英会話の練習は、内容にこだわらず

英会話は、内容のある話をするとか、興味のある分野でというのが主流ですが、逆に、全く、考えずに、だらだらと話すことで、考えなくても英語になるような練習をすることができます。特に、普通は、論理を鍛えるとか、そういう方向に関心が向くものです。が、思うに英語ネイティブは、普段はあんまり考えずに話していると思う。あんまり考えずに話せるという前提があって、考えて話せるようになる。その土台を作るためには、だらだらと考えずに話す練習もいいものです。

頭を無にして話していると、まるで三輪車にしか乗れなかった子供が自転車に乗れるようになる瞬間のように、文法などにこだわらなくても話せるような瞬間がやってくることでしょう。ところが、内容にこだわりすぎると、文法を無意識に話せる練習になりにくいのです。

とにかく、頭を無にして、話してみましょう。以下では、私は頭を無にして話しています。するとイメージがそのまま英語になるような感覚が味わえる瞬間がきます。

よくペラペラ喋れるけど内容がない人がいるという批判がありますが、私は逆だと思います。ぺらぺらと自然に、頭が空っぽでもしゃべれなければ、内容のある話も困難でしょう。

実は、内容のないように思える、力を抜いたような会話こそが、心を伝えてくれたり、人柄を伝えてくれるので、ネイティブの友人などとつながりやすく、結果、内容のある話もできるようになります。心がつながらないと(つまり、信頼関係が気づけないと)、そもそも、込み入った話、歴史の話など、できません。物事には順番があるのです。

Related Articles

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

女性でも喉発音です

ネイティブ男性が喉発音であることは、すぐに分かることでしょう。ウシガエルの鳴くような声で分かります。ところが、女性はどう?という声をよく聞きます。以下では、皆さんと一緒にYOUTUBEの動画をみることで、女性の英語をきいてみましょう。 http://app.sightspeed.com/vm/nwst573nlamaxquw42msytulb262w3r9/hrpy/ja_JP/1/  低い声をだすから喉発音だというわけではありません。喉をフルに慣らして、音を区別している、、、というのが喉発音です。とはいえ、喉発音をすると低い声になりやすいことは確かですが、それでも、高い声でも喉発音ができないと喉発音をマスターしたとはいえません。 参考にしたYOUTUBEは以下のとおりです。 http://www.youtube.com/watch?v=58m-R_XWeYM http://www.youtube.com/watch?v=rbZBysQIwlo

括弧をつけて考えることは大切

三羽さんのところで、「ネイティブに英語を習えばいいわけではない」という説が紹介されていた。ある先生の書籍からの引用ではあるが、もう何十年も前から言われていることだから、その先生がどうのこうのという話ではない。失礼になりたくないので、断っておく。 http://ahalfyear.blogspot.com/2009/09/blog-post_24.html そういう言説に対しては括弧をつけておいてとらえる必要がある。つまり、とりあえずは聞きますが、まあ、深追いはしません、、、という態度が大切だ。 どういうことだろうか。 さっき、食堂を経営している韓国人のオジサンとしゃべっていたのだが、英語が全然通じない。ところが、あちらからは、ぺらぺらと色々英語が飛び出す。口発音+声が小さい、、、のでよくワカランのだ。GOOGLEの社長さんだったかが、英語の本を書いて、かなり売れていたが、確かアドバイスは自分のことか何かのネタを100個ぐらい覚えておいて、それをしゃべる、、、というやつだった。きっと、この韓国のおじさんも、お客さんにしゃべるネタを100個ぐらい覚えていて、それを繰り返しているのかもしれない。 そこで、英語喉の説明をしたのだが、これがそもそも全く通じない。ちょっとゆっくり説明したら、 いや、声というのは、人によって違うから、それが大切なわけではない、、、 と言い切った、、、と思う。とにかく、言っていることがよく分からない。 思うのだが、ご本人が英語ができないのであるからして、英語に関する意見は信頼性がない。 英語はネイティブから学ぶのがいいわけではない、、、というのも同じ感覚でとらえるのが無難であろうと思う。 英語が100%聞けて、しゃべれて、分かることがたくさんあるのだ。それができない場合に、色々と英語について語ると、色々な不備が生じてくる。 この韓国人のおじさんから考えると、英語が喉なんて、絶対にありえるわけがないのである。自分はアメリカに30年もいて苦労している。そんなよい話があるわけないのだ。 さて、ネイティブには英語の文法は分からないという考え方は間違っている。そういう神話はきまって、人からそう聞いたという話に基づいている。自分で体験した人だって、こんな感じだろう。 日本人:ねえ、XXXって文法的にどう? ネイティブ:さあ、考えたこともないね。 日本人: あ、そう(やっぱりな) つまり、この日本人はネイティブが考えたことがないというだけで、ネイティブには文法が分からないと決め付けてしまったのだ。時間だって3秒ぐらいだ。 しかし、ねばって、3日ぐらい考えてもらったらどうだろう。そうすれば、うまく説明に気がつくかもしれない。 英語喉は、共著者のジーナが全て発見し、教え方にしても開発をしたもので、私が考えたわけではない。しかし、私はいちおうねばったのだ。もちろん、相手がジーナだったから、正しい答えが得られたのではあるが。 会社で同僚に忙しいかと聞こうとして、「BUSY?」と質問すると、え?何?と全然通じないのである。それがなぜなのかを粘って聞いたら、ジーナが発見してくれたのである。 上の会話で、日本人がねばらないのは、自分にとって、そのほうが説明するのに都合がよいからではないだろうか? ね、ネイティブも英語の文法が分からないんだよ!と。 というわけで、私は、英語が100%聞き取れなかったり、しゃべれない場合は、英語教育に関する発言に括弧をつけるべきだろうと思う。まずは聴き取れるようになり、発音できるようになってから、色々と考え直すのがよいのではないかと思う。 とりあえずは機関銃英語で聞けるようになってほしい。 言語の構造を理解するのが大切だというが、じゃ、英語がしゃべれる?聞けるとなると話が違う。また子供がちょこっとアメリカに住んだだけで、英語が喋れるようになるというのも説明がつかない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar