の外国人はたくさんいるだろうが。

ちょっと探してみたところ、スペイン語で情報発信をしている日本人が今のところ見つからない。

そういえば、自分はスペイン語をやっていたので、英語ネイティブ以外の交流もあった。だから、英語だけが国際語じゃないというのは、分かる。

10年ほど前にDCで走っていたら、その時点から20年ぐらい前に同志社に留学していた人に、偶然、会った。え???

ポーランド系の女性だったが、なぜ覚えていたかと言うと、なんとなく猫背っぽくて、髪を熱心に書き上げるしぐさが20年以上前と変わっていなかったから。

友人たちと一緒にバンド演奏を聞きにきてくれたこともある。

「あ、スペイン語喋ってた人ね?」と言われました。

動画をスペイン語で作成し始める状況がそろえば、まずやってみたいのが、「畑と田んぼの違い」。なんとニッチな話題。ちょっと都会から始めると日本の家の周りには、結構、畑があるので、それについて説明してみたい。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

ボランティアで英語喉を教えていたら、地元ワシントンDCの日本人専用掲示板で非難された件

ワシントンDCでボランティア活動で英語喉を指導していることは、周知のとおりですが、直君との会話を紹介したあと(http://www.youtube.com/watch?v=d2JWkAOOhfI&feature=plcp&context=C42f30bcVDvjVQa1PpcFNEUKaATngbG9mo84VFwl5Ku6La7SiASjw%3D)、以下のような展開になりました。全然、心がアタタたまりません、、、。ま、今風邪中なので、しばらくは教えていませんが、、、。

茂木健一郎氏に英語喉をやってもらう請願書(目指せ!署名5万人)

茂木健一郎氏が最近、YOUTUBEに独自のプレゼンテーションをUPされていた。聞いてみると内容は専門的な内容ではあるが、発音が日本語発音というか、標準語発音すぎて、これでは相手に伝わらないと感じた。 そこで、茂木健一郎氏に英語喉をやってもらうために請願書をここに書きたい。署名は、この記事の下のコメント欄に皆さんに、ちょこっと書いてもらうことで代わりにしたいので、ぜひ、何か書いてくださいね。拡散のほうもお願いします。

で、英語喋れるの?

と聞きたいと思うことがある。 ある英語指導者のかたが、たらたら、英語勉強論を述べているのを聞いていたのだが、で?それやって、あなたは英語が喋れるのですか?と問いたくなる。 これを言ったらおしまいだと思う。でも、アンフェアである。勉強の仕方は、その先生の本を買うということに直結しているからだ。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 英語を話せるのは当たり前、という認識がいまの世界にはあると思います。英語以外に何をどれだけ話せるかが語学力なのでしょうか… 「プロの通訳者が集まるパーティで英語専門の通訳者は彼ら同士でしょぼしょぼ話してるけど、他言語の通訳者たちはいろんな人と言葉を交わして和気合い合いと楽しんでるんだよ」なんて話を聞いたことがあります。私はスペイン語以外にイタリア語とフランス語を勉強するんですが(大してやらないですが)、少なくともこれらを口に出してるときは英語よりもオープンな気分になれてすごく日本人離れする感覚があります。(ある意味アメリカ人って日本人的ですよね、南ヨーロッパとか中南米の方が本当に“ガイジン”だと思う…って感覚分かりますかね)
    A proposito estilo del trabajo en Espana o en italia es mas facil que trabajo en Japon. Ellos tienen tiempo del almuerzo desde 12:00 hasta 15:00 bebiendo el vino en los casas. Es absolutamente imposible en Japon!

    1. >少なくともこれらを口に出してるときは英語よりもオープンな気分になれてすごく日本人離れする感覚があります。
      日本人離れどころか、外人離れですね。

      アメリカ人でもスペイン語が喋れる人で、特に、母語でないのにって状態はかっこいい感じです。