早稲田大学の及川靖広教授の研究と英語喉

早稲田大学の及川 靖広 教授の研究で、喉の動きから、話者が言っていることを察知できるシステムについての記事。神崎先生に教えてもらいました。

実際、ネイティブが、ゲップエリアの音を発音しているときに、がくんと喉仏が下がりますね。

http://www.sciencenewsforkids.org/2013/06/scientists-film-throat-movements-to-decode-the-spoken-word/

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.