通勤、通学中に聞く、読む、使う (普段はメンバーオンリー)

Read and listen to the article. Then open the activities on the right side of the page to improve your English!

http://www.voanews.com/learningenglish/theclassroom/articles/american_culture/Worlds-Population-Reaches-7-Billion-134696423.html

[audio:http://nippondream.com/voa/population_article.mp3|titles=population_article]

http://nippondream.com/voa/population_article.mp3

Words Eigonodo symbols Meaning
populations P-O-P / P-IU-l / l-eI-SH / SH-i_-NZ 人口(じんこう)
economies #-i_-K / K-O-N / N-A-M / M-I-Z 経済(けいざい)
low birth rates l-O-w_ / B-E_r_th / r_ eI-TS 出生率(しゅっせいりつ)が低い(ひくい)こと
billion B-i_-l / y_-u_-N  =1,000,000,000
largest l-A-r_J / J-E-ST 最も(もっとも)大きい(おおきい)
youngest y_-u_-NG / G-E-ST 最も(もっとも)若い(わかい)
aging #-eI-J / J-I-NG 平均年齢(へいきんねんれい)が高くなりつつある
million M-i_-l / y_-u_-N  =1,000,000

The United Nations estimates that there are now seven billion people on Earth.

Populations are growing faster than economies in many poor countries in Africa and Asia. At the same time, low birth rates in Japan and many European nations have raised concerns. There may not be enough people to fill jobs in the future.

Population experts at the United Nations estimate that the world’s population reached six billion in October 1999. They predict it will reach nine billion by 2050, and ten billion by the end of the century.

China has a population of 1.3 billion, which is currently the world’s largest. India is second at 1.2 billion. But India is expected to pass China and reach 1.5 billion people around 2025. India will also have one of the world’syoungest populations.

In India, young people will gain many skills in their country’s growing economy. At the same time, other countries will have aging populations. But economists say that current growth rates, although high, may not create enough jobs.

Also, the public education system is failing. There are too many students in many places. Schooling is often of poor quality. Another concern is health care. Nearly half of India’s children under the age of five are malnourished. Sarah Crowe at the United Nations Children’s Fund in New Delhi says these two problems “could keep India back.”

SARAH CROWE: “That child is unable to really grow to its ability and will remain in a state of stunting and not be able to learn when it goes to school — when he or she goes to school, and indeed later earn and really pay back and pay into the economy and help the country and the region move forward. We have, you know, out of every two hundred million children who start school, only ten percent complete grade twelve.”

Michal Rutkowski is the director of human development in South Asia at the World Bank. He says the seven billionth person was likely to be a girl, born in rural Uttar Pradesh. Uttar Pradesh is one of India’s poorest and most crowded states, with nearly 200 million people.

He says reaching seven billion people in the world is a good time for a call to action.

Related Articles

例えば喉の存在を今日知ったが明日、海外に出かける場合

とりあえずはどうする? 例えば喉の存在を今日知ったが明日、海外に出かける場合 DCのかたからご連絡をいただいた。ワークショップに興味があると(Aさんとしよう)。さらに、メーリングリストのかたからも質問をいただいた。忙しく個々の音をカバーしきれていないのだがどうしたらよいか(Bさんとしよう)。 お二人に有効であると思われるのでちょっと書いてみる。前者のかたは、まだ喉を入手されていない。後者のかたは、忙しく個々の音を勉強できていない(3ビートはOK)。あるいは例えば明日に海外に旅行にいくが、喉の存在を今日知った、、、と。 その場合、さすがに50レッスンを今からやるのには遅い。そういう人にも有益だと思われることを書く。とりあえずどうするか、、、という問題だ。以下のことを実践してほしい。 1.外人声ギブスの動画を見て実践(これはNIPONDREAMにリンクがある、、このブログの動画のカテゴリーからもいけるかな?)。てっとりばやく、喉発音をマスター。これだな。 http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=219  2.首の根元あたりで喋るようにする。ただし、首の前のほうだけだと思わないように(そうやると低い声しか出せないし、ぎこちなくなる)。首の底、断面図的に考えた全体と考えてほしい。 とりあえずはアクビエリアとかゲップエリアってのは考えずに、首の底で喋るようにしてほしい。これは必ずしも声を低くしろといっているわけではないので注意。ただし、自然にそうなるのはよい。  Aさんの場合は、とりあえず、上を実践しながら、喉の本を入手してもらい、1月に行われると思う喉セミナー週末突貫工事的編にぜひいらしてもらいたい。Bさんの場合は、ゲップエリアでしばらくしのいでほしい。そして時間があるときに、個々の音をマスターする、、、と。  3ビートはどうだろう。うーん、これはやっぱり本を入手してもらったら手っ取り早い。メーリングリストから連絡をいただいたかたは、3ビートは読んでおられるので、これは心配はいらんだろう。(最近はアメリカの紀伊国屋にも喉が置いてあるようだ。) 上の1,2を簡単に書いたが、これはものすごいことだ。日本国民全員が一挙に深く、声優さんのような声を比較的短時間で手にいれるわけだ。 これまで日本人は外国人の声を出す方法をしらなかった。だから、ボイストレーニング的に訓練することで声を良くしようとしたのだと思うが、声をつぶす、、、という感じになり、たしかにガラガラ声だけど、外人声ではない境地にいたってしまっていたのではないだろうか。 この上の200字にも満たない知識が、職業地図をも変えてしまう可能性もある。声優さんとか、アナウンサーさんとか、これまで生まれながらたまたま声がよい人が、そういう仕事についていたのだと思うが、この二つの項目を読み、ちょっとがんばり、そして喉の50レッスンをがんばってもらうならば、国民が声優声を手に入れるわけだ。 そういえば、アメリカでは俳優さんが声優をしているアニメ映画がたくさんある。あれってどういう意味だろう。日本だと声優さんは声優さんで、俳優さんとは違うカテゴリーに属しているような気がするが、アメリカではすみわけが厳密ではないということかな。声が良い?のが普通だからかな。  喉発音はいわゆるボイストレーニングではない点に注意。似ているかもしれないが、喉発音はあくまでも発想の転換が大切だ。だからトレーニングという感じではない。まあトレーニングといえば、トレーニングだが、応援団的に、何回もとにかく繰り返せばよいというものではない。 ただ、やっているうちに、喉が疲れてきて、脱力の勘がつくということはありえるが、さけたい。喉を痛めてしまう。そういう意味で喉の最初に書いてあることを実践することで、喉発音を獲得してほしい。 なぜ日本語の声は平たいのか、英語の声は深いのか、、、、これを自分の身体をじっくり観察し、考察し、理解しぬくことで得られるのが英語喉である。 頭がかなりがんばらないといけない。  あ、職業地図という表現を使ったけど、これまで帰国子女じゃないとできない仕事がたくさんあったと思うんだけど、そういうのも国産ネイティブができるようになる。 本当に職業地図が変わるかも、、、と思われたらクリックしてください。ブログ人気ランキングです。 http://blog.with2.net/link.php?709532      

調音というのは、音を作るということではなくて、調整するということです

まずはアキさんのご質問から(昨日のエントリーを見てください)     質問をいただいたり、またインターネット上で音声upをされてらっしゃるかたを発見できるのは、とてもうれしいです。こういうのを専門用語で呼ぶ意味がありませんが、教師の社会学の本ではサイキックリワードと呼ばれていました。 え、どれも、アキさんのおっしゃるとおりです。喉発音と3ビートで聞こえ方が変わってくるのは確実です。例えばですが、shall weでlが聞こえないような気がするという例ですが、まあ聞こえないというか聞こえにくいというのが正しいでしょうか。ちょうど、lがスウィングの位置に来ていますから、lの中間までを発音するわけです。 それからその直後がゲップエリアのwというのも、なんらかの作用をしているかもしれませんが日本人が思うところのlという発音のイメージではない音ですね。全然なくなってしまったわけではありません。 ですからわざと間違ってみて発音を比べてみてください。 shall we と sha-we とやると、その違いが分かるでしょう。やっぱりlの前半がないと、しっくり来ない。 wやyなどはゲップでいうので移動が面倒なので、その前の子音を言わない、、、というアキさんの考察ですが、言わないというより、言いにくいという感じでしょうか。だから結果的に強い音として現れにくい? これはありえますね。 あ、あと破裂音に関してのご質問。これは前に書いたことがあります。調音音声学者が、翻訳において、間違ってしまったのは、この破裂という概念を「思いっきり破裂される」と解釈したことですね。そうじゃないんです。 調音というのは、音を作るということではなくて、調整するということです。そのメカニズムとして、例えば歯と唇の間で空気のざわめきのような現象が起こるかもしれない(喉用語でいえば、風キャッチとかブルブル凧とかね)。だからといって、それをおもいっきり破裂させて、その場で音の核が作られているように解釈してしまったわけです。 西洋においては調音音声学というのは、ただ音を便利に分類しようというのが目的だと思います。科学的な営みというより、人文学的な研究だと思います。文化を記録していこうというような。 だから、その分類の仕組みに使われた用語である破裂というような概念が日本において勘違いされてしまったのは、やや不幸でした。 実際、ネイティブが喋っているのを見たら分かりますね。そんなに破裂させたりしていたら呼吸困難になってしまうでしょう。 実際、従来の英語教材に出てくるネイティブは、ものすごいおおげさにやってますから。 そろそろラジオ体操的な発想からは脱皮したいものです。 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar