AをANにする理由

母音から始まる単語の前におくAはANになる。

なぜだろう?

APPLEをA APPLEとわざと発音するとどうなるだろう?

A~APPLE

ネイティブが聞いたときに、Aを単に長く発音しているように聞こえる、、、。

A~~~~PPLEと同じになってしまう。なぜなら、英語のシラブルは子音+母音+子音からなっている。だからA APPLEとAPPLEが同じように聞こえてしまう。

あるいは、どもったのかなと思ってしまうだろう。

ア、アップル、、、だと、日本語でいうと、あ、あの~、すみません、、、みたいな。

もちろん、日本では通用するだろう。日本にする外人は日本人の英語を知っているから。

AN APPLEなら、AN-NAP-PLとなり、英語のリズムの基本であるシラブルのつながりを保つことができる。

なぜANでありAMとかAYじゃないのかと問うかもしれないが、ANが一番簡単につながる。

もちろん口先発音で英語を発音している人なら、ANだろうがAMだろうが、同じだろう。どちらが簡単だという感覚は感じられない。

しかし、喉の奥で発音していれば、ANとやると確かに楽に発音できる。

日本人が文法だと思っていることの多くは、発音の問題であり、そうすれば楽だ、、、楽だからそうなっている、、、というのが正しい。

言語は、自然に生活する普通の人から生まれた。オックスフォードの言語学の先生が英語のルールをつくったのではない。

そんな話を言語学者と話しする日が来るかと思っていたが、この5年間、連絡はない。

日本の言語学者や音声者、英語学者は、本に書いてあることしか信じないので、自然の英語についての会話ができない。そもそもネイティブ同士の英語が聞こえない人とは英語に関する会話が成立しない。

Related Articles

リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。 www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3 皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。 しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。 先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。 しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。 そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。 私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。 まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。 その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。 さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。 娘1歳半 本を読む http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related 沖縄の方言紙芝居 http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8 TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語) http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg Cockney…

MASAさんの勉強方法から学ぼう

MASAさんが、MIXI日記で私の直接指導について書いてくれたのが、光栄な思いだ。音読の成果をUPしたら、ネイティブに色々とポジティブなコメントが来ているようでこれもエキサイティングである。 これがMASAさんがHEY JUDEを朗読されている音声である! http://audioboo.fm/boos/361906-hey-jude そして、MASAさんはこういう音声UPやライティングをしながら、ネイティブ、外国人とのネットワークを広げてらっしゃるのである。 これこそが、理想的な勉強方法ではないか??? 気づいてみると、外国人はコミュニケーションのできる日本人をかなり歓迎してくれる。コミュニケーションができる人が少ないからだ。 先日も元JETの同僚と話していたが、中国人や韓国人の友達はいるけど、日本人の友達はいない、、そうだ。え~~~、日本に2年行っていたのに???? 数年前に、久しぶりに日本の昔の生徒に出会い、HOW HAVE YOU BEEN?と言っただけで、「ゆっくりしゃべって~」と言われ、最初の10秒で日本人が英語が分からないことを思い出したという(微妙に忘れていたらしい)。 逆に中国人や韓国人は英語が分かる。郵便局などに行くと、普通に中国人が郵便局員として窓口で働いている。私の住んでいるあたりでは多い。もちろん、中国語なまりがあるけど、全く問題なく働いているのだ。 HOW HAVE YOU BEEN?という表現には、一語として難しい言葉が含まれていない。聞き取りができないのは、語彙以前の問題なのである。 ほとんどの日本人は英語ができない。そんなときに、できる人がいたら、かなりネットワークが広がる。 今考えると、大学時代、留学生の友達がたくさんできた。英語教師のときは、友人のつながりで、バンドをしないかと声をかけられ、京橋のトランプスというバーで、演奏をしていたのだ。その他、アメリカ村のゾンビとか、セラーズでも演奏をした。ギャラは一人1万円+ビールとか飲んでいいよ~、、という内容だった。 人気がけっこうでた。我らが演奏するときは、ビールの消費量が増えるといって、バーの人が喜んでくれた。 ちなみに、2、3年ほどまえ、バンドメンバーと再会を果たしたのだった。ドラムのビルもギターのジェリーも近場に住んでいるからだ。 それにしても、当時はネットなどなかったために、せっかくできたネットワークも今は消滅ぎみなのであった。今の時代はフェースブックとかで有利ですね~~!再構築するぞ! 「戦争を知らない子供たち」をロック風に演奏したのが楽しかった思い出がある。その他のレパートリーで、演奏するのが楽しかったのは、スピンドクターの曲だった。 30分ぐらい演奏したら、客と混じって談笑するのだが、海外の人が多く楽しかった。そして、また演奏をすると。 よく日本にいても、英語は勉強できるというがそれは本当だ。英語喉でやっていれば、確実ではないか?だって、留学して、語学学校とかで日本人に囲まれて1年英語を勉強しても、口発音であれば、誰も話しかけてくれないだろう。 しかし、日本だと英語ができると、外国人がほっておかない。私の場合は、バンドしないかとかだった。バンドの打ち合わせは当然全部英語だ。日本に住んでいるのに、英語づけになってしまうだろう。 今、ぐぐったら京橋のトランプスは閉店になったそうだ、、、。オーナーさんが新しく 鍋料理店「ひろじ」 を開かれているようだ。…

言葉への気づき

「言葉への気づき」ということをテーマに英語教育を考えてらっしゃるかたがたがいる。 どのように英語を教えたら、うまくいくか、日本語と英語をどのように比べたら生徒がよく理解するか、など説明を極めるというもので、これはすばらしいことだと思う。私も、英語喉の観点から貢献できると思った。 私自身は、英語教師時代に言葉の気づきに似たようなことを考えていたのかもしれない。が、失敗だという感覚を持っていた。 受験英語を教えていたのだが、うーん、もっと面白い、生きた英語を教えたいなあ、、、という希望があり、それがあまりできないという現実がある。その現実と理想のハザマで、なんか教師としてアイデンティティがほしいなあ、と思っていたときに、日本語と英語の文法の違いなどを説明した。すると生徒が、先生なんの授業やねんとクレームを言っていた。 私の場合は、つまり、自分の理想が果たせない状態のなかで、ちょっとええかっこしたいという欲求を満たせてくれるのが言葉の気づきであり、それ以上でもなかったように思う。ちょっと、自分は賢いだろうみたいな。受験指導してんのは仮の姿だ、、、みたいな。 そもそも、私が言っていたようなことは、ちょっと英語を勉強していれば、誰でも分かることだったので、知識量が当時の私よりも低いという立場があって、初めて私が実践した言葉の気づきは存在したのである。 「実はやっていれば誰でも分かること」ってのは、私の根本的な分析ツールの一つみたいな気がするのだ。音声学者の人が書いた本で、TAKE IT EASYはていきりーじーに聞こえます、みたいなのりの本がたくさんあるけど、それって誰でも分かるじゃんとか思うのだ。最近では、「ダーリンは外国人」という漫画を読んだのだが、それに書いてあることは、状況が同じだったら誰でも気づくことだなあ、、などと思っている。 (例えばであるが、トニー(登場人物)が映画などを見るときに、すごく反応するという話がある。もちろん、結論は、西洋人は反応が強い、、、となる。しかし英語喉パラダイムだとどうだろう。私は、最近、喉がゆるくなったせいか(英語喉で喋っているので)、人が笑わそうとして何かをいうと、他のネイティブと同じレスポンス速度でワラってしまう。なんかゆるくて、感情が笑いとしてすーっとでてくるのだ。そういうことじゃないのかなあ) 私自身の言葉の気づき活動は、教師と生徒という権力関係があってはじめて成り立っていたように思う。 じゃあ、英語教師として何をしたかというと、、、 私が求めていたのは結果だったのだ。生徒に力をつけさせたいという結果がほしかった。 だから、訳読をするのに意味が見出せなかった。あるとき電車の中で私の生徒が日本語訳を覚えているのをみて、なーんだと思った。 だから訳を配りたかったのだが、それはできなかった。 だからかわりに、小テストをつくった。授業に2回小テストをやってその時にカバーした内容を、少なくとも、短期的に覚えているかということを試した。そうすれば、結果がでるかもしれない、、、と。私がつくった全ての小テストをあつめたやつがおった。全部、半ページだったのだが、あるとき、1ページつかってつくったら、そいつがクレームをつけた。自分は集めておるが、半ページじゃないと一緒にとじられない、、、から困るとクレームをつけてきた。 私が考えていたような言葉の気づきは、日本語をよりよく理解するとか、英語をよりよく理解するとかいうものだったと思うのだが、それをしたから、じゃあ、生徒が英語ができるようになるのか、なんらかのかたちで賢くなるのか?そういうことを実験して証明するとよいだろうと思う(当時の私の言葉の気づきは単なるファッション、いやアイデンティティの強調にしかすぎなかったのだろう)。俺は違うんだ、、、と。 私が思うに、英語の授業のポイントは生徒が英語ができるようになることであり、それ以上でもそれ以下でもないと思う。それに役立つような言葉の気づき戦略であればすばらしいものがあるだろう。そういうのに磨きをかけて実験で証明するとよいのだと思う。 英語喉や機関銃英語には、西洋人の立場からみた西洋言語の気づきがふんだんに含まれている。日本人が思いこんでいることではない。西洋人からみた立場での西洋言語である。 たとえばだが、なぜ英語ネイティブは、ああいうぐあいに日本語をしゃべるのか?これは、喉発音と3ビートを実践すれば、自然と起こることである。 自然と起こるということは、どういうことかというと、経済原理である。それが一番楽だということだ。喉をリラックスしていれば、自然と3ビートになるのだが、その状態だと、自然に出てくる喋りかた、発音がある。 これは言語経済学というやつである。 言語活動はおいおいにして合理的選択の結果なのである。 例えば、アメリカ英語においてEVANという発音をするとき、ゲップエリアを定位置にすると、EVANと読むよりEVIN(i_)と読むほうが楽なのである。 これは言葉の気づきというか原理である。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.