オバマ氏とロシア大統領のヒソヒソ話

オバマ氏がロシア大統領にヒソヒソ話をしているのがたまたま、マイクに拾われて、公開されてしまったというハプニング。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

英語でのことだ。通訳を通していない。

http://news.yahoo.com/president-obama-asks-medvedev-space-missile-defense-election-101729176–abc-news.html

日本の首相とは、こんなハプニングさえ起こらない。英語が通じないから。

以前から、私は、ある程度教育を受けて英語ができないのは、日本人だけだと言っているが、かなり反感をかうかもしれない。しかし、このロシアの首相は、家に帰って、必死に、単語を覚えたり、英語の資格をとろうとしているわけではなないのに、オバマ氏のヒソヒソ英語を100%理解している。決して、うちに帰って英語()みたいな教材で練習しているわけではないだろう。

それはロシア語では喉発音と3ビートである点が英語と共通だから、音として聞いて分かるし、習得が難しくないのである。

もう一つ、最近、LANGUAGEという言語学の学術誌で、フランスのリオン大学のFRACOIS PELLEGRINOという人(とその他)が、言語のスピードを測ったらしい。1秒に何発シラブルが発射されるかを測ったら、8ヶ国語中、日本語が一番早かったそうです。サンプル数は59人だそうです。

これも常日頃から英語喉で言っていることですね。早い順で書くと、、

日本語 7.84(1秒に発射されるシラブル数の平均)

スペイン語 7.82

フランス語 7.18

イタリア語 6.99

英語 6.19

ドイツ語 5.97

ベトナム語 5.22

マンダリン(中国語) 5.18

やはり日本語では、1シラブルに音が2つまでなので、速いわけです。

検索したら論文自体がありました。速度に関しては、40ページに表があります。

ttp://www.ddl.ish-lyon.cnrs.fr/fulltext/pellegrino/Pellegrino_to%20appear_Language.pdf

情報の伝達については、以前から、このBLOGでも言っていましたね。

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.