Skip to toolbar

喉の開き直りとは 会話のテクニック

色々とあるが、「喉の開き直り」というテクニックを考えた。

こないだ、喉応援団長と話をしたんじゃが、日本に帰ってくるときはひげをそれ、フウが悪い、というような暖かい指導を受けたこともあり(笑)、なぜか数日、喉が日本語喉になってしまった。喉応援団長によれば、ワシはアメリカに洗脳されとるということらしい。

その反省?からか、後遺症なのか、数日間ほど、ネイティブと話すときに声が小さくなった。

不思議なもんだ。ランチをちょっとさわがしいところで食べていたんだが、会話相手の顔をみていると、「ちょっと聞こえんわ」というような表情をしてくる。片方の耳を突き出してくるような感じ。で、思った、、、えーい、ワシはなんで小さい声でしゃべとるんじゃ、、、

と開きなおり、英語喉で喋りだした。

これを喉の開き直りといいたい。

てっちゃんがブログで自信について書いていたと思うが、まあこれは自信を持つということである。

日本人に特有なのか、自分だけなのか、よくわからんが、何かを言おうとするとき、まず謙虚になってしまう。いかに、その意見が些細なことかをことわってから喋ってしまったりする。

これではダメだから、喉の開き直りが必用なのだ。

で、そのためには状況をよく観察すること。上のコンテクストで、なぜ喉の開き直りができたかというと、相手の表情をよく見ていたからだ。そして相手の発する記号を読み取ったのだ。

国家の品格の藤原さんとか、英語道の松本さんがいいそうだが、日本人は言わずとも伝わる文化、、、というが、実は西洋人だって全く同じなのである

聞こえんから大きい声で喋れなどといってこない。言葉なしに伝えようとするのだ。で、その方式が耳を傾けたりすることだ。そういうシグナルをしっかり観察すること。

これが喉コミュニケーションである。

もちろん、話を始めて最初から喉発音で自信満々でコミュニケートできるにこしたことはないが、声が小さくなってしまったり口発音になってしまうことが多い。が、それに気づき、勇気をもって軌道修正すること。

これが大切。

で、この「喉の開き直り」で、このあいだのミーティングで笑いを一本とった。

自分の働いている部署の会議だったのだが、みんながものすごいユーモアを使って笑わそう、笑わそうとする人ばかりだ。ちゃんと耳を開いて聞いているとそのことがよく分かった。

急に、大ボスがカズ、あの件について喋ってくれ、、、と言ったので、一瞬どきーんと緊張してしまった。

ちょっと緊張したので、声が小さめになってしまった。一応、内容的には説明できたと思う。で、席に着こうとしたら、大ボスが、「まだおわっとらへんよ」とユーモアを加えて、話し始めたのだが、そこで私は気づいた。

なぜ俺は小さい声でしゃべっとるのか?と。よーし、この場を借りて、俺も、アメリカ人を笑わせてやるぞと心に決めた。

で、「もっと自信をもって喋りますね」といって、急に、小林克也のような外人声で、大きな声で説明を始めたのだが、これが結構受けたらしい。非常に面白かったと人々が言ってくれた。

このように、喋っているうちに、相手のハッしてくる記号?とか、キューを読み取るのである。上の例でいうと、私のボスがまだおわっとらんよ、とちょっとユーモアをかまして言ってくれたのは、「カズが緊張しとるわい」というのを見て、反応したのだと思うのだ。

最初の例でもそうだが、そういう場をちゃんと読む、そのためには、ちゃんと観察する。

緊張する必要はなく、自信がなく、声が小さいな、口発音になっているな、、、と気づくこと。その気づきかたとしては、喋っている相手をちゃんと見るということがあるかもしれない。

そして気づいたら、自信をもって喋ればよいのである。息を大きくすって。

喉の開きなおり、、、と呼んでみる。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。 http://www.youtube.com/user/Sampa4626  ****以下は動画が見れない***** これまで散乱ぎみだったので、一箇所に集めてみました。新しいのも少しあります(NEWと書いてあるもの)。  英語喉の宣伝的説明(BLOGのプロフィールとして用意したもの NEW! ) http://app.sightspeed.com/vm/k5ulzghrvmhipxtfeb1e21axqhmazsrf/i1kb/ja_JP/1/   外人声矯正(強制?)ギブス 一挙に喉声を手に入れる方法 (ボイトレは要りません、以上。解散。あ、パクリは禁止です。) http://app.sightspeed.com/vm/bwg99ztjwbun5bdyqx49p7ksgi75skrv/xk7y/ja_JP/1/    レッスン1 声を出す(なぜ西洋人の声は違うのかが分かりますよ) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=n5bnphiweadvu9rxmwl2m71t9tvjisu8&refid=1&locale=ja_JP   アマゾンで見れるレッスン1 http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4384054629/ref=sib_dp_ptu#reader-link   レッスン2 声のコントロール (喉にも2箇所あります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=wylx8vhtqrrw4mfiqcezv23yjdg3c9zw&refid=1&locale=ja_JP   レッスン3 声をみがく(英語の音にはライフサイクルがあります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=fls9cyqpe2wki9d74kg8jcillgjeyxgl&refid=1&locale=ja_JP   レッスン6から11まで(母音のほとんど) http://app.sightspeed.com/vm/l3xlz56gi7×2zqgma5tzs36z4s27t1b9/jj6b/ja_JP/1/  レッスン16 Fの発音 (Fの発音で表情が変わったらだめです) NEW! http://app.sightspeed.com/vm/skgehmwcnrekcfpkanghfup2xg1cpd7c/s2kb/ja_JP/1/…

トーストマスタークラブでスピーチ

おかげさまでTOP5に入っています。引き続き応援のクリックをお願いします。 KAZYさんのSKYPEでの英語会話(プラス日本語会話)は、ネイティブの参加者さんが多く、日本人の数が少ないので、ぜひ参加してみてください! http://www.doodle.com/skt9a2mc8ctmdg2v 詳しくは昨日のBLOGエントリーを読んでください。 本サイトには、日本人メンバーの紹介で参加してくれている外国人メンバーがたくさんおられます。ぜひ、仲間になりましょう!メニューのメンバーリストを見ていただくと全員で20人ぐらいになっています。 まずは、このサイトに登録し、友達申請をしたりして、SKYPEIDの交換をして、それから日本語をと英語を両方使いながら会話を楽しむ、、のです。その雰囲気などをKAZYさんのSKYPEクラブで体験できると思いますよ。 まずは、会話で英語の勘をつけてください。じゃないと、書くにしても、日本語を訳したようなぎこちない英語になります。ぎこちなくて、読むのをやめてしまうでしょう(内容がどんなによくても)。ぎこちない英語は、目をいったりきたりして読まないといけないからです。表現がぎこちない、、、というのもありますが、文法は正しくても、語順、、、というか論理、流れ?が変なのです。 本当に失礼なのですが、ものすごくインテリのかたが英語で発信するといって英語でかいてらっしゃるけど、あの英語では、例えば、アメリカで就職活動するとしたら、面接さえも受けられないと思います。 それは英語を最初に自分の本能に刻み込む際に、会話で始めていないからです。 逆にMASAさんの書く英語を読んでいると、もちろん、まだ英語会話を始めて1年もたっておられないので、間違いはでてくると思いますが、思想がす~~とつたわってきます。それは会話を中心に勉強されているので、英語の勘がついているのです。 間違いはしょうがないし、それはネイティブ校正で簡単に直ります。単語レベルの問題だからです。 しかし、上で紹介したインテリのかたの英語は直しようがありません。文の根本的な構造が変なので、書き直しになります。おそらく日本語で考えているときは論理が通っていたのだけど、英語のいわゆる文法を当てはめているうちに、すっと読めない英語になってしまったのでしょう。 書くために文法がいると言いますが、それは違うと思います。日本人が文法と言ったとき、XX構文とか、そういうことですが、本当に仕事に通用するような英語を書くときは、そういう問題ではなくて、もっと、論理というか、す~と読んで、内容が入ってくるかどうか、、、という問題です。 例えばIT構文がありますが、それを使うかどうかは、それを使ったら、意味がす~~と伝わるかどうか、、、という勘に似たもので決定するわけです。後からみて、IT構文だったなと思うことはOKですが、俺はIT構文を使うぞと身構えて使うようなものではありません。 しかし、それにしても、このインテリのかたにしても、皆さん、自分で英語ができると思っていないのではないでしょうか?まわりが、そう期待するだけで。だって、誰かが英語ができるんだと、仮定しないと、英語教育に関する言説が成り立たないですから。 きっとご本人たちは、自分はがんばっているだけだと思われているでしょう。 英語教育に関して発言されている大学の先生たちも、自分たちが専門と思っておられない。実際、その分野の研究業績(=査読つき学術雑誌の論文)をもたれているわけではない。ただ、参考になればと思われていると思う。 さて、 昨日は会社のスピーチクラブに遅れていったら、突然、自分がスピーチをする番だったということに気づいた。では、お願いしますと言われたので、英語喉で聾のアメリカ人の少女の話を5分した。 違う意味でいつも中間から緊張する。それは、自分で言うのはなんだけど、結構、喋っているうちに、オーディエンスが、ものすごい興味を示してくるのがわかり、それが重圧になって緊張しだす。普通は最初、緊張してだんだん、リラックスしだすのが普通だろう。 しかし、またしても自分で言っていて、アホみたいだけど、聾の女の子を教えたいきさつを話すと、オーディエンスが興味しんしんなのががオーラで分かり、それが重圧となってしまう。 よく、パッションを持つことが大切だとか言うけど、私にとってのこのトピックは、パッションを持とうとして持っているのでは全然ない。よく喉セミナーの感想で、熱心な先生で、、、とほめていただくことがあるが、 全然、熱心にしようとおもってやっていない。 だから、人に説教をするときに、熱心さが足りないとかいうのは、全く的外れじゃないだろうか?熱心さというのは、努力して持つものではないと思うからだ。 英語喉という真実が、勝手に動きだす感じだ。そして、この真実は、私だけを動かすものではないと信じられる。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. > ランチをちょっとさわがしいところで食べていたんだが、
    > 会話相手の顔をみていると、「ちょっと聞こえんわ」と
    > いうような表情をしてくる。片方の耳を突き出してくるような感じ。
    > で、思った、、、えーい、ワシはなんで小さい声でしゃべとるんじゃ、、、
    > と開きなおり、英語喉で喋りだした。
    > これを喉の開き直りといいたい。

    これは私もよくやります。ネイティブが聞きずらそうに片方の耳を
    突き出して来るときがありますね。
    こういう時には肩、喉、口を力を抜き、喉を響かせる。
    そうすると相手が安心して顔を遠ざける。

    大きい声を出そうとして力を入れてはいけないのですね。
    日本語ではそうするのですが。

  2. おー、私と全く同じ経験をされていますね。考えると当たり前だけれども、気味が悪いほど同じ経験ですよね。喉の旅って結構似ているのかも。

    ZENさん、BLOGはされますか。ZENさんの書くことを読むのは私はとても好きです。わくわくします。あー、同じだなあ、、とか思います。