東日本のかたがゲップエリアを開拓する方法

これまで教えてきて、やはり大阪より東の出身のかたは、ゲップエリア発音に苦労されます。たまに、苦労されないかたもいますが、普通は苦労されます。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

言い方を変えると、西日本のかたは、苦労されないということです。

東日本のかたは、声帯をりきませないと発声しにくい、、、という表現を使っていますが、

もしかして、大阪より東の方言は、声帯をとじておいて、それを開くことで、母音を発音しているのでしょうか?

なぜかといいますと、先日、指導させていただいたかたが i_ を言おうとすると、

I~~~i_~~~

となり、途中から音色がうまい具合に変わるのだけど、どうしても出だしが、Iになってしまいます。

そこで、途中から始めたらいいんじゃないか、、、とアドバイスしますと、やっぱり

I~i_~~~

と最初にIがつくんです。

でも、結局、1時間ぐらい喉発音の練習をしたり、英語喉のコツをしているうちに、ほぐれてきて、i_の音色が出るようになりました。

そこで、思うのですが、もしかしたら、i_~をしようとしてIがでる理由は、Iの発音のとき、いや母音を発音するときに、いったん、声帯をしめてから母音を出す、、、これが東日本の発声法である可能性が大です。

厳密には、喉の奥の映像をとる必要がありますね。

じゃ、どうやって直すか、、、

英語喉の最初の章を本気でやり直すことではないでしょうか?

例えばですが、息を吸いながらで発声する場合、声帯をいったん閉めるということが不可能になりますから、声帯をあけたままでリラックスして発声する練習になるでしょう。

特に首の根元でも、きれいな音がでるように、息をすいながら発声する練習をしてみてください。

そして、SEETとSITの違いを、息をすいながらの発声で練習してみてください。

それでは音声で示してみました。英語喉をお持ちのかたは、44ページの練習1を使いますので、本を開けてみてください。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_06_27_2012.mp3|titles=kaz_06_27_2012.mp3]

http://nippondream.com/file/kaz_06_27_2012.mp3

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.