バイリンガルブロガーのチカさん

帰国子女のかたでバイリンガルのチカさんのYOUTUBEチャンネルを見つけました。実家がシアトルとおっしゃっているので、「帰国子女」という言い方が不適切かもしれませんが、、、、。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

日本語を主に喋っている動画では、日本語は口発音で喋られています。

英語が中心の動画では、喉発音です。

なんとなく、「態度」も変わりますね。たまたま、音を消して、二つの動画を見たのですが、音を聞かなくても、どちららが日本語を喋っているのか、英語を喋っているのか、「見た感じ」で分かりました。

口発音の場合は、体全体が硬い感じです。喉発音の英語は、リラックスした感じ。

ちかさん、私は「英語喉」という方法を教えているんですが、きづいてみると、当たり前のことだと思いますけど、どう思われますか??

ちかさんは、日本語と英語の両方を使って活躍されています。

これはちかさんが、LとRを教えているところ。Lは日本語と同じで、Rはウをつけると教えられています。実際は、日本人のらりるれろ、は喉がしまりがちで出ているので、Rのごろごろごろという振動音が聞けず、Lみたいに聞こえるのでしょう。Rでウを出すというのは、うを出そうとすると、喉の奥のごろごろ音が一瞬は遮断されないので、Rっぽくなるということでしょうね。

でも、そうしたからと言って、日本人が英語を喋って、正確にLとRが出せるでしょうか?Rの前にウをつけるというアドバイスは、私が知る限り25年以上存在しています。で、だからといって、日本人がLとRが言えるでしょうか???

でも、喉が違いだと意識してやれば、簡単です。

ちなみに、これは私がLとRの違いを喉発音の違いで説明しているものです。

http://www.youtube.com/watch?v=YRLKpNvPo94

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

2月15日ぐらいまで休暇です、、、が、このサイトよろしく

2週間ほど完全休暇にはいります。南方面に自動車をひたすら走らせたあと、バハマへと客船にて行ってまいります。 バハマというと、まるで芸能人の行き先のようですが、客船の旅が実は一番、エコノミカルなのです。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 その間、英語喉実践者の皆さん、登録メンバーとなり、まるでMIXIかフェースブックのように、このサイトの日本人メンバーおよび、外国人メンバーと交流されてはどうでしょうか?右の上のほうから登録できます。 さらに、英語喉に関しては、ここをクリックすると、24時間以内にUPされた英語喉関係のブログなどを読むことができます。MASAさんの喉の旅、KATSUさんの英語喉物語など、よ~くヒットしますよ~。 ここをクリックして、英語喉に関して、過去24時間にUPされた情報をぐぐる。 さらに、英語喉の過去ログをたんまり読んでみてください。以下をクリックしますと、常にランダムにピックアップされた記事が読めます。1時間ぐらいごとに、どんどん足されていきますので読んでください! http://nippondream.com/eigonodo/randomselectio これは、気楽に書き込める掲示板「英語喉つながり」です。 http://jbbs.livedoor.jp/study/11006/   それでは、よろしくお願いします! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

FM読谷 沖縄学園チャブロックマック 快挙!

人気ブログ投票にぜひご協力を。以下をクリックしてください。 さて、 今日は、チャブロックマックの放送で大快挙です。パーソナリティーのナオキヤ氏、84氏、タイチ氏(この日の放送ではお休みでした)、英語喉実践者であることは、ご存知かと思います。FM放送で英語喉コーナーで設けておられましたが、なんと今回、アメリカ人のマイクさんがゲストとして登場し、ナオキヤ氏が英語で放送されたのです!84さんも、英語で質問されておりました。 17分49秒あたりから、そのテーマが始まります。 http://www.ustream.tv/recorded/18532288 すばらしかったです。マイクさんに、ワインの話をふるところから始まります。 内容的に、本当に面白かったし、また、沖縄に米軍として駐留しておられるマイクさんですが、あんまりワインは好きじゃないということで、私自身もあまり飲まないので、共感を持ちました。ワインというのは、色々知っているほうが、文化的には、洗練された感じがするのです。国籍を超えて、また住んでいる場所、職業を越えて、そう、わかる、わかると思ってしまいました。私自身もあんまりアルコールを飲まないので、マイクさんと同じです。 そんな感覚をナオキヤさんと84さんのトークで、感じることができました。 さらに、プレイステーション、任天堂ゲーム(28分あたり)の話などが繰り広げられますが、皆さんのなかに、わかる、わかると思われるかたがいるのではないでしょうか! 先週だったかな、YOSSYさんが、ママトークで米国在住のジェニファーさんと、話をして、共感しあったそうです。それと同じ感覚を、放送を通じて感じることができました。 さらに、沖縄にいるアメリカの兵隊さんが、これまで個人として感じられたことはなかったのではないでしょうか?この放送のなかで、確実に、同じ人間だ、仲間だという感覚になれますね。 それから、話は飛ぶけど、以前、上智大学の吉田先生が、スーパーハイスクールで英語を中心に勉強している日本人生徒が、ネイティブのようにぺらぺらしゃべりたいのではなくて、(もしかしたら、生徒のほうが英会話ができるかもしれないけど、、、ということらしい)日本人の先生のように喋りたいのだ、、、という話をしておられて、私自身は、そんなもんかいな~、疑問だな~と思っています。そんな高校生いるのかな~~?いたら、逆に心配だな。そのYOUTUBE動画を見たい人はここをクリック。最初のほうから見ているとでてきます。 しあし、沖縄の人達が、ナオキヤさんと84さんが、このように奮闘している姿、楽しい会話をされているのを見ると、英語を話してみたい、がんばってみたいと思われるのではないでしょうか??? こんなに、日本人とアメリカ人の会話がメディアで一致しているのは、ベストヒットUSAの小林克也氏以来ではないでしょうか??? どう思われますか? ナオキヤさんと84さん、大快挙です!!!! それにしてもマイクさん、むちゃ、面白いキャラですね~~~。英語喉ライブに出てくれないかなあ。 さて、英語喉ライブのテーマ曲の新しいのを録音してみました。m4Aという形式なので、皆さんのPCで再生できるか分かりませんが、I-TUNEでEXPORTしたものです。ご感想を教えてくださいね! http://www.nippondream.com/file/eigonodo_live_theme2.m4a 人気ブログ投票にぜひご協力を。以下をクリックしてください。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.