動画紹介:英語喉ボランティア講座2011年9月24日 在米3年の男性

在米3年の日本人男性を奥さんと1時間半ほど(有料で)指導させていただきました。このとき、9月の時点では、講義の全体の録音はしていませんでした。英語喉発音指導前、指導後だけの音声です。

ただし、プラスアルファとして、最後のところで、英文素材を読んでいただいているときに、画面にも英語が映るようにしました。喉にも発音位置(響かせて音色を調整する位置)が2箇所あります。首の根元にあたる部分はげっぷエリアです。そのエリアを響かせる音には、字の下に線を引いています。

英語喉をすると、イントネーションを気にする必要がなくなります。ゲップエリアの音は、さすがに、首の根元の音なので、自然と音が下がる感じになります。

著者は、聾の人にも英語喉で発音指導をしています。二人目に教えたかたは日本人の聾のかたで、そのときに気づいたことがあります。耳は聞こえませんが、英語喉で個々の発音だけでなく、イントネーションも正しくなりました。喉の根元で発音すべき音が、自然と勝手に低くなるので、自然になるのです。

イントネーションを気にする必要もありませんから、英語が楽に喋れるようになります。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.