国産ネイティブ MONKさん

国産ネイティブ MONKさんをご紹介します。先日の私のアピールに答えていただきました。MONKさんには、非常に長い間、応援していただいています。MONKさんの応援のおかげで、私たちもがんばれるという感じです。一緒に、喉の歴史を経験していただき、本当にありがとう!

英語喉前

www.estat.us/blog/monk06.10.24.wav

英語喉後(現在)

www.estat.us/blog/monk09.7.23-2.wav

音声を最初に聞いたとき、感動でちょっと全部聞けませんでしたよ。すばらしい。 2ビートと3ビートの聞こえ方の違いがよく分かって、学習者のかたにも役立ちますね。以前のほうは、ぱぱぱぱぱぱ(2ビート)って感じがします。後のほうは、ぼんぼんぼんぼん(3ビート)ですね。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “国産ネイティブ MONKさん”

  1. ご無沙汰しています。

    先日は喉メンバーの一人にお選び頂きありがとう
    ございました。
    少人数のセミナーでエミネムを披露し
    喉のおかげだと本の紹介をさせていただきました。
    かずさんがおっしゃっていた、私の知り合いかもと
    言う人は、その時にいた人ではないかと思います。

    それにしてもMONKさん凄いですね。
    喉以前も普通の人が聞いたら全然凄いです。
    きれいな発音です。

    ところが喉実践後をきいたら
    驚きです。

    導入部の挨拶はまんま
    ネィティブです。

    喉恐るべしです。

    これからも各地でエミネムを披露し
    喉の普及活動に努めたいと思います。

    これからもよろしくお願いします。
    かず先生。

    では。

  2. タチさん

    まさにそのとおりですね。不思議なのだけど、タチさんと私が考えたことが全く一緒。最初に聞いたとき、あ、いい声だし、結構、うまい、、、でも喉後を聞いてみると、おお、違う!と。そして、ちょっと不安がきます、、、

    うーん、この違いは実践者だから分かるんだろうなあ、、、英語喉をやってない人に分かるのかな???と、、、

    喉をやると、反応が似てくるのでしょうか。

    例えば、よくコメントをくださるアキさんが言うこと言うこと、うんそうだ、そうだとか思うことがあるし、昨日も、実際に教えていたとき、隣のかたが、なんか、ごろごろと喉を鳴らしているんですが、その鳴らし方が私の鳴らし方と全く同じだった。ごろごろごろごろ、、、と鳴らしてらっしゃったんです。
    http://www.estat.us/blog/gorogoro.wav
    なんの意味もない音の連続なんだけど、なんかピンとくると、そんな音を出したくなる。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.