広島県人はもともと喉から発音しているという証明

私は最近、兵庫県よりも東の言葉をしゃべる人と音が平らであり、だから喉発音がしにくいのではないか?という仮説を追求している。そのことを意識したうえで、英語喉にとりくむと、効果が高いのではないかと感じるからだ。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

去年、広島に帰ったとき、70歳代のうちの父と母でさえ、私が30分教えたらネイティブ発音になり、CNNを聞いてもらったら、父は、「なんかゆっくりにきこえるのお」、母は、「え~、これはたまたまゆっくりの英語なんじゃろう?」と言っていた。父は英語を勉強していない。母はラジオ基礎英語とかで英語を勉強してきたが、英語は喋れない。

広島の同級生に教えたら、いとも簡単に、英語喉をしてのける、、、。

そこで、私は、さっき、広島の親友、なお君に電話して、私の言うとおりに発音してもらったのだが、

かえってくる英語がネイティブレベル99%なのだ。

なお君は、たんに私の英語を繰り返しているだけであるが、実際のところ、日本でトップレベルの英語発音じゃないだろうか??

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

2月15日ぐらいまで休暇です、、、が、このサイトよろしく

2週間ほど完全休暇にはいります。南方面に自動車をひたすら走らせたあと、バハマへと客船にて行ってまいります。 バハマというと、まるで芸能人の行き先のようですが、客船の旅が実は一番、エコノミカルなのです。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 その間、英語喉実践者の皆さん、登録メンバーとなり、まるでMIXIかフェースブックのように、このサイトの日本人メンバーおよび、外国人メンバーと交流されてはどうでしょうか?右の上のほうから登録できます。 さらに、英語喉に関しては、ここをクリックすると、24時間以内にUPされた英語喉関係のブログなどを読むことができます。MASAさんの喉の旅、KATSUさんの英語喉物語など、よ~くヒットしますよ~。 ここをクリックして、英語喉に関して、過去24時間にUPされた情報をぐぐる。 さらに、英語喉の過去ログをたんまり読んでみてください。以下をクリックしますと、常にランダムにピックアップされた記事が読めます。1時間ぐらいごとに、どんどん足されていきますので読んでください! http://nippondream.com/eigonodo/randomselectio これは、気楽に書き込める掲示板「英語喉つながり」です。 http://jbbs.livedoor.jp/study/11006/   それでは、よろしくお願いします! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

昨日と同じネタ、コメント募集 広島弁と英語発音の関係

皆さん、以下の動画は昨日紹介したものです。もしよろしければ、じゃんじゃん、コメントお願いします。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 なぜかというと、なお君が、「来週の日曜日に電話で、どんなコメントがあったか、おしえて~ね~、、、たぶん、おらんけん、留守電にいれとってね~」と言っていたからです。なお君は、PCを使っていないので、私が電話で報告します。 しかし、聞いたとおり言えているということは、もしかしたら当たり前かもしれないけど、なお君は英語も聞こえているってことなのですかね。今度はCNNを聞いてもらおうかな、、、。 教育とは何なんだろう。元ある広島人の特性を生かして英語を教えればよいのだけど、逆に、それを口発音に変えてしまうような教育をするわけで、それも悪気があってやっているわけではなくて、現在の英語教育が問いもしないようなことでもって、人々が持って生まれているものを、つまく利用できていない。 勉強すればするほど、がんばればがんばるほど、専門的になればなるほど、見えなくなっていくもの、、、ってことでしょうか。 なお君が、MY ANT IS MADと読んだ時、MY-YANTという風に、自然に3ビートでつながっていました。でも、もしなお君が「アント」と口発音で暗記していたら、これができていなかったでしょうね。 教育の根本にある認識論が間違っていると、結果がとんでもない方向にいくのかな。 なお君の発音は、今、日本で、おそらくトップレベルでしょう。 大学時代、広島出身で英語ができる人が多かったという記憶がある。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 歌手のポルノグラフィティさんみたいです。やはり方言により発声方法が違いますね。

  2. いやはや、こりゃすごい!これ程とは・・・・。僕らも長崎で子供の頃「~のお」とか「おいは(俺は)」とか語形としては言いましたが、こんな発声じゃないですね。広島って日本の外国???統計的に広島県人は、外国語を苦にしないとかあるんですかね???あっても不思議じゃないかも。

  3. いやはやこれはスゴイ!これ程とはねぇ・・・・・・。私らも子供の頃語形としては「~のお(だよな)」とか「おいは(俺は)」とか言ってましたが、発声はこんなじゃなかったです。広島って日本の中の外国だったとは・・・。広島県民は統計的に外国語習得が早いとかあるんでしょうか?あっても不思議じゃないかも知れないですね。

  4. 知り合いで広島の人がいたのだけど、一緒にカラオケ行った時にその人が英語の歌を歌ってすごく上手かったのを思い出しました。その人は英語喋れませんでしたけど英語の発音が上手かったので嫉妬したことを覚えています。

  5. 私は北海道でかなりなまってますが、
    喉は閉まってなまっている感じです。

    北海道、東北は方言は強いが気候のせいか喉はだらんとしていないように思いますね。

    それにしてもなおくんスゴすぎます。
    ものすごくおどろきました。

  6. すごい!音がもうできている…。耳コピーだけで出来るってすごいですね。わたしは江戸っ子なので完全に喉が閉まっているのだと思われます…。とくにappleの例のアの音などもいとも簡単に再現できているのが驚きました。