メンバーオンリー記事 外人声になるもう一つの方法 生活習慣の知恵

最近、英語喉ライブをとっていて、後で聞いて驚くことがある。自分の声が外人っぽいことだ。外人より外人っぽいときがある。

心当たりが一つある。それは、私が英語喉ライブをとるときは、朝起きてすぐだということだ。それだけではなくて、実は、ある生活習慣が、朝起きたときの声を超外人声にしている。

それは、横向きで寝ることだ。

仰向けとか、うつ伏せではなく、横向き、、、そう、犬の寝方、、というか外人の寝方と同じ。

皆さん、横向きで寝てみてください。そのために必要なもの。

ふかふかの枕、2つぐらい (これじゃないと、顔の横面を、やんわりとささえられない)
ベッド(たぶん、床の上に引いた布団では、横で寝にくいと思われる。もちろん、敷布団を何枚も重ねればベッド状態にになるかも)

横向きで寝ると、肺が自然に動くために、息をたくさん使うことになる(犬が寝ているときに、息が深いことに注目)。肺の骨格が一番自然に動きやすいのが横になって寝ることだと思う。

睡眠時間が7時間としよう。すると、7時間深呼吸をしまくって起きることになるが、起きたときの声が外人声になっている。そのまま、だら~んとした感じで喋るといいのです。

Related Articles

ベッド&ブレックファストの謎・怪

週末に2時間ほどのドライブで、ベッド&ブレックファストへ行ってきました。アメリカ人のカップル、夫婦がよくする週末の短い旅で、前から、会社の人が行ったとかいう話をしていました。どんなものだろうと思っていました。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 夜のディナーでは、カップルが複数来ていましたが、話しかけてきた人達は、結婚記念日だったそうです。 もしかしたら、日本語では、、、コッテージ?山小屋???これは、とまったところです。 行っている間に、雪が降りました。後ろになるのが、母屋で、ディナー、朝食をするところがありました。 ワインテイスティングというのに行きました。10ドルで15種類ぐらいのワインをちょっとづつ飲みました。 私はワインは良くわからないのだけど、やっているうちに、うわ~おいし~~なんて体験できないかな、、、なんて期待しましたが、、、。 同じ建物にあるレストランで食事をしたら、たまたま、となりの席にそのワイン会社のオーナーの人がいて(ポスターのように写真が張ってあったのでわかった)、へ~、毎日、自分の店で食べてるのかな~~と思って、あとでウェイトレスさんに聞くと、イタリアから、1年に一回ぐらい来るそうで、それに居合わせたのでした。イタリアで、1番の地主だそうです。 雪が降ったのもあり、寒くなりまして、暖炉に火を入れました。 コッテージというのですか?山小屋のなかには本もかざりものようにおいてあるのですが、なぜか、、、 日本の小説が、、、景山民夫さんの、ティンカーベルメモリー、、、それも、福生市立図書館のもの、、、 実際の図書館のサーチエンジンで探してみたら、、、ありました。 http://www.lib.fussa.tokyo.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh 意味不明です。さらに、部屋には、アメリカの南北戦争の時の絵と思われるようなものがかざってありましたが、トイレには、なぜか、、、 意味不明だ~~。 以上の写真2枚がタイトルの「ベッド&ブレックファストの謎・怪」というタイトルにいたった理由です。   雪景色がきれいでした。これは窓からとったのだけど馬小屋です。

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 皆さんの中には、日本にいながらにして、留学せずに、英語をマスターしたいというかたが多いだろうが、それは可能だ。 もちろん、旅はよいし、留学もよいだろう。場所を変えてみて初めて分かることもある。私もこのあいだ広島に帰省して初めて、広島弁って英語みたい、中国語みたいに喉をしぼるように発声していることに気づいた。 しかし、日本にいながらにして、今、ここ、を外国にしてしまうことは可能だ。MASAさんがそれを証明してくれている。 さて、私もちょっとした工夫で身の回りが中国になりつつある。会社で同じグループ、同じフロアに5人ぐらいは中国語を喋る人がいる。その人達に、私は中国語を始めましたと、とりあえず宣言して以来、毎日、ネイティブの中国語に触れている。そして、そのたびに、頼んでいないのに、新しい表現を教えてくれる。 昨日は、私が、中国人の父さんを持つ同僚に、ニーハオと挨拶すると、なにやら、聞いたことのない返事が返ってきたのだが、それは、今日という言葉に値する表現だった。ジン、ティエン、みたいな表現だ。 ジンは、なにか中国人の名前みたいだな~、ティエンは、「天」らしい、、、ということで、とりあえず覚えてしまった。ただし、ジンのイントネーションは確認していない。 その彼女が、明日は、ミン、ティエンよと言ったので、あ、ミンは明だろうと予測。 イントネーションはまだちゃんと覚えていないけど、一度、本とか辞書で確認したら覚えれるかも、、、というレベルまで来た。 彼女が、中国語では、まず時間の概念を言うのよ、、、と教えてくれる。 へ~~~。 もしかしたら、中国語の動詞は、現在も過去も同じ形を使うから、最初に時間(今日とか、明日とか)を言ってしまうのかな~、なんて話をした。 すると、彼女が、過去のときに、ラ~ってのを加えることがあるんだけどね、と言った。これはまだ自分には無理だなと思ったが、うっすらと覚えておいたら、次にぶつかったとき覚えられるだろう。 中国語は、四声とかいうのがあり、同じ1シラブル・1漢字の言葉でも、音程の上げ下げ具合で4種類ぐらいある。 私は、それがはっきりしないとその単語を覚える気にならない。しかし、日本語でも音程を変化させると意味が変わるので、納得はする。 日本人は、高校受験や大学受験でとりあえず、カタカナ発音プラスありもしないアクセントの位置を丸覚えし、そのあとで、覚えなおすという気の遠くなるような作業をしている。 私は絶対それはいやだ。 さて、会社が終わって、駅にあるいていたら、私よりちょっと年上かぐらいの中国人らしい女性が同じ方向に歩いている。同じ会社かな?と思ったのだが、もしかしたらネイティブ中国語会話のチャンスかと思い、 暑いですね~ と英語で言ってみる。 すると、あなたは中国人ですか?と英語で質問してきたのだ。 な~るほど、私は、「角刈り」+「懸垂」+「たんぱく質補給」+「かかとに重心をおいて歩く(ネイティブの標準姿勢、英語喉29ページ参照)」、、、…

箱の外に出て考える 技能社会主義の薦め

箱の外に出て考えよというような言い方があるが、決まりきった見方ではなく、新しいものの見方をしてみようということだ。 喉革命以来、新しいパラダイムのお陰で、何か、新しい考え方がしやすくなったような気がする。特に、教育実践の言説において色々考えることがあるが、なぜか喉パラダイム以降は、比較的だが、新しい見方ができるように思う。少なくとも、いや、違った見方があるのではないかと思うことができる。 この数年で色々ないちゃもんをつけられてきたが、一番、腹がたったのは、発音とか聞き取りの分野のことではなくギター演奏のことであった。 私は、自分自身のギタープレーと、他のアマチュアとのギタープレイを比べて、とても、違うと思うことがある。 それは、他のアマチュアの人達は、ソロをひくときに、ギターのネック一生懸命みながら演奏しているということ。それに比べて、私は、ほとんど見ない。見る必要がなぜあるのか、全然分からない。昨日も、明日も、もちろん今日も、ドの位置はかわらないのに、なぜいちいち、人はネックを見ながら弾くのか。これがよくわからなかった。 ところがあることがきっかけで、なぜ殆どのギタリストが見ながら弾くのかが分かった。 それは、ソロ演奏のとき、普通の人は左手の指を3本しか使わないからだ。これは愕然とした。どう考えても、ソロを引くのに、使える指は、4本だ。なのに、普通のアマチュアは3本しか使わない。 3本しか使わないとフレットのところ(左手で押さえるとこ)が非合理的なシステムに見えてしまう。普通のソロには、だいたいだが、一弦につき4箇所押さえることが普通だが、私は4本使っているので、単に指を、そのまま「おろすだけ」だ。例えば、5、6,7,8フレットめを弾きたければ(注 これは左手です。弦を押さえるほうです)、 5=人指し指 6=中指 7=薬指 8=小指 だ。ところが3本しか使わない人たちは、この関係が成り立たない。その場、その場で決定しているのであろう。だから、鍵盤?いや、ギターのふれっとを熱心に見ないと演奏できないのだと思われる。 3本しか使わないのは、きっとギターソロの練習をやり始めたときに、小指の力がなく、そのままで練習しつづけてかたまったしまったということではないだろうか。 4本使っている私にとってギターのフレットはコンピュータのキーボードと同じだ。ブラインドタッチで、いちいち見る必要はない。そりゃ、大きく、弾く位置を変えるときは、ちょっと見るよ。ちょこっとね。 ジミヘンが、ギターを背負って弾くとか、歯で弾くとかいうことをしていたが、それは私だって当たり前のように出来る。それは、4本の指を合理的に使っているので、見なくても弾けるからだ。 さて、何が腹がたったかというと(ずいぶん前の話だ)、自分はなぜギターソロが結構、速く、そしてスムーズに弾けるのかと自分を観察したところ、その理由は、ある音を弾くときに、次の音へ行くのを予期しておいて、遊んでいる指をすでにそこにおいておく感じにするのだ。おくというより、手はべったりとギターのネックの上にあるのだから、そんなに大変なことではない。あ、それから、例えば、ある音を弾いても、それに使った指をいちいち離さないで、ちょっと浮かせた感じで、その場においておく。そうすると、指が自由自在に音をとらえることができる。(以前、いとこが遊びに来たとき、ギターソロをCHOPPYに弾いていたので、このアドバイスをするととたんに、流動性が増したように思った。) まあこれは、英語発音で言えば、3ビートである。音を個々に切りながらしゃべるのではなく、流動性を大切にしながらしゃべるのと似ている。 そこで私は、ギター学習者に、この奏法を説明したのである。MIXIにおいて(http://c.mixi.jp/kazguitar)。 すると、えらそうな人が、「そんな奏法は役に立たない」と馬鹿にしきったのだ。なんと、えらそうなと思って、その人の演奏を見ると、3本の指しか使っていないのだ。 そりゃそうだ。私が薦める奏法は3本指ではできない。4本使ってはじめて使える奏法なのである。3本指で、次の音を意識しながら弾くのは難しい。地獄のようなトレーニングなしには上達しないだろう(私は、中学3年ぐらいで今のレベルに達していた。4本指を合理的に使っていたからだと思う、、、キサダ楽器の先生にならったのだ。)。 3本指しか使っていないから、私の勧める奏法ができないのに、それに気づかないで、人を馬鹿にする。 これこそが、箱の中にこもったままでの思考だ。やっかいなことに、その人は3本指でも、それなりに演奏がうまい人だった。だからこそ、4本でギターソロを弾くなんて考えたこともないだろうし、また自分が3本しか使っていないなんて、意識にもないだろう(3本で弾くより、4本で弾いたほうが楽に、また合理的に弾けるのだが。音がスムーズにつながるのでエコーなどをかけてごまかす必要もなくなる。)。 見ること、観察すること、やってみること、オープンマインドを保つこと、、、などなどが大切だと思った。 殆どのアマチュアが3本指奏法なのだから(コードのときは違うと思うが、ソロのときね)、え?4本使えるの?なんて、天動説から地動説的なのかもしれない。え、見なくても弾けるの?ってのも地動説的かもしれない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズさん、

    お久しぶりです。ProjectXです。最近あまり登場しませんが、英語喉練習は継続しています。さて、この記事の「気づき」を読んだときとても興味深かったです。というのも私も似たような気づきがあったのです。
    http://pr0jectx.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
    朝起きたときは喉発音がとても楽にできるのです。逆に夜は今でも時々喉発音が難しい時があります。この理由がもう少し明確になると24時間いつでも簡単に喉発音ができるのではないか?と思っています。

    1. 非常に面白い記事のご紹介ありがとうございます。私自身は実は、以前は朝だから喉発音ができやすいという自覚はありませんでした。寝方を横向きに変えて以来、朝の発音がいいことに気がつきした。最近の朝の番組で、STEVEさんんと話したのでいくと、外人であるスティーブさんより外人っぽい声が出ていてびっくりです。横山氏とは、こちらの時間で夜だったので、ちょっと外人度が薄い気がします。

      不思議ですが、以前はよく自分で自分の英語を聞いて、まだ外人度が低いなと感じていたし、ネットなどで、KAZの英語はやはり日本人だというようなコメントがありましたが、最近、自分で聞いても外人みたいです、、ただし、朝の場合ですがw。

Skip to toolbar