日本人にとって一番難しい発音の単語

英語喉を直接教えていて、この単語は、日本人にとって非常に難しいなと思われるのがあります。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

それは英語喉の136ページのGIRLとWORLDという単語です。

英語喉では、この音だったら、こうとか、あの音だったらああだ、、、という感じではないのですが、ま、それでも、まやってみましょう。

[audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_136_04_23_2012.mp3|eigonodo_136_04_23_2012]
http://nippondream.com/file/eigonodo_136_04_23_2012.mp3

音声のなかで言及している菅原りな先生のハローボイスというのは、こちらです。歌となると、どうしても、喉を傷めやすいので、プロのアドバイスを聞くべきだと思います。

http://animatojp.com/hellovoice/

よく英語喉は、他の教材をやったあとでという話を聞きますが、それは、例えば、APPLEをアップルと覚えている人が、アポーみたいな発音に気づく、、、という感じのことを、他の英語発音教材は教えてくれるのでしょうが、アポーといった段階で、まだ本当の発音からは、かなり遠いですので、最初っから喉発音で正しく単語を勉強したほうが早道でしょう。

さらに、口のなかを、がくんがくんと鍛えたら、逆効果です。

それでは!

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉稽古コース始めました (SKYPEでの受講ありですが、いかがですか?)

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 さて、先週は初めて、ボランティアによる英語喉稽古クラスをしました。 稽古と呼びましたが、その内容が剣道の稽古にそっくりで基本を繰りかえし、少しでも間違っていたら、前にすすまずに、できるまで粘る、、、という特徴を持ったものです。

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.