アメリカで風邪で病院に行く 

アメリカではこういう感じです。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

木曜晩、ジーナが、「細菌性かもしれんよ。病院行ったら?」

そして英語喉実践者のかたから、「BLOGでの描写によると細菌性かもしれないので、抗生物質がいるのでは?」という内容のメールが。

金曜日といえば、この週で病院にいける最後のチャンス。週末だと緊急扱いで、100ドル特別に払わないといけなくなる(保険の関係上)。

週末に苦しむのはいやだな~~、、と私も思っていたのでした。

朝、起きて、いつも行くクリニックの時間をチェックすると、8時から受付。

ここで、クリニックという言葉に注目。

ジーナが日本留学中、風邪ひいたら、日本人の友人が、「ホスピタルに行ったら?」とよく言っていて、え~~~?そんなおおげさな!と思っていたらしい。

皆さん、よく聞いてくださいね。英語でホスピタルは、大きい大学病院みたいなイメージ。風邪程度では行かないんです。

風邪程度、あるいは、とりあえずは、PRIMARY CARE DOCTOR(主治医)に行くんです。

だから、中学の教科書で、病院に行くは、SEE A DOCTORを覚えるのでしょうね。GO TO A HOSPITALだと、え?、手術でもするんですか?となる。

さて、8時になって、電話を入れる。このときに、私の主治医の名前を伝えて、アポをとるんだけど、風邪ごときの場合は、必ずしも、主治医じゃなくてもいいので、「DR Hか、誰でもいいけど」って感じで伝えるんです。

そしたら10時15分でどうよとなった。

自動車で行ったのです。

まずロビーに入ると、そこで待っている、アメリカ人たちの視線が、、、

え?強盗????

というのは、俺は日本人だから、マスクをしていったわけ。ごほごほと人にうつしたくないわけね。

アメリカでは白マスクは、強盗でもしないと思うので、待合室の市民は、「あ、この人は、アジア人だから、マスクしているのだな」と納得してくれたと思う。テレビとかで見るから。

まず、書類にサイン。そして、そのさいに、CO PAYと言うんだけど、保険の関係で、料金は保険会社が払うけど、ま20ドル、とりあえず払えというルールがある(保険会社のきまり)。

発音はCOP-PAYですよ。CO#-PAYというと、CHOPPYです。

で、10分ほど待っている間に、どんな状況か?ということのアンケート書類。そして、ナースが、名前を呼ぶ。

私の場合は、「ユカワ?」と来る。

ナースについて、診察室へ。そこで、根堀り葉堀り、聞かれるが、それをナースが、ラップトップ上に入力。血圧もはかる。

5分まったら、先生が登場。ラップトップの情報を見ながら、色々質問を受ける。

私がまず最初に言ったこと、、

「先生にこんなに早く会うなんておもってませんでしたよ(笑)。」

先生、「う~ん、風邪とかなしに、一冬を乗り切るのは大変だからね~」

こんな無駄口がぱっとでるのは、英語が単語ごとに意味がつまっているので、情報が早くでるから、ぱぱぱっ、と言えてしまうからじゃないかな。

日本語だと、シラブルがものすごく多くなって、エネルギーがいるので、決まり文句ぐらいですませたくなるものだ。

先生は、抗生物質を指定したのだけど、いつも聞かれるのは、「XXのCVSでしょ?」。CVSは、薬局つきのコンビニなのだけど、薬自体は、クリニックが出さない。

ラップトップ上で、その情報が行くので、クリニックを出たあと似、自動車でそのコンビニに。

「30分まえに、医者をでたばかりだけど、できてますか?」

「できてますよ」、、、で薬をゲット。

じゃ、CO PAYは5ドルね。

え?普通、薬は実費なのだと思っていたけど、この抗生物質は、保険がカバーするらしい。でも、CO PAYといって5ドルは払わされる。

CO PAYってのは、保険をあんまり頻繁につかうと、保険会社が損だから、なにか払わせるって感じの料金なのかも。

そして、その薬には、詳しく薬の情報が書いてあるので、それをよく読んで服用するのです。

話は前後するけど、クリニックを出るときは、もうラップトップ上で、すべて済んでいるので、受付の人にBYEとかいって、去ったのだけど、そのかたが、

FEEL BETTER (お大事に)!

と言ってくれた。

同僚たちに、「今日、病気です」というと、きまって、FEEL BETTER!

と言うのでした。

しかし、こうして、気軽に病院にいけるのは、会社を通じての保険を持っているからです。アメリカには国保がありません。

貧乏人はがまんしろ、というシステムです。

会社を通じてなら月々の保険料支払が休めになるのと、もう一つ、差別されない、、のです。

仕事がない場合、個人で保険にはいるわけですけど、例えば持病があったら、保険会社がリスクが高いということで、断られてしまうか、保険料が高くなるわけですけど、仕事がないから、困っているわけです。

だから、貧乏人はがまんしたら?というシステムをアメリカはとっているのでした。

で、オバマ氏がかなりそれを改善しようとしたのですが、リパブリカンが必死にそれを阻止しているわけです。

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.