国産ネイティブ 出光82さん

kokusan1.jpg

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32654119&comm_id=2407812 の
45番でしか見れません。

口発音から、半年でここまでいける!という参考例

できている人の音声を聞くことや、話を聞くことでやる気をつけたいかたはぜひご参加ください。一緒にがんばりましょう。

オープンマインドで英語喉に挑戦
http://c.mixi.jp/eigonodo

MIXI自体に参加希望のかたは、自己紹介とともに、ご連絡ください。

Related Articles

上田亮氏とのMIXI上の再会 2007年7月に交わしたメールがきっかけ

—————————— 上田さんでしたか! はい、OITCです。春日丘3丁目でしたっけ? びっくりしました。ESSでした。で英語ができる、、、と当時から思っていたので、私でしょう。私のほかには、山田君とかいました。中村さん、それから、、、誰だったかなあ、、バイクの先輩。それから田中さん。田中さんとかは、かなり後ではいってこられたので上田さん知らないかな。 研修員で覚えているのはタイのピライポンさんとか。 上田さんとしか思えなかったです。通訳、、、そして医者。確か、ボクシングをやってらしたのでしたっけ?眼科を目指されたのではなかったですか? まさかこんなところで再会できるとは、、、。 今、ワシントンDCにいます。シンクタンクというか、社会科学、行動科学系コンサルティングファームというか、、そういう場所でアナリストをしています。 今回の発音の本ですが、これは本当にすごいメソッドですよ。でも、上田さんは、喉発音と3ビートを無意識のうちにされている、、、ということでしょうか。ものすごくうまいですから。 聞いたときに、これなら分かってくれると思いましたよ。 できないものにかぎって、「でもネイティブと違う」とか言ってきますから。 うえかわ > 確かに上田ですが > どなたでしたでしょうか。私の方では想像つきません。 > 同志社大の方だとしたら一人か二人思い当たる人が・ > > OITCとかにいました? > ESSで一人かなり英語ができる学生がいたのを覚えていますけど・ ———————————– Re:…

私自身の文法の勉強の仕方

週末英語喉セミナーの申し込みはこちらから。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 英語喉をやると、アメリカ人が話しかけてくる。それは、やはり自信のようなものもあるかもしれないし、姿勢もあるだろう。このことは何度も書いた。 昨日も、近所で突然、「あなたはここのアパートに住んでいるのですか?」とアメリカ人(インド系の学生っぽい女性。近くにジョージタウン大学があるので学生さんだろう。)が問う。「実は、もう申し込みはしたのだけど、ネットで、悪い評価が出ていたんです。住み心地はどう?」。「全然、心配することはないですよ。きれいですし、庭なんかも手入れされているしね。虫も蝿ぐらいです(ごきぶりは出ない)。」と言ったら、安心していた。 DCではどこのアパートでも、だいたいエルサルバドルかホンデュラスあたりの移民(不法移民だと思う)が、ものすごい勢いで朝から晩まで掃除をしているのである。 プールがあるが、その横を通るたびに、ライフガードの黒人のおじさんが、会釈をしてくる。まるで親戚か何かのように。 犬の散歩をしていたら、向こうから、日本語の書いてあるT-シャツを来た白人の若者が歩いてくる。ちょっとめずらしくてなんて書いてあるのかな~なんて(気づかれないように)見ていたら、「ハ~イ」とか言いながら会釈をしてくる。 このように、周りから話しかけてくれると、本当にアメリカ人と私が平等なる立場にあることがわかる。いや、本当は最初から平等だったのだろう。今思えばね。 さて、今日は私の文法の勉強の仕方について述べる。 MIXI上ではRONさんのhttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=63775066&comment_count=52&comm_id=1301094 で熱い議論が交わされている。 もともとの発端は、英語喉会議(アット広島)で文法が大切かどうかみたいな会話から始まった。 よく発音の次は文法だとか語彙だとか言うが、実際は、ネイティブと会話をしだすのが一番だと思う。というのは、文法や語彙は会話をしながら覚えるものだからだ。その模範というか、例を示したい。 RONさんの影響で、昨日、中国語を勉強してやろうと思いたった。それも、中国語の文法書を一度も読まずに会話ができるようになってやろうと思った。 そこで中国人の同僚にちょっと聞いたのだ。 まず、私は、It is interesting to watch TV という文を持ってきて、それを中国語でなんと言うかを問う。 すると、中国人の彼女は、 カン、デン、シューがどうのこうのと言った。 私はもうその時点で、中国語が聞き取れていた。恐ろしいことに英語喉をやっていると、聴き取れる。 大昔の大学時代に中国人の学生が、映画を見るは…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.