英語の発音でOの話

FBで書いたのですが、転用します。

**

今朝、友人とSKYPEでこの話をしていました。

発音記号ではOは、OUとされていますが、このウはUというほどのものではなく、Owという感じのもので、意識してUを言うというより、外国人の声を真似て、深い位置からOと言うと、無意識で出てしまう感じのものです。わざとウというとオウとなり、また感じが違ってきます。

日本で英語を勉強された皆さんと同じように、自分は絶対この音はOUだと思っていたのですが、8年ほどまえに、ジーナに指摘されて、Uじゃなくて、単にOを喉の深い位置から言ってみると、そういえば、OhとかOwという感じになるなあと納得したのです。

じゃ、便宜上、OUでもいいんじゃないかとなりますが、そういう風にしていると収集がつかなくなります。

例えば、日本人がRを聞くときに、ウが最初に聞こえる人がいます。だからといって、じゃあ、Rの発音を記号をuRとするならば、大変です。

Mではどうでしょうか?ネイティブがMだけを発音すると、少なくとも3種類の音が出ます。

1)まず唇がつくところまでにでるウのような音
2)唇がついた瞬間の、いわゆるMの音
3)唇が離れて、ちょっと吐息が出る感じの音

これを表現するならばMじゃなくてuMhじゃないかと言うことになります。

というわけで、Oは、まあ、喉の奥のほうから、Oと言っておいて、リラックスしていれば、自然のウっぽい音が続くということです。

人間の出す音ですから、音には幅があり、その幅の中で音色が微妙に変わることがありますが、ま、それはリラックスしておれば、自然に起こること。

日本人の英語感として、音が短いもの、瞬間的なものという感覚がありますが、そうでもありません。Mの唇が付くところだけをとらえて、両唇音と呼びますが、それは、幅をもった音の一瞬をとらえたものにすぎません(さらに、両唇をつけずにMをいうアメリカ人は結構いますが、ま、それは別の長い話になりますね。)

Related Articles

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

日本語を英語に訳すのではなく、心を訳せ(ということを真顔で言いたい)

さて、英語喉を直接教えていて、発音は、2時間でネイティブレベルにする自信がある。聞き取りは、人によって異なるのだが、この土曜日は、小さいッや、伸ばす音に惑わされない!ように指導して、音の聞き取りの成功率も精度をあげたい。このあいだは、最初はご主人に指導させてもらい、それで、その2週間後に奥さんに指導させてもらい、そのときに、「あれ~、聞き取れてる~~」といううれしい言葉を聴いた。しかし、この成功度を高めたい。 やはり直接教えるというのは効果が速い。日本で今英語喉を参考にしてくださっているのは、天満さんとYUMIさんだが、なかなかの成果を上げられているようでうれしい。もちろん、喉が開ききらない人も出るだろう。開く、、、という表現が正しいのか、、、日本語でするようにピコッって感じで緊張させない、、、ということなのだろう。もう、ご存知だとは思うが、念のため: 天満さんはここ http://processeigo.com/ YUMIさんは http://ameblo.jp/englishbootcamp/ (天満さんもこないだ書いてはったけど、勝手に紹介しています。内容などは、ご自身で確認してください!) 教えるときのこつは、どれだけリラックスしてもらうかということではないでしょうか?こないだ、ジーナが質問を受けて、ネイティブは体に力が入っていたとしても、喉はリラックスしたままだと言っていて、ピンと来たのだが、ジムで体を鍛えているとき、顔をしかめながら、トレーニングしているは私だけだということが判明(前から気がついてたが)。で、ワザと、喉だけはリラックスさせて、腕立て伏せとかしてみたのだけど、これって結構、可能だし、きっとネイティブはそうしていると思う。 体の緊張が、喉(首の中のパイプ)に連動していないのではないだろうか??? これって、喉発音の練習になるかもしれない。腕立て伏せしながら、意識して、喉の力を抜き、ありゃ、喉に力を入れる理由ってないんだな、、、と。 さて、今日のテーマだけど、最近、聞いていて、あれ、それ違うんじゃないかと思う言説だけど、英語を喋るときに、日本語の細かいニュアンスも訳す、、、とか、「よろしく」は英語でなんと言いますか?とか、日本語にあるけど、英語になりにくいことをどういうかとか? TWITTERで、よく、これはこういうみたいなのがある。どれもこれも、日本語から英語になりにくいもの。例えば、「つーかさあ」をどう言うかとか(今、これ例として作ったのだ)。 そういうのは、日本で英語を勉強する立場だと、覚えにくいし使いにくい。 さらに、日本語があって、それを英語に訳そうとするやりかたは効率が悪い。 もっと、言語になっていない、体、心のなかにある原始的な意味のようなものを英語にするとよい。例えばですが、アメリカに来て、英語が得意でない人が、子供の学校に行き、アメリカ人と交わり、そのあとで、「よろしく御願いします」と言いたいとする。 でも、それは、日本で社交辞令用の言葉であるところの、「よろしく」を訳そうとしている。 そういうときのコツだが、一体、じゃあ、アメリカ人が何を言っているのかを観察。よろしくとか言っていないと思う。 そういう決まり文句を日本語から英語に訳そうとするのでなく、日本語で、、、というか言語はとりあえず、横においておいて、体、心、頭の中に、抽象的にある意味を大切にする。 すると、言葉じゃないけど、「また会いましょうね」とか、「息子の友達になってください」とか、そういう意味の塊が心のなかにあるはずだ。 その意味を英語にするのである。 日本語を介入させずに。 今、例えば、頭の中をからっぽにしてほしい。実験で。そして、意味が浮かんでくるのを待って欲しい。それは例えば、「え?どういうこと?分からんなあ」という不安の気持ちが浮かぶかもしれない。あくまでも言語になっていない気持ち。 それを英語で言うのだ。 トイレ行きたいと思うかもしれない。それは体で感じることだ。 その原始的な意味を英語にするのである。 会話のとき、う~ん、この理由を分かって欲しいという欲求が、言語を解さず、心のなかに生まれるなら、そこで、BECAUSEと言うのである。 日本語を英語にするのはやめよう。あえていえば、心を英語に訳す?のだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.