文部科学省の試み、スーパーハイスクールのような教育プログラムの評価の仕方の話

FBに書いたことを転載しました。

先日だったか、英語のスーパーハイスクール校の当選高が発表されました。本日は手短かに、このような試みの評価の仕方について書きたいと思います。どのようにすれば、厳密に、スーパーハイスクールのような政策投資の効果を検証できるでしょうか?

仮の数字を使います。

来年度、40の高校をサポートできる資金を文部科学省が持っているとしましょう。すると、その2倍の数字、80の高校を一次当選させるのです。そして、その80の高校をランダムに二つに分け、合格組と、合格だったけど、すみません、不合格みたいなもんです、、というグループに分けます。

前者は実際に資金を得て、特殊なプログラムを生徒たちに受けさせます。これをTREATMENTグループと呼びます。

後者は、残念ですが、なんにもしません。前からやっていたことを続けてもいいし、別に何をしてもよいです。これをCOMPARISONグループと呼びます。

さて、4月に新学期が始まりますが、すぐに、両方のグループの生徒にGTEC、TEAP、TOEICのような英語の試験を一つ受けてもらいます。これをPRETESTと呼びます。

できれは心理統計モデルに基づいた標準テストが理想です。

学年の終わりにまた、試験を受けてもらいます。これはPOSTTESTと呼びます。
PRETESTとPOSTTESTのスコア、その他の生徒のデータが集まったら、統計分析をしますが、目的は、結局のところ、特別の資金を得て、特別なプログラムで教育を受けたTREATMENTグループのPOSTTESTスコアが、そうでないグループよりも良いかを比べます。

(言い方が難しいですが)、絶対と言うわけではありませんが、PRETESTを統計モデルでコントロールすると、グループ間の違いが、わかりやすいです。学校の数が80だと、統計的なパワーがそんなに強くないので、このような調整をすると、パワーが補足されます(そうすると統計的に有意な結果が出やすい、、とかくと、なんか悪いことでもしているようですw)。

以上です。グループの違いが統計的に有意であること、そして(またしても、説明しにくいですが)、スコアの違いがSDで考えて、せめて.20 、.25ぐらいは欲しいところです(ソフトな科学なのでか、教育リサーチでは、そんなに大きな違いが出ないのが普通)。

以上が厳密なメソッドですが、実際に実行するのは、色々と困難です。そもそも、1次で合格したのに、2次で不合格になった高校が、実験に参加してくれるのかという問題もありますね。何らかの、約束をとっておくか、2年後には、合格させますよ、、というような約束がいるかもしれません。

そもそも80校以上も応募があるのかというような問題もあるかもしれません。実験では、そのくらいの学校の参加数がないと統計のパワーが充分でなく、結果が出にくいことになります。

Related Articles

NHK WORLDの日本語講座

NHKWORDに日本語講座がある。金田一先生がでてきて解説する。 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/nihongo/index.html で、いつも思うのだが、金田一先生の説明がちょっとおかしいように思う。毎回、毎回。 例えばだが、「すみません」という表現を説明するときに、「すみません」には複数の使いかがあります、、、と先生は説明する。で二つぐらいその用例を説明するのだが、、、 (1)相手を呼ぶ場合 (2)あやまる場合 という具合に、説明し、この表現がいかに複雑で、気をつけて使わないといけないか、、、という印象を与える。 これは一つの例だが、いつも同じ感じのコメンタリーを先生はされる。 でいつも思うのだが、(1)も(2)も同じじゃないか?と。どっちとも、あやまっている、、、ということではないか?だって、人を呼ぶ場合、すみませーん、、、というのは、まあ、あやまっているようなもんだ。邪魔しますが、こっちに注目してくださいってことだから。 英語でも同じだ。EXCUSE MEは(1)と(2)の状況で使われる。スペイン語でもフランス語でも同じだ。もしかしたら、どの言語でも同じじゃないか? (1)も(2)も違う状況に見えるように番組はスキットを準備してあるのだ。ポールさんという髪の長い俳優さんがでてきて、大家さんとか、同僚との会話を見せてくれる。 思うに、どんな状況で使おうと「すみません」は「すみません」だし、おそらく世界のどの言語だって、同じだろう。勉強しなくても、違う状況で使われているようにみえる表現の意味は分かる。 つまり、勉強しなくてもいいものを、あえて複雑化して説明しているように思えてならない。 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532    

FBより転載 一番見て欲しい動画はこれ

私のFBフレンドには、英語教育関係のかたや、海外に住まれた経験があるかたが多いので、以下を書きました。 しばらく、欝な描写が続きますが、必ずやハッピーエンディングがあることを約束しますので、緊張しないで読んでくださいね。長文プラス、さらに動画をみてください、、ということですので、負荷がかかりますことをお許しください。 今まで自分が作成したYOUTUBE動画の中で一番人に見てもらいたい私の体験談があります。この文の最後にURLを載せましたので、ぜひご覧ください。 私は20年アメリカにおりますが、最初の10年は、そもそも、アメリカ人に話しかけられなかったし、レセプションや会議で同じテーブルに座っても、顔さえ見てもらえませんでした(ちょこっと話しても、すぐに、飲み物を~と消えてしまいます)。10年前に全てが変わり、今は、普通にアメリカ人と働いており、平等な立場で話しています。皆さんの中で英語がまずまずできる方でも、西洋人との議論になると、疎外感を感じるかたがおられるのではないでしょうか? どんなに英語の語彙を増やしても、文法を勉強しても、歴史の勉強をしても、この点を、この点をクリアしないと、日本人のグローバル化は無理だと考えます。 なぜ、アメリカ人が会議などで、私のほうを全然みないのか、話をしてくれないのか。最初のころは、自分のことを知らないからだろうと思いました。ところが、10年ほど前にサンフランシスコの米国社会学会で100人以上の聴衆を前にプレゼンをした後でのレセプション、、無残にも、誰も話してくれず、隣の席に座ってくれたのは、英語ができない中国人のかたと、韓国のかたでした。 就職の面接でサンフランシスコに飛びました。そこでハッピーアワーに連れて行ってもらいました。どう考えても、自分が主役なはずです。ところが、アメリカ人が話し出すと、私のほうは、全然みてくれないし、話しだすタイミングがつかめず、またしても、「静かな日本人」に徹してしまい、、。もしかして人種差別?などと思ったこともありました。 私は英語ができたほうなので、米国のコンサルタント会社で就職しました。そして、10人ぐらいの同僚たちとランチに行ったときのことです。私の左と右で、すぱっと話をするグループが二つできて、私のほうは誰も見ていません。その時思ったのは、「もし今自分がいなくなっても、誰も気がつかないだろうか」ということでした。 そのころ、会社で廊下を通過中のあるアメリカ人のかたが、声をかけてくれたことがあります。その方は、日本に行ったことのある人で、私が飾っていた浮世絵に興味を持ってくれたのです。その時が、道を聞かれる以外でアメリカ人に話かけられた初めての経験でした(すでにその段階でアメリカには10年ぐらい住んでいた)。 ちなみに、日本にいるとき(大学生の時など)は、留学生の友達がたくさんおりました。ですから、アメリカでのこの経験は全く理解できませんでした。 さて、10年ほど前にあることを知り、それ以来、アメリカ人が急にフレンドリーになり、社交に全然困らなくなりました。バースデーのパーティーに呼ばれたり、仕事のあとのハッピーアワーにも普通に招待されます。会議でも、人が良く話を聞いてくれます。会社のキッチンでも、普通に話しかけてきます。 私がこのことを日本の人に知ってもらいたい理由があります。それは、おそらく多くの人が英語の語彙を増やせば、文法を学べば、積極性をつければ、コミュニケーションがうまくいくと思われていることだと思います。しかし、それらのことをするよりも、簡単なことがあるということを知っていただきたいと思うのです。 海外で英語を試されたかたは、英語が通じる、通じない以前に、アメリカ人や他の外国人が、そもそも、こちらを見ていないということに気づいたかたがおられるのではないかと思い、この場で紹介してたいと思いました。 もちろん、日本に住んでいる外国人は、日本人をそのようには扱わないと思います。ですが、外国人が複数で、日本人が一人だけの場合の議論とかは、突然、外国人が日本人を無視し始める現象は経験されたことがあるのではないでしょうか? 以下、自分の体験談を述べているところです。

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか?

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか? さて、今週末の1時間半スカイプセミナー、あと2人募集です。以下で申し込んでください! http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 喉発音がまあまあ、できるようになったかたの目標は いかに流動的に喋るか、、、にしませんか? 長崎の雨さんと以下の動画を真剣に見ていました。 下記で出てくるヴィデオ の中の’A.J. Burnet after Yankees’ shut out loss to Indians’ http://www.yesnetwork.com/media/video.jsp?content_id=15867945 です。このBURNETという投手は、けっこう、分かりにくい部分もあり、ジーナに聞いてもらっても、あれ?今なんてった?って感じの部分が微妙にありましたが、それでも参考にしたいのは、流動性、全然口に重心をおいていない、ポーカーフェース、、、などなどです。 私がアメリカで仕事をしていて、会議などでは、みんなこんな感じの顔で喋っていますよ。 すでに英語喉がまあまあできている人の次の目標は、ゲップエリアの底あたりを意識して、流動的に話すことです。これができていると次の発想の転換が起こります。 分かりにくいと思われる英語は、なまりがあるからとか、教育レベルが低いからではなくて、発音位置が低く、声帯の下の部屋のゲップエリアで音がスムーズにつながっているからだ、、、、 私も口発音時代は、黒人なまりがあるからわかりにくいとか思っていたことがあります。ところが、私の会社で駅から会社まで会社専用のバンに乗るのだけど、その運転手さんは、お年寄りです。黒人なまりもあります。 でも、全然、聞き取りにくくない。 また、私は口発音時代は、話者の教育レベルで聞き取りやすい、にくいが決定されると勘違いしていました。 発想の転換をしてください。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar