YESで答えるか、NOで答えるか?

以下の動画で、VAN HALENのEDDIEとALEXがインタビューを受けている。以下のURLをクリックしていただき、ちょうど始まるところ(1分20秒)で、司会のハワードスターンがIs everything good with your hip?という質問に対して、EDDIEがNOで答えたあとで、大丈夫ですといっている。教科書的にはYESといいそうなところだが、NOだ。そんなもんなのである。そして、なぜ、これがNOでいいかという勘は、会話を積み重ねることでついてくるものなのだ。

考えると日本語と同じではないか。「腰は大丈夫ですか?」、「いえいえ、大丈夫なんですよ~。」

逆に、「はい、大丈夫です~」でもいいのだ。

じゃ、英語の試験で使われているYESかNOかの問題って、どういうことなのか???試験にこだわると、正しいことが間違いになり、間違いが正しくなるということだと思う。

さらに、どうして、従来の知識に疑問が出ないか、、、それは、英語が聞けないから、このように億と存在するYOUTUBE動画を聞きながら、指摘したりできないからだと思う。皆さん、英語喉で聞けるようになったら、じゃんじゃん、本物の英語を聞いて、色々気づきましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=14HwA50FAzI&t=1m20s

Related Articles

新歴史主義を目指して

直接指導喉セミナーをご希望のかたは、メールくださいね(question AT estat.us)。詳細はメニューのほうにもあります。 <ところでボランティア一人10分~15分クラスも始めたいと思って計画中です。というのは、私が例えば、日本人にあって15分で効果を出さないといけない状況になったときのための練習です。またお知らせします。> 私はいちおう文学部だったのだ。たまたまアメリカの大学にいるときに、テリーイーグルトンの文学理論の本みたいなのに出合った。すると、それには、フーコーだとか、ソシュールなどが紹介されていた。面白いのは、文学作品を、その内容から解釈しようとかいうのではなくて、文学作品を歴史的なコンテクストから見ていこうという態度だっただろうか。 その時代時代の人々が共通に持っていたパラダイムのようなものを読み取る、、、 というのも面白く感じたのだろう。 文学というのが、面白いとか面白くないとか言う問題じゃない、、、時代、時代を理解するための言説として扱う、、、というような視点もあった。 さらに、現在、例えばアメリカ文学の古典といわれてるものだって、当時は、結構、売れてなかったのだけど、後で、「これがアメリカ文学の古典で~す」という感じになっていった、、、とう視点も刺激的だった。CANONという言葉が使われていたが、それは、これは「よまなあかん、国家の古典だからね」という風に、いつのまにかなってしまうというプロセスのことだ。 ちょっと驚きだった。だって、今から考えると日本の古典は、夏目漱石とか、そういうのだが、それは、その本が素晴らしいから古典となったということもあるのだろうが、国家の要請として、誰かの作品が古典とならないといけなかった、、、という感じの視点が、やや刺激的だった。 だって、素晴らしさとかいう絶対的な基準があるものと思って、夏目漱石の「猫」を読んだのだが、当時、退屈で死にそうになった。そんなときに、国家の古典群が実は作られたものだ、、、と言われたら、なにか救われたような気持ちになったものだ。 さて、この本にも大いに影響を受けた。なんと文学じゃなくてもよくて、昔の人の書いた手紙とか残した文書でも、その時代のパラダイムを理解できる、、、というものすごい作品だ。エドワードサイードのオリエンタリズムである。 話が変わるようだが、VAN HALENというバンドの音楽に中学のとき出あったのだが、YOUTUBEでアメリカのギタリスト達が、いかにVAN HALENの新しいサウンドに革命的な衝撃を受けたか、、、という話をえんえんとしている動画を見た。国籍は違う、聞いた場所は日本なのに、全く同感だった。 ファーストアルバムのERUPTIONというエディーのソロからYOU REALLY GOT MEのつながりのところで、それ以前の状態に戻れないような感覚になった人は、私のほかにもたくさんいるのじゃないかと想像する。 ERUPTIONはこれです。これがギターの歴史を変えたのです。そもそも当時、一体、彼がどうやってこれを弾いているのかさえ、多くの人が分からなかった。当時のパラダイムでは不可能なメロディーラインだった。あと、え?、こんなにアームつかって、なぜギターのチューニングが狂わないの?なんていう非常に根本的な疑問もあったのかも。 そして、このソロが終わった瞬間に(LPの時代)、次の曲、YOU REALLY GOT MEが始まりますが、これで普通ノックアウトされてしまうのです。 おまけ。高校時代は、これにも衝撃を受けた。ALCATRAZZのHIROSHIMA MON AMOUR。このあとは、クラシックの音楽(例 モーツアルト、ビバルディー)をエレキギターで再現するという練習をしておりました。パラダイム的にロックとクラシックが融合できるなんて想像もしてなかった! おまけ。結局のところ、こんな感じで弾いておりますというサンプル。聞けるかな? http://www.nippondream.com/file/kazguitarsample_0002.wmv…

英語喉企画 Eigonodo Event キムさんと英語会話 来週の金曜日(3月31日)日本時間夜10時

来週の金曜日(3月31日)日本時間夜10時から40分、フィリピンのキムさん(ワンオクファン)と英語で懇談会。テーマは音楽。キムさんが、英語でリードしてくださります。Hello, Kim will be hosting a conversation group in English on March 31st Friday, 10PM Japan time (9PM Philippines time; 9AM US East Coast). There…

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar