カントリーコンサートに行った感想

週末にカントリーミュージックのコンサートに行ってまいりました。今回はのラインアップは、Rascal FlatsとThe Band Perry。オープニングは、最近、VOICEというオーディション番組で合格して、キャリアをスタートさせようとしているCassadee Pope

まずは、Cassadee Popeさんですが、美人。カントリー音楽界、あるいはアメリカの音楽界では、そもそも美人だから、かっこいいだけで受けるというのはありえず、音楽的な才能がまずいりますが、彼女の場合、美人なのですが、そのことが逆にハンデになるかもしれない(?)。歌唱力的には、ちょっとだけCDで聞くレベルには達していないようでした。彼女のリアリティーショーもテレビで始まりますので人気がでるかもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=EJZOeTnvq4k

The Band Perryは、良かった。3人、一人のシスター、二人のブラザーからなるバンドですが、非常によかった。歌もCDレベルだったし、ステージ上で存在感もばっちりでした。ブラザーたちのほうはバックシンガーとしてはよかったですが、ソロ的に歌うときはCDレベルではなかった印象。シスターのボーカルはCDレベルでした(CD録音の音と同じで、かなりの歌唱力)。

http://www.youtube.com/watch?v=4emYaDbaJ8w

さて、最後に登場したRASCAL FLATSですが、シンガーの歌がうまい。すごすぎでした。

http://www.youtube.com/watch?v=17VudJ6lr4k

THE BAND PERRY はシスターと2人のブラザーがいて、プラス雇われミュージシャンがバンドを構成。RASCAL FLATSも、3人のコアメンバーがいて、あとば雇われている音楽家。

ロックバンドは、バンドメンバーの全員が、バンドのメンバーであることが普通ですが、カントリーの場合は3人ぐらいで演奏可能なので、駆け出しのときからのコアメンバーだけがコアメンバーのままでいるのでしょうね。

Related Articles

YOUTUBE時代にえんえんと続く発音ギャグ

Rは舌を丸めるとか、すくなくとも奥に移動させるとか、そういう間違った指導がえんえんと行われていますが、YOUTUBE時代の世界では、もしそれが正しいならば、ネイティブがそうしているところを、何億本もあるネイティブの動画から探してきて示すべきですよね。日本人にRを教えようとしている動画は意味がありません。 一方で英語喉の言っていることを支持する動画は何億本と存在します。例えばこれ。CASSADEE POPEさんが、歌の中で、You say you don’t want me any more と歌いますが、最後のMOREのところで口の中がよく映っていますが、Rで舌が丸まったり、奥にいったりしていません。 http://www.youtube.com/watch?v=EJZOeTnvq4k&t=0m32s  

カントリーミュージックは俳句だ

ENGLISH BOOTCAMPのYUMIさんや、歌手の東エミさんが、英語の歌詞をBLOGで紹介されている。私も、同じようなことをしてみたい。 特に、最近、カントリーミュージックを聞くことが多い。特に感銘を受けるのはZACK BROWN BANDとBrad Paisley だ。 何が言いたいかというと歌詞が深い。いや、深いというと、我々の手が届かないほど天才だという感じと思われるかもしれないが、感動のタイプとしては、、、 わかる、わかる、、、あ~、なんで、俺が思いつかなかったんだろう! という感じだ。 言葉で伝えるのだけど、多くの人の心に、「あ~わかるな~その気持ち」とじーんと感じさせる。 俳句にちかいんじゃないだろうか? 古池や、かわずとびこむ水の音 と来ると、う~ん、わかるなあ、その静けさと思うだろう。 同じようなのりで、う~んわかるわかる、、、と感じる。 ZACK BROWNの歌の歌詞で 「ぴたっとフィットしたジーンズをはいて」 という部分があるのだけど、それが分かる、分かると感じる。ジーンズって本当に楽だ。洗濯したばかりのぴたっと合うジーンズをはいていると気分がよい。 スーツの窮屈さを知っているからこの部分に共感するのかもしれない。 同じ歌のなかで 「金曜の夜の冷たいビール」「それとチキンのからあげ」 と彼は歌う。 日本人だって、わかるんじゃないかな。口のなかで味わってしまうような感覚が歌で伝わってくる。 彼の歌を聞いていると、人は、人生を道場的にとらえる傾向があると思うけど、もっと日常を、一日一日を大切に生きたいという気になってくる。…

近所の人に教えた+5つのポイントを箇条書きにして音声で説明

1週間ほど前、犬の散歩中に出会った日本人に英語喉をみっちり1時間、昨日教えさせてもらいました。 しかし、これってとても珍しい。こちらが、英語喉を紹介して、え!それは面白い、教えてください、はい教えます、、、というパターンは、英語喉が出版されて4年に成りそうになる今、 たったの2回目(だと思う)。出版以後ね。 1回目は、KENJI Yさん。KENJI Yさんから別件で連絡があり、ところで英語喉ってやってます、、、え?面白そうですね、、、と。 こちらから、こんなんありますと紹介しても、普通、レスが鈍い。ぽか~んって感じです。前は英語喉か機関銃英語を、あるいは両方をアマゾンで注文して届けていましたが、馬鹿らしくなってやめました。ピンとこないものは、読まないし、実践しないですよね。 ピンと来る人は特殊なのでしょう。こちらからどうですかと言っても無理。 これは(私が専門の方法論でいうところの)、セルフセレクションバイアスってやつで、そもそも、ピンとくる時点で、すでにその人は特殊であると。 私としては、英語喉出版以前は、ピンと来る人ばかりに出会っていたのです。 ピンと来る VS ピンと来ない、、、 あ、そうだ、皆さん、英語喉を全然知らない人に、真顔で、外人さんて声違うと思う?なんでやろ?と聞いてみてくれないか?どんな説明するだろう。体が違うと言ったら、日系人だって声がちがわへん?とつっこむと。 それでは、昨日のレッスンで強調した点で、皆さんにも参考になるかもしれない点を箇条書きにします。 1.「(首の根元から口のあたりに、右手の手のひらをべた~~とあてて)この肉をならしてください、、、(口の中のほうの、、、と口の出口あたりを指しながら)空気を摩擦させるんじゃなくて」というコツは有声音のTH(例 THE)と、Vをマスターするのにとても有効です。最近、全然、時間がかからなくなりました。なるためには、リラックスしていないと、、、と言うことも有効(でも言わなくても、鳴らすためには、自然にリラックスしますね)。 2.Vと有声音のTH(例 THE)の聞き取りは、特に喉の音を聞くという感じが大切。 3.(これは前も書きましたが)、アクビエリアの音は艶っぽい声優さんのような音、ゲップエリアの音は「がまがえる」みたい、、、という意識的な区別を、息をすいながらエを出す練習のときに強調。そして、その後の音でも、その根本的な音色が関係してくるということを強調(例 Rはがまがえる、Lはつやっぽいクリアな感じ) 4.KとGを教えるときに、喉が開いたままということを言いますが、結局、KとGのときだけじゃなくて、全ての音で喉が開いたままということに気づいてもらう。な~んだ、個別の音のたびに右往左往するのではなくて、ただ単に同じ原理が働いているということ。だから、日本人以外の外国人は、英語を簡単にマスターするということもいえます。 5.喉を一旦やって、会話で使うときは、シラブルをひとつひとつ丁寧にゆっくりと発音すること。特に、BE動詞みたいに、これまで何回も使っている表現は速く発音してしまいがちだけど、それを発想の転換でやめる。ゆっくり、シラブルをひとつづつ発音、、、でも切れ切れにならないように、スムーズに音をつなげて継続させる(トランペットの音みたいに)。 音声にて上のことを説明しました。 www.estat.us/blog/kinjo.mp3

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. Cassadee Popeってメチャクチャいいですね。まったく知らなかったです。さっそくEPダウンロードしちゃいました。Hey Mondayってバンドもやってたみたいでこちらもすごく良かった。Hey Monday-Set Off
    http://www.youtube.com/watch?v=EAIYwJH4FaY
    ここ数年パンク/ロック畑から女性シンガーがカントリーデビューするパターン多いですね。
    Jessica Simpson-Come On Over
    http://www.youtube.com/watch?v=pnjZXGBofc0
    Sheryl Crow-Easy
    http://www.youtube.com/watch?v=GHgCSRcz17s

    Miley Cyrusちゃんの場合は逆パターンですよね。お父さんのBilly Ray Cyrusも硬派なカントリー歌手でした。90年代にアイドル並みの人気でしたね。娘のMileyもHannah Montana役は可愛くて、その後の音楽リリースも爆発的ヒットを続けてますが、最近のケバいメイクアップに嫌気がさしてる人も多いのでは… 最新のプロモではいやらしいエロ路線に軽くショックを受けました。
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=LrUvu1mlWco#t=160
    変貌しすぎ。初期の頃は可愛かった…
    http://www.youtube.com/watch?v=AH7zA0hXe8o

    Band PerryとRascal Flattsは言うことなしですね。特にRascal Flattsの良曲ぶりと安定感には脱帽です。うちの4歳の娘もCarsのアニメの影響で”Life Is A Highway”歌ってるほど。Kidsにも影響かなり強いかも。カントリー日本でもっと人気出てほしいです。

Skip to toolbar