教育 自然に持っているものを活かす方向

剣道を去年の秋から初めて、学んだものというか、勝手にこういう方向がいいのじゃないかと思っていることがあります。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

それは、例えば「踏み込み」にしても、自然に私が人間として、持っている歩き方、小走りのときの感じと同じじゃないか??と。

どう考えても、簡単なことで、ただ前に進むだけです。

それが難しいのは、きっと、竹刀を持って相手の面を叩くというプラスアルファのことをすると、体全体のバランスが崩れてしまう。

色々なアドバイスを受けました。それぞれがひとつの方向に向かっているように思います。

右足でストンピングする感じで飛び込み、自然に体重を移行させる。とくに、後者をとりいれました。右足でストンピングしているうちに、右足が痛くなってきたのですが、痛くなっているということは、何か違うんじゃないか?と。

昔は、痛くても、慣れる。固める、、、という形が学習というものだと感じていました。

これは受験勉強のときがそうでした。とにかく、やる、覚える、繰り返す。

あと、剣道で、最近では、左足をさっとひきつけるのが大切だという指導を受けたのです。これは確かにいいと思うのですが、どうも、アキレス腱あたりに負担がかかります。

痛いような方向は、人間の摂理に反抗している、、、だから、それをさけるのがいいのじゃないかと。

道場では、腰から当たるという練習をしているのですが、これがまさに、普通に歩いているときに、もうしていることです。

特別なことではありません。

人間という動物がもっとも自然にしていることを生かしていく形で学んでいくのがいいのじゃないか?

最近、基本の稽古も楽しくなってきました。基本の稽古というと、同じことの繰り返しのようですが、め~~んと打った時に、「楽しいと感じたかどうか?」で判断しています。体の感覚で例えば、手に力がはいりすぎたとしたら、なんか、楽しくないのです。竹刀がかするような当たり方だと、楽しくありません。

よく、考えられるように教育をするといいますが、逆に、もう人間というのは、考える動物として生まれているのではないでしょうか?

なのに、学校というシステムのなかでは、一人の先生が大人数を教えるので、教えるという実践が、テレビでドラマを見ている感じになるのではないでしょうか?1対30人?40人?で可能なことがどうしても強調されます。

例えば、先生1人対生徒40人の英語のクラスだとしたら、英会話は不可能です。

が、覚えるということは可能です。

しかし、例えば、私の広島の友人の直君は、英語は勉強していませんが、発音ができます。発音ができるということは、きっと音としても聞けているということです。

https://www.facebook.com/photo.php?v=215517675230957 (直君との会話の英語版です。)

これは直君に限ったことではありません。中国地方、九州地方、四国の西の出身者は、普通に発声していれば、英語の発音ができるのです。

そのあたりを生かした形で、英語教育でもなんでもやるべきではないでしょうか?

暗記をしないといけないとなると、どうしても、嫌になる人もたくさんいます。

スペルを正確に覚える理由はないのではないでしょうか?

ネイティブは結構、スペルが不得意な人がたくさんいます。

学校の制度があって、先生一人に対して30人、40人の生徒の教室の制度があるので、コントロールの問題ができて、暗記だとかが強調させるのだと思います。

常に「字の世界」の教育になります。字の世界が得意な人もいれば、嫌な人がいます。

面倒くさいことをやめれば、自然に、英語が得意になる人口が増えるのではないでしょうか?

こないだ、小学校1年生になった姪とSKYPEで喋っておりまして、クイズをしていました。ジーナが英語で、例えば、BBQとか言います。そして、姪が、それを何を言ったかを当てます。

録音していたのに、うまくとれていなくて悔しいのですが、、、

YOGURTをちょうど食べていたので、YOGURTとジーナがネイティブ発音で言ったら、姪が、

ヨーグルト!

とうまく当てました。

子供のときは、英語が聞こえているのではないでしょうか?

でも、高校生ぐらいで、同じYOGURTのネイティブ発音を聞くと、「ヨーグー」みたいに空耳現象が起こります。

子供の感性をそのまま育てるような教育がよいのじゃないかと思いました。

Related Articles

フェースブックは34人のかたにLIKEボタンを押してもらいました!

さて、日本はGWまっさい中ですか~?皆さん、休日を楽しんでおられますか??? http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 フェースブックのファンページのほうは、開設してまだ一週間がたっていませんが、34人のかたにLIKEボタンを押してもらいました。応援ありがとうございます。 さて、応援といえば、やったもんさんもYOUTUBE動画にて、英語喉について語られています。 http://yattamon.cocolog-nifty.com/english/2012/04/post-004f.html さらに、この2月に始められた実践家のかたが、携帯にてサイトを始められているようです。 http://blog.livedoor.jp/nashitarou/ 多くのかたに語ってもらい、実践してもらい、音声などをネットUPなどしてもらうと、うれしいです。 私は英語喉実践家さんたちとの交流で、さまざまなコツを見つけることができました。またワシントンDCでのボランティアで、実際にお会いすることで、西高東低型とでもいいましょうか、いや、喉発音の位置でいうと西低東高型なのですかね?日本の元々の出身地、方言による発声方法の違いにも気づくことができました。 しかし、ここに来て、ワシントンにおけるボランティアは座礁しています。新しい人たちへの紹介が事実上不可能になりました。 それは、私の活動をよく思っていないかたがたが、私の広告に対して、猛烈に批判を加えるために、事実上、人の募集ができなくなったのです。私がステマを演じているとおっしゃっているのです。ステマというのは自作自演をして、宣伝することだそうです。私が広告を出し、そして、それに、ステマ批判があつまる。常識派の人々が、それに対応。そして、その好意的な書き込みに対して、「それ、カズがステマ、自作自演をしている」、、、と、延々と批判が続きまして、 単なる広告なのに、100以上のコメントがついてしまい(すると他の広告が見難い)、ワシントンDCの日本人の皆様に、意図したことではないのですが、迷惑をかけてしまいました。 というわけで、この度、ワシントンDCにおける活動が座礁に乗り上げました。 しかし、私は、ワシントンDCで、すでに私のセミナーにいらしてくれたかたがた、リピーターのかたがたに、手厚い指導を続けることで、この危機を乗り越えようと考えます。 ま、残念です。アメリカに1年ぐらいの留学で来ている人たちが音が聞けないまま、帰っていくことに。政府関係で来ていらっしゃるかたがたもたくさんいます。DCには国費留学のかたがたもたくさんいます。そんなかたがたが、英語が聞けないまま、授業を受けて、帰っていく。聞けないから本に頼ることになるでしょう。でも本なら日本にいても読めるんですよ。 さらに、ご紹介したとおり、日本のある大学の英語教室とSKYPEでつないで、指導もできました! またフェースブックファンページの解説も偶然ではなく、いかに、この難関を切り抜けるかということで、開設にいたりました。 フェースブックのほうですが、昨晩、以前、直君の紹介の英語版をとっていたのですが、それを編集し、紹介しましたのでご覧ください!英語で解説しました。その理由は、日本で教えているネイティブ先生たちも、もしかしたら見てくれるかもしれない、、、という気持ち。それからMASAさん経由で知り合ったネイティブの人たちにも、紹介したので、わかりやすいかなと。MISSINGNOで有名なKENさんも、LIKEボタンを押してくれました! https://www.facebook.com/photo.php?v=215517675230957 LINEボタンというのは、個々の記事へのものもありますが、ファンページ自体の右上だったと思いますが、そのLIKEを押すと、そのページのメンバーになった感じになります。記事がUPされるたびに、送信されるわけです。 フェースブックをされていない皆さん、始められてはどうでしょうか? 昨日、面白いことがありました。1週間ほどまえに、元仕事場の同僚とコネクトしたんです。赤ちゃんの写真などあって、へ~~と思っていたら、昨日、近所のスーパーで出くわしたのです!え、ご近所だったの?でもフェースブックで、すでに赤ちゃんの名前とか知っていたのでした。会ったことないのに、「お父さんに似ているね」なんてことも言いました(FBにご主人の写真があったので)。 皆さんも試されてはいかがでしょうか??? それでは~~~。

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

英語喉ライブ ブライスさんインタビュー

日本語を勉強しているブライスさんをインタビューしました。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 まずは、10分、ブライスさんが、日本語で「外国語を勉強することの大切さ」について話していただきました。毎日、スカイプで日本語を喋って練習しているそうです。 [audio:http://nippondream.com/file/bryse_05_07_2012.mp3|titles=bryse_05_07_2012] http://nippondream.com/file/bryse_05_07_2012.mp3 さて、その後、話は、違う方向に行きまして、VIDEO動画をともなって、2つの番組を作りました。 BRYSEさんに、日本人的な雰囲気を教えているところ。 フェースブックはここ。 https://www.facebook.com/photo.php?v=220039041445487 YOUTUBEだとここ。 BRYSEさんに、日本語の発音を指導しているところ。 フェースブックはここ。 https://www.facebook.com/photo.php?v=220068311442560 YOUTUBEだとここ。 どうでしょう?

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar