英語喉を実践しているとライティングもよくなった

英語喉を実践していて、ライティングもよくなった。実は、以下のサイトは私が英語喉を始めたぐらいのときから、更新がとどこおっている。

http://www.estat.us

やっと、もう少し整理しようと思い出したのだが、昔のライティングを読んでいて、特に2箇所気づく点がある。

1.THEの使い方を間違っているときがある。
2.ひとつの単語なのに二つで書いている。

2が説明しにくいのだが、例えば、私の仕事でDATASETという言葉は一語だ。ところが、昔はDATA SETと書いていた。

喉で発音し、3ビートをやっていると、DATASETという言葉を音として覚えている。だから、感覚的に一語だと感じ、書くときも1語で書いてします。

「安芸の島」というすもうとりの名前を1語だと日本語では当たり前に感じていると思うが、英語でも、感覚的に、正しく単語を認知しているのである。

私は昔から英語ができて、大学時代は英語スピーチで全国制覇をしたほどだ(JUEL杯)。なのに、それ以上のパワーUPが私の起こったのは、英語喉で正しい発音をしていると、正しいのは、楽だからそうなるということで、楽だから、英語を英語のまま覚えてしまうのだ。

これは体験してみないと分かりにくい。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。

イントネーション再考+問題が問題として見えてくる現象

1228 菅原里奈先生がボイストレーニングの講習会をされると以下で発表されています。ためになりそうです。 http://linax.seesaa.net/article/210855703.html さて、MASAさんが、大活躍をされている。以前、1年以上も前にKAZYさんが、SKYPEでアメリカ人の友人をばんばんつくってらっしゃった。同じようにMASAさんは、SKYPEやら、LANG-8やらで、毎日のように英語を喋っておられるようだ。なんとMASA

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.