英語喉(R)発音テスト 第2回 

HILARIOUSという単語のシラブル数と発音についてです。

http://estat.us/blog/nodotest2.htm

次回は SERIOUSとKILOMETERをとりあげます。もし、ネイティブとつるむ機会がありましたら、つきとめておいてください。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

6 thoughts on “英語喉(R)発音テスト 第2回 ”

  1. 今回は両方正解出来ました!

    時々「不思議な発音」の単語がありますよね。
    日本語の難読地名のようなものなのでしょうか?「喜連瓜破」とか「放出」とか「立売堀」とか(笑)

    音声ファイルや動画を拝見してると「広島弁」講座的なイントネーションが楽しいです。
    中学の時に広島からの転校生に色々と教えてもらいました。
    学校で流行ったのは「ぶちたいぎぃ」でした(笑)

    先日てんまさんのセミナーに出席しました。
    参加者の発音チェックで”heat”でチェックがあり、「英語喉」で練習してたように発音したらてんまさんに「完璧!」と言ってもらえました!

    まぁ他の部分ではボロボロだったんですが(笑)
    あとPolaroid cameraの発音の”Polaroid”の”ro”も褒めてもらえました!

    ほんとに他の部分ではボロボロだったんですが(笑)(笑)

    てんまさん曰くまだ発音が「↑↓にぎくしゃく」してるとの事でした。
    まだ「喉」が定着出来てないんだなぁと…

    しかし、生てんまさんの発音は本当に滑らかというか、以前ジーナさんが”seamless”と表現されたのを納得しました。

    で、「英語喉」と「機関銃英語」の売行き好調、おめでとうございます!
    ようやく「時代」が追いついてきたんですね。

  2. こんにちは。両書を買って英語喉を実践しています。

    元来、ゲップがおこったことがないので、いまいちゲップエリアが

    分かりません。どうにか、ゲップエリアを理解する方法ありませんか?(ゲップを起こそうと練習してるんですが、)

  3. PS 喉を響かせようと努力して喉を痛めてしまいました。
    喉を意識することを努力すると自然に力が入ってしまいます。
    喉振動をするととてもしんどく感じます。何かやり方を間違えて進んでいる気がします。
    何かアドバイスを頂けたらと思い、書き込みました。

  4. ZAKさん

    よろしければ、question AT estat.us に音声をお送りください。

    他の皆さん、

    どなたか、音声UPの方法をBLOGなどでまとめておいてもらえないでしょうか。そしたらそこにLINKを貼らして貰いますが、、、。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.