喉の著者の一人が緊急アピール 英語は真剣勝負である

speech.JPG

英語会話に真剣さがどれだけ大切かを、厳粛な雰囲気の中、喉の著者がアピールする。英語は論理、真剣さ、国際理解、そしてプロソディーだ。

http://app.sightspeed.com/vm/d95htld1zzj5nl9usvnm9yztqr6kkpw7/0f7b/ja_JP/1/

というのは冗談。英語が論理だとかいう方向に走ってしまうのは、英語力の低さが原因であり、その原因は喉発音と3ビートをまだやっていないから。ラーメンすすりながらでも(頭を使わなくても)英語は喋れる言語(日本語と同じ)。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.