英語喉でせまる、いっこく堂氏の腹話術パフォーマンス

いっこく堂さんのパーフォーマンスをYOUTUBE動画で見ました。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

なんと中国の番組に出演されていたのです。それを見て、英語喉を使ったら、私もできるなと思って、やってみました。くっちゃんと喉やんも協力してくれました。

こちらが、いっこく堂氏の中国パフォーマンスのYOUTUBE動画です。中国語でさえ、いっこく堂氏は喉発音されているので、通じる中国語になっているじゃないかな???

http://www.youtube.com/watch?v=zD3_ZUiVLWU

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

VOICYの対談、インタビューこうして録音しています

去年(2019)の春から、VOICYでポッドキャストをしています。もっぱらゲストを招いて、インタビューや対談をしています。 https://voicy.jp/channel/834/ どのようにして録音をしているかを紹介したいと思います。VOICYの録音の仕方を解説するために、以下を書いたものの、YOUTUBE動画をつくるときも、この設定のままでやっています。

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.