英語喉の発音記号でないとシラブルは学習不可能である

辞書に書いてあるシラブル分割を持ってきて、それを勉強するというアプローチがあるが、それでは学習が不可能である。3ビート的な流動性がそれでは、表現しきれないというのもがるが、実際的に考えて、覚えきれないからというがある。

例を見てみよう、、、と思って、手元のジニアス辞書を見てみた。INTERESTINGは

IN TER EST ING

と分けてある。

そもそも無理があるのは、スペルをそのまま分割している時点で、そのスペルに信頼をあまりにおいている点だ。英語のスペルは日本語と違い、そもそもむちゃくちゃなのだ。音を表現しようと、なんとか努力はしたが、まあ、近似値的な表記にしかすぎない。

そのスペルをまともにとって、それを分割するのは無理があるのだ。

英語には、たくさんの外来語が入ってきているのだし、その場合、またしてもスペルと発音の関係がむちゃくちゃになる。むちゃくちゃなスペルに含まれるアルファベットの間に隙間をいれて、はい、これがシラブルです、、と言われても、それは信頼性がおけない。

スペルが、いや文字が発明されたのは、人類の長い歴史でいうと、最近のことだ。字が発明される前から、ネイティブは3ビートで英語を喋っているのである。

つまり3ビートが先なのである。そしてその流動性に満ちた英語音(あるいはヨーロッパ言語、、、というか東アジア以外の言語)を、歴史のほんの最近になって、アルファベットで表し始めただけなのだ。

だから3ビートが先なのだ。

だから、またしても、歴的に日の浅い辞書を100%信じ込み、それに載っているシラブル分けを暗記してしまおうというのは、むちゃなことなのだ。

辞書を編纂したのは、科学者ではない。人文系の人ががんばって編纂したのである。

 

それから、ネイティブにとっては、例えばJAPANという単語のシラブルわけが、辞書に

JA – PANとあろうと

JAP-ANとあろうと

JAP-PANとあろうと

全部、見事に同じに発音してしまうのである。
あるいは、日本語を勉強して日が浅い英語ネイティブは、見事に3ビートで日本語を読むのだ。ARIGATOがAR-RIG-GAT-TOとなる。これは、辞書のそう読めと書いてあったわけでは絶対にない。そもそも、英語の辞書にそんなもん、載っていないし、日本語の辞書にそう読めと書いてない。ネイティブは、そもそも原則的に、根本的に、絶対的に3ビートで発音するのだ。

寝言でも3ビートなのだし、ローラーコースターで逆さ走行中、絶叫していても3ビートだ。

うちの犬でさえ3ビートでほえている。WOOF WOOF。人類、いや爬虫類?いや、生物に共通する発音が3ビートなのである。なぜか?それは生物の基本的な発音法が喉発音だからだろう。喉発音だと、勝手に3ビートになる。

犬には、個々の音を短く止める理由がない。ところが日本語話者にはある。音の長さを喉を緊張させることで、調整しないと、間延びしたような変な日本語になる(外国人が喋るような日本語になってしまう)。それどころか、単語の意味が変わってしまうのだ。王子さん、おじさん、おじーさん、オージーさん、、と。音の長さが意味に影響するのである。

だから日本語は口発音なのだ。喉ブレーキなしには日本語が喋れないのである。そして、ここからが面白い。喉をだらーんとさせて発音すると勝手に3ビートになるのである!

喉が先か3ビートが先か?どっちも同時に起こる、、というのが真か?

そのあたりを教科書音声学派は完全に無視している。喉以前は、誰もが喉や3ビートについて分からなかったのだから、しょうがない。ところが、喉以後も、この二つの原則を無視しつづけることは、いただけない。

というわけで、私の同志社の級友である言語学者・英語の教師の級友達が、いつの日か、忙しくなくなり、喉を実践してくれればよいと思っているのだが、いつまでたっても試してもらえそうにない(苦笑)。外国人の声が根本的に違う、、そろいもそろって全員が、、、ということとか、全然、気にならないのだろうか?

というわけで、アキさんが、昨日、コメントでおっしゃったとおり、実際に、使わないといけない人、音が聞こえないと困る、という人から広まるということでOK? 

あ、シラブルを辞書で学ぶのは、冒頭で不可能といったけど、これは本当。シラブルの分割を辞書どうりまた覚えなおすんですか?2年で5000語、マスターしてください、、、とかそういう言い方の本が多いですが、絶対、そんなん無理ですよ。綴りを覚え、アクセントの位置を覚え、語源を覚え、今度はシラブルの分割を辞書どうりに覚えるの?

IN TER EST ING

ってのを覚えるの?

そろそろ、伝統的な勉強文化のカラクリに気づいてNOを言うときじゃないかな。

 

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532    

Related Articles

ネイティブメソッドを理解し、やってみると分かってくること

ネイティブメソッドを理解し、やってみて、実体験してみると、色々なことが分かってきます。従来言われていたことが殆ど実は誤解であったということが色々わかってきます。皆さんも、従来の説明をいくつか選んで、ご自分で謎解きに挑戦してみてください。例えば、なぜこれまで腹式呼吸が大切だと言われてきたか、なぜアクセントの位置が大切だと思われてきたか、、などなど、ひとつをとりあげて、じっくり考えてみてください。ネイティブメソッド観点から考えると、答えが見えてきます。 今日は、一つそんな謎解きをご紹介します。英語ネイティブあるいは西洋人が日本語を勉強するときに苦手な発音があります。それは例えば、「おじさん」と「おじーさん」の違いです。従来は、「ほらね、外国人だって、日本語の発音が苦手です。だから日本人も英語の発音が難しいからといって、そんなに悩まなくてもいいんですよ」という感じの「言説」に収束していました(「言説」という言葉をよく使いますが、これは難しくとらず、とにかく言葉の集まりと理解してください)。 ネイティブメソッドの観点から理解するとどうでしょう。英語ネイティブが「おじさん」と「おじーさん」の違いに苦労するのは、英語においては音の長さが意味に関係しないからです。FATHERを、FA~THERと読んでも、FATHER~と読んでも、どちらも同じFATHERであり、意味は変わりません。ところが日本語ではそうはいきません。「おじさん」を「おじーさん」と読むと祖父という意味になりますし、「おーじさん」と読むと「王子さん」という意味ととられてしまうでしょう。 英語ネイティブ、あるいはその他の西洋言語の話者が日本語を学ぶとき、この音の長さに戸惑ってしまうのです。 またこのエピソードを「ほら、外国人でも日本語の発音に苦労しますよ」というポイントに使うことにも問題があります。「おじさん」と「おじーさん」の違いは「じ」を伸ばすかどうかの違いです。音を伸ばすことはやってみれば誰でもできることです(人類であれば、、、いや動物でも音を伸ばすことを知っています)。ですから、もちろん英語ネイティブは、*気をつければ*、「おじさん」と「おじーさん」を区別することができます。 最後に、英語を聞き取るときに、音の長さにとらわれてはいけない、、、という点を指摘します。音の長さにとらわれると、英語音の核である喉の音、言い方をかえれば、首の根元から口までをつかった立体的な音をとらえることができなくなります。またシラブルにも注意がいかなくなります。人間の脳がついていけることには限界があるのです。 残念ながら従来のアプローチはイントネーション(音のあがりさがり)、強勢(強いか弱いか)、そして音の長さ、、、に学習者を集中させてしまい、英語音の本質(喉発音、3ビート)を聞けなくしてしまいます。 前にも述べましたが、英語喉のCD録音は喉発音と3ビートだけを大切にして録音したものですから、妙なイントネーションの上がり下がりや、長さなどは自然・ふつうにしています(わざと強調していません)。そうすることで、英語音の大切な部分に注目し、大切な部分だけをマスターしてもらっています(実際に、日常会話でネイティブはそんなにすっとんきょうな音程を使って話していない、、、ということもあります。すっとんきょうな音程といえば、日本では新幹線のアナウンスなどがよい例ではないでしょうか。) もし、イントネーションや強勢を加えたらどうなるでしょうか。学習者は、音の上げ下げの部分に気をとられてしまいます。音の上げ下げに集中する結果、本当の発音ができなくなってしまうのです。 リスニングの際は、首の根元から口までの長い器官をフルにつかって出てくる音の立体的な部分をききとろうとしてください。それから、3ビートのつむぎだす、ボンボンボンといった感じの拍子をききとってください。これ以外の要素を聞き取ろうとすると、聞き取りが逆に難しくなります。

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

言語の勘とは

会社の同僚が、今、仕事で、フランス語が使用言語である国に行っていて、FB上でコメントしていたのだが、「今、頭がフランス語になっている、、、フランス語は知らないけどね」と書いていた。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ちなみに、彼女はアメリカ人で英語が母語だけど、親の仕事の関係で、南アメリカで育った時期があり、スペイン語も母語同様に喋れる。 私は、彼女が言っていることが直感的に分かる。スペイン語とフランス語は語彙にしても、かなりのオーバラップがあるし、また文法もかなり近い。 だから、喋れなくても、フランス語の構造がなんとなく分かる。 私自身でさえ、フランス語はよくわからないのに、なんとなくフランス語が喋れるような感覚がある。 例えば、今、上に書いた文章を、なんとなく、フランス語で再現できる。単語はあやふやだけど、なんとなく分かる。 微妙に時勢など、はっきり正しくは出てこないが、フランス語におけるSUBJUNCTIVEの時制だろうな~という原始的な感覚が頭に走る。もちろん抽象的な感じでね。 あえて、書いてみよう。 Mantenant, mon ami est aux un pai que utilizefrancescomoun lingua official et … 会話だったらもっとシンプルに言うだろう。 Mantenant, mon…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. はじめまして、TOEIC Blitz Blog の神崎です(ちなみにmixiではマイミクです HN:熊)。
    いつも楽しく拝見しております。
    今週の日曜日、西宮のてんまさんの学校から英語喉をテーマにネットラジオを放送します。
    私はまだ本を買ったばかりで、喉の使い方をマスターしたわけではありませんが、「英語喉」のアプローチにとても高いポテンシャルを感じています。

  2. >というわけで、アキさんが、昨日、コメントでおっしゃったとおり、実際に、使わないといけない人、音が聞こえないと困る、という人から広まるということでOK?

    私は、絶対にそうだと思います。日本の英語教師の多くは、学校で授業をするとき以外は英語を使用する必要性が無く、ネイティブを相手にして英語を使った経験がほとんど無い人ばかりでしょう。英文を読むことについても、学校の英語の教科書に載っている英文は、日本人にとって読みやすい(日本語に直訳しても意味が分かりやすい)ものが選ばれているのではないでしょうか? 私は高校生のときまでは英文を読むことだけは少し得意なつもりで、一般の英文でも辞書を片手に何とか読んで内容を理解できると思っておりましたが、実際にアメリカの普通の雑誌や新聞などを読んでみると、その中に登場する単語はほとんど知っていても、さっぱり意味の分からない文章や正しく内容を理解できないものだらけで自信喪失した経験があります。

    しばしば日本の大学や会社などにおいて、英語の専門家であるはずの人(英文科の教師や英語教員資格を持っている人)よりも、素人で英語を使用する必要のある人の方が、正しい英文を読み書きできたり喋れたりする不思議なことがあります。実務で英語が必要な人にとっては、英語は使えてナンボであり、日本の英語教員の閉鎖的世界の権威に従う必要などありません。

    私の知人でカズ先生の本を読んで喉発音に同意した人は、みんな実務で英語が必要な人または今後必要になりそうな人です。私も含めて、みんな従来の英語の教本や講座など(発音だけではない)には、辟易しておりました。英語の教師には、喉発音について従来の口発音の立場から様々な解釈を試みる人はいますが、実際に練習している人は知りません。
    駄言を、失礼しました。

  3. 神崎さん

    どうも!ラジオのほう、成功を祈っております。とりいそぎ。

    残念ながら、帰国のための、国内移動中で、聞けません、、(涙)