バイリンガルブロガーのチカさん

帰国子女のかたでバイリンガルのチカさんのYOUTUBEチャンネルを見つけました。実家がシアトルとおっしゃっているので、「帰国子女」という言い方が不適切かもしれませんが、、、、。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

日本語を主に喋っている動画では、日本語は口発音で喋られています。

英語が中心の動画では、喉発音です。

なんとなく、「態度」も変わりますね。たまたま、音を消して、二つの動画を見たのですが、音を聞かなくても、どちららが日本語を喋っているのか、英語を喋っているのか、「見た感じ」で分かりました。

口発音の場合は、体全体が硬い感じです。喉発音の英語は、リラックスした感じ。

ちかさん、私は「英語喉」という方法を教えているんですが、きづいてみると、当たり前のことだと思いますけど、どう思われますか??

ちかさんは、日本語と英語の両方を使って活躍されています。

これはちかさんが、LとRを教えているところ。Lは日本語と同じで、Rはウをつけると教えられています。実際は、日本人のらりるれろ、は喉がしまりがちで出ているので、Rのごろごろごろという振動音が聞けず、Lみたいに聞こえるのでしょう。Rでウを出すというのは、うを出そうとすると、喉の奥のごろごろ音が一瞬は遮断されないので、Rっぽくなるということでしょうね。

でも、そうしたからと言って、日本人が英語を喋って、正確にLとRが出せるでしょうか?Rの前にウをつけるというアドバイスは、私が知る限り25年以上存在しています。で、だからといって、日本人がLとRが言えるでしょうか???

でも、喉が違いだと意識してやれば、簡単です。

ちなみに、これは私がLとRの違いを喉発音の違いで説明しているものです。

http://www.youtube.com/watch?v=YRLKpNvPo94

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

One thought on “バイリンガルブロガーのチカさん”

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.