プログラミング関係

これまで教育データとか、社会科学行動系の予測モデルをつくって仕事をしていたが、もう少し範囲を広げてみたいと思う気持ちがでてきたので、SQLからまず勉強しなおすことにした。

予測モデルというのはどういうことかというと、たとえば高校生のいろんな情報に基づいて、高校ドロップアウト率を計算しておいて、ドロップアウトの予防に使ってもらうとかそういうこと。あるいは、自然災害時の生存者の心理的な反応を予測するようなモデルをつくっておいて、将来の自然災害に対応するモデルをつくる。それをポリシーメーカーに役立ててもらう。

コンサルティングの分野は実際のものをつくるわけではない。知識を提供するのが仕事。ワシントンDCには連邦政府があるので、そういうのが多い。

本当はPHPもしたいが、自分はまず具体的なデータがあって、それをどうするかという感覚のほうがあっているのでSQLから始める。

SASで州全体レベルの生徒のデータをプロセスしようとすると、簡単なステップでも10秒ぐらいかかる(10年前は3時間ぐらいかかったのかもしれんが)。それを待つのが苦痛になってきた。

SQLをとりあえずやるが、MYSQLを使えるようになって、そして同じくフリーのPHP、統計のRを絡めて、システムを構築するというイメージにする。

感覚的だが、商用ソフトウェアにはいやけがさしてきた。先日、LAPTOPがCRASHしたので、WINDOWSを入れなおして、音声録音用のソフトをインストールしようとしたら、なんと、パスワードがもう使えないという。サポートにメールしたが返事がない。

そういうソフトを使うのが、面倒くさくなった。

そこで、文書作成用のソフトも、無料のフリーオフィスにした。

オープンソース系のもののほうが使いやすい。

ただ、無料のいろんなソフトでダウンロードすると、へんなウイルスっぽいものがついてくるような類のものではなくて、世界のプログラマーが協力して無料で提供しているようなもののこと。

プログラミング関係の学習は事実上無料のものが多い。

実際、活躍しているプログラマーは必ずしも学校で勉強したんじゃないんじゃないかなと思う。

経済的に苦しい日本だが、理論的には、金がなくても、大学いかなくても、学べるように思う。

英語も英語喉から始めれば、上達する。

なんとなく、金をかけないほど教育の質が上がるような気配なのだが、それはダイエットと同じかな。金をかけないほどダイエットは成功しそうに思う。食わなければいいのだから。

教育って、金を巻き上げるための道具ということがばれてきているように思うので、それに対抗して個人レベルで工夫するしかないな。

英語教育で成果をテストで計るという面に政策がいくのは、やっぱりテストってもうかるからであって、生徒の力をはかって、政策に役立てて、生徒の力を上げようということではない。

もし、生徒のことを考えていたら、もっとカリキュラムを工夫するほうに金がいくはず。

Related Articles

ハックせよ

<後日談 以下に書いた剣道についてのコツは、実際に試してみたら全然だめでした(笑)。私は、えいやっ、と踏み込んで、相手の面に当てるとき、届かないという感覚があり、悩んでいます。が、実はある剣道の先生の説明を聞いたところによりますと、相手がむかってくる瞬間、それを狙うのだそうです。相手が向かってきているのだから、距離が短くなるそうです。これを試してみます。> この2週間、ぼけーっと過ごした。日本語から離れ、また堅苦しい思考法からも離れた。 そんなオフの時間が大切だ、、、なんてよく言うが、つきつけて考えてもやはり大切だ。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 バケーション(休暇)は大切だ。 つきつめて考える毎日のなかでは、思考が狭くなる。 ぼけーーーとしていると、え?というようなことに行き着くことがある。 今回、フロリダでは義理の父母といたのだが、義理の父とテレビでぼけ~~とボクシングを見ていた。 そこで、ついに私は剣道をハックするにいたってしまった。 ハックとは、ハッキングという風にいうのだと思うけど、例えばソフトウェアなどを外側から攻撃し、いじって、中を変えてしまうことだ。よく、日本の政府のウェブサイトが、中国からのサイバー攻撃で、内容を書きかえらせたりしてしまうことがあるという。 ちょうどフロリダで読んだ新聞に、日本から今、シリコンバレーに日本人の若手企業家・コンピュータプログラマーが集まっていると書いてあって、そこで日本人が「日本ではハックすると、非難されるが、アメリカでハックすると、もっとやれといわれる」と述べていた。 そんなもんかいなあ、、、と思ったが、ハックという言葉は気に入った。英語喉はハッキングであろう。 英語の音声現象を、喉の響かせる位置と、3ビート(シラブルの構造)で、説明しきる、そして、実践をする、、、という行為。これはハッキングに似ている。 そして、日本の英語教育では、いまだにアクセントの位置を覚えるだのどうの、、、ということで存続している。 さて、ボクシングだが、気がついたのだが、選手の左足が前に出ている。 剣道では右足が前に出ているのに。 そこで、わざと、左足を前にして、剣道の踏み込みをしてみた。 すると、なんと、新幹線が行きかうときのような、ものすごい勢いで前に進むことができた! その瞬間、私は思った。 私は剣道をハッキングした、、、と。 これまで、私は、日本人の3人の剣道メート・先生たちに踏み込みについて指導を受けてきたのだが、どうしても、実践において、面をうったあとに、が~~~んと進み続けることができなかった。 それなりに良い評価をもらった。しかし、どうしても、合格点をとれない。 そこで、ある先生は、私が怖がっているからだとおっしゃった。 しかし、これはおかしい。私は全然怖くなかったからだ。いや、本能的に、相手から自分を防御しようとして、踏み込みが足りなくなるのか、、、とも解釈した。 しかし、意識的に、相手を怖がらずに、踏み込んでも、面まではよいが、そのあとに、ず~~んと進み続けることができない。…

新しいことを学ぶためには機会が大切

英語学習を継続するには、というような話がよくあります。 私の場合は、普段からPHPとSQL(MYSQL)を学びたいなあと思いながら、できないでいました。 ちょっと本をみて、あきらめて、、、というような。 ところが、最近、仕事でどうしてもSQLを使わないと効率が悪いという状況が発生していたんです。 そこで、2日前についてSQLを本格的に使ってやってみたら、意外とできたんです。すると昨日は、SQLでデータマージして~というリクエストが、、。え、、どうやって、自分のラップトップ上でやるのか良くわからなかった、、、というのは、前やったのはすでにサーバーの上にあるデータだった。 どうしても、やらないといけない状況に、、、。そこで、検索してみたり、あるいは、SQLのソフトをいじってみたり、、、しているあいだに、 ぽこん、、、 とつながった、、、自分のラップトップ上にデータを作って作業ができる状態に。自分のラップトップのCSVデータを読見込める、、、方法などは、ネットでゲット。 仕事でやるとどうしても覚える状態になれる。 もちろん、その仕事が回ってくるには、似たようなことをしているからという条件もある。 SQLが分かりにくいのは、SYNTAXというより、なにかその背後にある文化?哲学、考え方みたいなのが違う。 私が普段使っているSASとかSPSS,,,あるいは、極端な例でEXCELだと、スタートすると目の前にソフトが現れる。 しかしSQLの場合、一体ソフト自体どうしたらゲットできるの?サーバーって何?どこに今つながっているの?とか、全然分からん。 しかし、いったん、仕事でやらないといけなくなり、最初の接続とか、データの位置とかが分かると、一挙に分かりだす。 やっぱり仕事でやると覚えやすい。 日本に仕事が少ない状態は危機的。 学校で勉強することって本当に限られていて、あまり役に立たない。仕事上で機会があって、覚えていくことがたくさんある。 日本的雇用で、正社員は大学卒すぐにとるというのは、長期的によくないのではないだろうか? 卒業時点がとても大切なので、準備が大切になる。準備といえば、暗記だ。 すると、自由に自分のスキルレベルを伸ばすことが大学生には難しい。

天満さんの発音コース

天満さんが発音コースを始められるそうです。 http://processeigo.seesaa.net/article/114806758.html ここからたどっていくと、英語発音コースというとこに内容の説明があり、その最初に、「最初に英語発音を!」とあります。 実際そうなんです。発音できて、聞ければ、語学学習は比較的簡単なんです。もちろん努力はいりますが、努力をすればするほど上達します。言えて、聞けないと、努力しても上達しません。これは本当ですよ。 努力すれば、上達する、、、、この方程式が本当になります。 定員4名ってのはいいサイズですね。でも結構6名ぐらいまではいけますよ。不思議なんだけど、他の人ができるようになるのを指導しているときに、頭の中で自己練習をされるんです。だから、最初の人に時間がかかっても、その待っている間に自分でマスターしてしまうということが起こります。結構、待っているのが苦にならないそうです。 とはいえ4名はベストでしょうね。4名いると、各音、一人ぐらいはてこずる人がいます。てこずるおかげで、その他の人々の学習効果があがります。    

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar