Skip to toolbar

英語で考えるとは?

YATTAMONさんに質問を受けました。英語で考えるとは?

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

そもそもですが、YATTAMONさんが英文をよく書いておられます。例えばこれ。

http://yattamon.cocolog-nifty.com/english/2012/06/post-488a.html

で、私は感じるのですが、え?なんでこういう間違いをするの?という思いがたまにしています。

文法を気にしない、、、というのが王道の考えです。私も思います。しかし、その私が、「え?なんでこういう発想になっていて、こんな間違いになるの?」と感じるのです。

私が矛盾しているのか?としばらく考えていました。しかし、思うに、YATTAMONさんが英語で考えていないのじゃないかと思うにいたりました。

例えばですが、

I hadn’t been thought that I was going to start learning English so far when I started it in my life.と書かれています。その最初の

I hadn’t been thought that

と書かれていますが、これは、まずなんらかの日本語があって、それを英語にしようとされて、そこで間違われたのじゃないかな?

まず、日本語があったら、だめなんです。

必要なのは「心の動き」です。

たぶん、YATTAMONさんの心は、

I am not very young, but I enjoy learning English.

とか、そういうことを訴えられていたのではないでしょうか?その心をできるだけ素直に表す練習をするのです。できるだけ単純な言葉で。

文法は間違っていい、、、という考え方は、単純な単語で組み立てる上で、Sとか忘れてもいいということです。

単純な言葉を使うというのは、会話でまず会話で鍛えます。

受験で覚えるような熟語もありますが、そういう熟語をできるだけ出さないのも大切です。覚えていることを、そのまま英文にするとぎこちないからです。

熟語を使おうとすると、そのたびに、ネイティブに、「間違ってはいないが、自然じゃない」と永遠に言い続けられるでしょう。というのは、表現は、その場のスムーズさで決定されるものなのです。

書くときに考えるとすると、前から読んで、すっと読めるか、、、これは気にしてもいいです(詳しくはここ http://www.estat.us/kaz/id28.html)。

熟語1000とかいう本で覚えているなら、えんえんと、直され続けると思います。

日本語でこう言いたいから、それにあたる熟語はこれだ、、だから、それを使う、、、というのは、よくない。

英語は英語だけで使うというのは、日本語でこういいたいと言う気持ちを捨てることです。そして、心が何を言いたがっているのか?を問うことです。

うちの母が、英語に挑戦して、ジーナと話をしても、全然、話が盛り上がらないなあと思っていたのですが、その原因が分かりました。

心を訳さずに、日本語を英語に訳しているので、感情が伝わらないのです。

例えばですが、「今、留守番で一人です」と英語で言おうとするとき、留守に当たる英単語を一生懸命考えているうちに、時間がたちますし、その単語がみつかって言ったときには、感情の部分は消えてしまいます。

ところが、留守番で一人だから、心はどうなのか?を問うと、、?

例えば、さびしいなら

LONELYでいいわけです。それを喉から感情を込めていうと、相手も反応が大きいわけです。え~、それはさびしいですね?と。

LONELYという単語を知らないなら、このさい、UNHAPPYと言えばいいですね。

逆に、一人になれて、楽だったら、HAPPYと言えばいいわけです。

逆に、英語をあまり知らなくても、感情ががんがん伝わる場合あるみたいです。

ジーナが、広島であった人の中で、直君が非常に楽しかったと言っているのですけど、そもそも直君は英語を喋らないんですよ。

感情が伝わるというのは、その人の個性が前面に出てくるということです。友達も作りやすくなります。友達ができれば、英語を使う機会が増えます。そして、簡単な表現ばかりつかっていたのが、だんだん複雑なこともいえるようになってくるわけです。

ところで、母には、とにかく、主語を言って、その後で、心が何を言いたいのかをそのまま言うようにと指導しました。すると、結構、するすると英語がでていました。もう少し一緒に練習してみます。

 

Related Articles

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。 メカニズムははっきりしています。 1.今まで雑音として処理していた喉の深い響きの方に感心を向けたら、当たり前だけど聞けるようになった。 例えば、皆さんの部屋にクーラーがかかっているとします。クーラーは小さな雑音を出しているでしょう。でも、脳ってそれを雑音として処理するので、結構、聞こえてませんよね。でも聞こうとすると聞こえてくる。 今までIFとかいう発音を聞いても、その深い部分を聞いていなかったので、雑音にしか聞こえなかったわけです。あるいはSHE ISがSHEY-YIZみたいになるわけですが(喉発音なので勝手にYが生じる)、そういうのも雑音として処理していたら聞けませんよね。 2.シラブルはまさに、どこからどこまでが単位かを教えてくれるのです。シラブルを無視していると、音が大量にながれてきて、全然つかめないでしょう。例えば、 HOWAREYOUDOINGTHESEDAYS? と音が流れてきたとき、わけがわかりません。でもシラブルがあるということを理解すれば、 HOW-ARE-YOUD-DOW-WING-THEZ-DEIZ? とグループに分かれて頭に入ってきます。 だから、急に英語がゆっくりになったように聞こえるわけです。 このことは、結構、瞬間的に起こることで、誰にでも起こることです。 まだこれを経験されていないかたは、以下の工夫をしてください。 1.通勤のときなどに周りにある看板などの字を見て、ネイティブならどう読むかなとシラブル分けしてみる(3ビートに気をつけて)。 例 淀屋橋 --> YOD-DOY-YAB-BASH-SHIY 2.日本語をわざと3ビートで読んでみる。 3.実際にネイティブと会話する。ゆっくり、シラブルを大切にしながら喋る。 量をこなすから聞こえるようになるわけではありません。発想の転換で聞けるようになります。 よく女の人の横顔に見えたり、月面に見えたり(??でしたっけ)するような絵があって、最初は難しいけど、見ていると、見えるようになるのがありますよね。 ちょうどジーナの両親の家にも飾ってあるのだけど、一見、単なる木の彫刻で意味がないように見えるのが置いてあるのだけど、じっくり見ていると文字が見えてくる。一度、見え出すと、もう元には戻れない、、、というのがあるんですが、それに似ています。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. I was moved your opinion.
    Yes, I try to say something in English from bottom of my heart.

    上川さん、ありがとうございます。 感動しました。確かに心が抜け落ちている
    かも知れません。 アドバイス頂いたことをじっくりと考えてみたいと思います。
    Thank you SO much. 

  2. 「とにかく何か(主語)を言ってしまって、それから言うことを考えてつなげる」というのはいいですね。これで、同僚と打ち解けた会話ができるようになりました。以前は、頭の中で、何かを言う以前に、「えーっと、これをいうのだから、そのすぐ次には関係代名詞がきて、その後の動詞にはSが付くぞ。気をつけねば。その後の名詞は複数となることも注意。よし!今から話すぞ!」と考えて第一声を発していました。しかしながら、その考えている一瞬、私の顔は緊張していたのでしょう。それだから、打ち解けた会話もできずじまいでした。「はじめに何かを言ってしまう」方式が、私にとってはブレイクスルーになりそうです。