機関銃英語が聞き取れるの82ページ

機関銃英語が聞き取れるの82、83ページには、皆さんが、おそらく生まれて、いや日本の歴史上初めて耳にするようなことが4項目ほど書かれています。そのうちの一つ(2項目目)は特に、インターネットで検索すれば、具体例を動画として見ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=9d5TMw6QGZg

これは日本語話者には実践が不可能です。日本語をしゃべるときに、喉ブレーキをかけてしまうので、不可能なわけです。逆に、この画像(ネット上に何千と存在します)は、喉発音という事実の証明となることでしょう。喉で発音しているからこそ、西洋人には、このことが可能なのですから。

言い換えれば、これができる日本人は2009年5月の段階で、喉実践者以外にはいないという言い方ができますね。あんまりやりたくないという気もしますが、、、(笑)。

英語喉が出たときに、ネイティブは歯医者に言ったとき、口を開けたままで、コミュニケーション可能なレベルでしゃべれるということをNIPPONDREAM上で書いたところ、

そんなことが信じられる人は、英語喉を試せばよい

という辛辣なレビューが出ました。

そんなことが信じられる?というのは、日本語の発声方法も、英語の発声方法も同じに違いないと思い込んでいるからでしょう。違うのは舌の動かし方とか、口のあけ方とかと思い込んでいる。

それでは、ぜひこの動画を見て、また、上のURLで大量の数で存在する関連画像をごらんください。

ありえない?

いや、ありえるのです。

メカニズムは一つです。

日本語が特殊なのです。日本語はだだだだだ、、と短い音からなる言語です。だから、常に喉を(無意識のうちに)緊張させているのです。

最近、MIXI上で、REFRAINさんがよいことをおっしゃいました。REFRAINさんは、喉を響かす、、、というのは実は喉をナラスということなんだと気づかれました。

http://www.nippondream.com/blog/2009521refrain.MP3 がその音声です。うまいぐあいに、喉が鳴っています。

REFRAINさんは、風呂からあがって、横になっているときに、その感覚が分かったそうです。ご報告によりますと、無理に響かせるという感じではなく、鳴らすんだ、、、ということの意味が理解できたということです。

鳴らす、、、という表現が一番ぴったりきたそうです。そういえば、猫は喉を鳴らしていますね。

鳴らすと響かす、、、って同じだとは思いますが、喉革命が経験できたあとで、考えてみると微妙に違うのかな。

鳴らす、、、除夜の鐘ですが、あれば、鐘が必死で、ビリビリと響いているというイメージより、脱力の結果(鐘に筋肉がないので力がもともとはいりません)、鳴っているわけですね。そういえば、手をそえてやると(力を入れることに似ている?)、その鳴りにブレーキがかかりますね。 

皆さん、もしMIXIをされているかたは、

http://c.mixi.jp/eigonodo

にご入会ください。メンバー制になっている理由は、メンバーのかたがたのコメントやアドバイスなどが、ものすごくよく、公開するには、あまりにもったいないというのが理由です。

よーし、オープンマインドでやってみるぞ!という心意気がどうしても必要なので、入会申請をお願いしているわけです。

MIXIというのは、ソーシャルネットワークサイトです。

オープンマインドがとても大切です。喉を経験し、オープンマインドで海外の友達をつくったり、外国で暮らしたりしていると、いろんな発見がありますよ。面白いですよ!!!!

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “機関銃英語が聞き取れるの82ページ”

  1. 初めてコメントをさせていただきます。
    いつもブログを楽しく読ませていただいております。

    私は歌のジャンルでのボイストレーナーなので、
    歌うことについての論になってしまうのですが、

    >日本語はだだだだだ、、と短い音からなる言語です。だから、常に喉を(無意識のうちに)緊張させているのです。

    という、ブログ文中にもあることが原因となり、
    これが歌にはかなり支障をきたします。
    歌詞(日本語)をブレーキ喉で歌うため、メロディに乗っても
    平たい感じになり、リズムに乗り切れない感じになります。
    (日本のアイドル系ポップス歌手のようになります)

    最近は英語まじりの歌詞も多いので英語で歌いたがる歌手予備軍も
    増えてきていますが、その喉で歌う英語の歌は悲惨で聴けません。

    これを直すのに、ボイストレーナの方々は解決策をひねり、
    あらゆる手段のレッスン方法を打ち出しています。

    そこで私はといえば、英語喉の発声法を使い、
    喉を鳴らした状態で歌詞(日本語)の母音だけをストレートにつなげて
    音色を変化させていくレッスンをしています。

    また、日本語の発音が喉の緊張によって、舌にも力が入り、
    「イ」とか「エ」は横に開いてしまい、さらに口のまわりや
    唇の筋肉さえも緊張させてしまうので、

    >鳴らす、、、除夜の鐘ですが、あれば、鐘が必死で、ビリビリと響いているというイメージより、脱力の結果(鐘に筋肉がないので力がもともとはいりません)、鳴っているわけですね。
    まさに↑のようなイメージで、喉の緊張感を抜き、
    顔の筋肉(とくに口のまわり)をだら~っとさせて歌う練習をしています。

    これらがとても歌唱レッスンには効果を上げていて、今までスキルアップに
    悩んでいたレッスン生がみるみるうちに変化し、声を出すことの喜び、
    歌えることの楽しさを感じてもらっています。

    このように英語喉の効力は、私の歌唱レッスンにも
    活かせていただいております。
    とても効果のある方法で感謝しております。

    これからもこのブログを拝見するのを楽しみにしております。

  2. リナさん、いいですねえ。喜びや楽しみを目の前で、分かち会えている様子が目に浮かびました。

    私達の学習文化では、なぜXXを勉強するの?と問われるときまって、将来どうのこうのとか、職業の問題になる、、、つまり時間的に後になる。

    でも、今、ここで何ができるのか、XXXをやると、何の役に、今、現在、いや今晩ぐらいに役にたつのかという質問が大切だと思います。

    英語をなぜやるの? もちろん、今、現在、この場で、コミュニケーションできるようになるため、、、と答えたいものです。

    色んな角度から、NIPPON DREAMを達成しましょう! 

    どうも、ご報告ありがとうございました!

     

     

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.